また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055080 全員に公開 雪山ハイキング東海

関市 板取 蕪山 (雪の奥牧谷700mで敗退)

日程 2017年01月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
21世紀の森の駐車場、積雪で入れず、手前の体育館空きスペースに駐車。
そこから歩いて林道へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
4分
合計
4時間32分
S21世紀の森バス停08:4813:0721世紀の森バス停13:1113:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・ 始めての雪山で、登りの足への負担とか、下りでも負担がかかるのかがわかりませんし読めませんし、(700m標高くらいで、山頂までのほぼ半分のところで、結構足もきつくなってきましたので、12時で撤退を決めており返しました。
コース状況/
危険箇所等
・ 積雪からの日数と時間帯や、日のあたりぐあいによって、雪の状況が変わるので、油断していると踏み抜くので要注意、雪の装備(輪カン等必須です)
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地図(地形図) コンパス GPS スパイク付ゴム長 スパッツ 輪カン ストック (予備でアイゼン ゴグル等持参したが使用しなかった)

写真

・ 赤(過去の軌跡)
茶(今回の奥牧谷)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 赤(過去の軌跡)
茶(今回の奥牧谷)
1
・ 県道52号から、21世紀の森の駐車場への入口の様子。
ここから歩いてはいるしかなく、車を手前の体育館横へ停めて準備。
2017年01月29日 08:37撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 県道52号から、21世紀の森の駐車場への入口の様子。
ここから歩いてはいるしかなく、車を手前の体育館横へ停めて準備。
1
・ 今日はスキー用のストックを準備。40年前購入のスコット。(皮ベルトもプラスチックのリングも当時のまま)
2017年01月29日 08:43撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 今日はスキー用のストックを準備。40年前購入のスコット。(皮ベルトもプラスチックのリングも当時のまま)
3
・ 駐車場前を通過して林道まで、ずっとトレースがついています。
2017年01月29日 08:54撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 駐車場前を通過して林道まで、ずっとトレースがついています。
1
・ 林道つきあたりの渡渉ポイントをむこうにわたって、旧登山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 林道つきあたりの渡渉ポイントをむこうにわたって、旧登山道へ。
1
・ わたってすぐの斜面で踏み抜き、いきなり輪カン装着。
(つぼ足では歯がたちません)
2017年01月29日 09:19撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ わたってすぐの斜面で踏み抜き、いきなり輪カン装着。
(つぼ足では歯がたちません)
2
・ 始めての輪カンでしたが何とか歩けそうです。
(一歩を2度ふみしながら進みます)
2017年01月29日 09:34撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 始めての輪カンでしたが何とか歩けそうです。
(一歩を2度ふみしながら進みます)
1
・ 橋を渡るのも始めは緊張しましたが、なれると雪のないときよりもすべらないので怖くありません。
2017年01月29日 09:38撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 橋を渡るのも始めは緊張しましたが、なれると雪のないときよりもすべらないので怖くありません。
1
・ 橋のかかっている所が、雪で目立たないので見落としてしまいそうです。
2017年01月29日 10:25撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 橋のかかっている所が、雪で目立たないので見落としてしまいそうです。
1
・ 橋か倒木か、よく分かりません。
( 雪道のルート読みにも、別の慣れがいりそうです。 )
2017年01月29日 10:25撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 橋か倒木か、よく分かりません。
( 雪道のルート読みにも、別の慣れがいりそうです。 )
1
・ すこしルートをはずすと、ふまれていないふきだまりにはまって苦闘。
2017年01月29日 10:57撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ すこしルートをはずすと、ふまれていないふきだまりにはまって苦闘。
1
・ だんだん踏み跡があやしくなってきて。
2017年01月29日 10:57撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ だんだん踏み跡があやしくなってきて。
1
・ 一応は右手の滝をとろうとしたのですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 一応は右手の滝をとろうとしたのですが・・・
1
・ 渡渉して尾根のむこうへ回り込みます。
2017年01月29日 10:57撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 渡渉して尾根のむこうへ回り込みます。
1
・ 尾根のむこうに出ると、明るくなってきます。
2017年01月29日 11:44撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 尾根のむこうに出ると、明るくなってきます。
・ 日当たりがいいせいか、雪質も少し重く感じます。
2017年01月29日 11:44撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 日当たりがいいせいか、雪質も少し重く感じます。
1
・ 林の斜面をトラバース気味に。
2017年01月29日 11:59撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 林の斜面をトラバース気味に。
1
・ まだ先は長いのに、足がやばそうです。
(時間はまだ余裕なのに、足がつりそう・・・)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ まだ先は長いのに、足がやばそうです。
(時間はまだ余裕なのに、足がつりそう・・・)
1
・ 撤退を決めたら、少し気持ちに余裕ができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 撤退を決めたら、少し気持ちに余裕ができました。
1
・ いきなり木の上から雪の塊が、ヘルメットに直撃。
2017年01月29日 12:42撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ いきなり木の上から雪の塊が、ヘルメットに直撃。
1
・ あと少しなのに、はまりまくり。 
2017年01月29日 12:47撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ あと少しなのに、はまりまくり。 
1
・ 渡渉点近しと思ってたら。(通り過ぎていました)
2017年01月29日 12:42撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 渡渉点近しと思ってたら。(通り過ぎていました)
1
・ 林道わきの株杉
2017年01月29日 12:56撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 林道わきの株杉
1
・ もう少しで駐車場。
2017年01月29日 12:57撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ もう少しで駐車場。
1
・ 舗装路にでて、武装解除。
(活躍した輪カン、ゴム長との組み合わせ軽くていいかんじです。)
2017年01月29日 13:10撮影 by 824T, TOSHIBA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・ 舗装路にでて、武装解除。
(活躍した輪カン、ゴム長との組み合わせ軽くていいかんじです。)
1

感想/記録
by makobe

・ 始めての雪山、始めての輪カンでしたが、自分で予想していたよりも軽く、快適に感じました。
( ゴム長との組み合わせが、軽くてマッチングがいいようで、またゴム長だけですと、たくさんあるくと足のゆるいところがいたくなるのですが、今日は輪カンのバンドでしめていたおかげで、いつもよりも快適に歩けました。 )
・ 登りは踏み抜かないように、用心して2回ずつ踏みしめて歩きました、下りも足をとられて大変かなと思っていましたが、スムーズに歩けて、上りで3時間かかった所を、1時間で降りてこれました。
・ 始めての輪カンのてごたえはまずまずでした。
<反省>
・ ヤマレコに記録データをアップしてから標高と距離のグラフを見て、上りと下りで距離が全然違っているのに気がつきました。
( 本来なら同じルートを折り返したら、左右対称になるのですが、のぼりでこんなにたくさん距離がでているのは、ルートをはずしては戻りをくりかえしたせいです、雪のときのルート読みがあまくなっていたようで、ロスタイムと体力ロスにつながったようです。 )
・ タラレバを承知で言えば、このうろうろロスタイム(1km、1.5時間)がなくて、普通にルートをトレースできていれば・・・ わが身の未熟さを実感です。

( 1月もあとすこし、やっと今年の山のスタートをきることができました。)
・ スタートからゴールまでに、バス停しかない、ちょっぴりさみしい記録になってえしまって残念です。
訪問者数:607人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/24
投稿数: 541
2017/1/29 19:10
 板取温泉露天風呂
はじめめまして、maasuke1です。
きょう露天風呂でお会いしましたね。いい湯でした。
もう少し雪が固くなれば登りやすくなります。そのときはアイゼンを使ってください。雪の蕪の頂上から見る美濃平家、滝波、日永はこれぞ奥美濃と拍手を送りたくなりますョ。またどこかでお会いしましょう。
登録日: 2015/8/17
投稿数: 15
2017/1/29 21:56
 Re: 板取温泉露天風呂
はじめまして maasuke1 さん コメントありがとうございます。

・ 露天風呂で、山のいろいろなお話、ありがとうございました。
・ 今回は中途半端な結果で、おはずかしいかぎりです、もっと雪山経験つんで、ちゃんと山頂にたどりつけるようになりたいです。
(お湯の中でうかがった、月4回の山行ペース・・・うらやましいかぎりです、私の場合は月1回がやっとですが、1週間たっても筋肉痛が残っています。)
・ お話にあった川浦や海の溝、滝波などは、私にとってはしきいの高い「怖い山」のグループですが、そんなところも自由に歩けるようになりたいです。

始めての雪山は撤退でしたが、maasuke1さんにお声がけいただけて、わすれられない1日になりました。 またお目にかかれるのを楽しみにしています。
登録日: 2013/5/27
投稿数: 4331
2017/2/1 11:16
 雪の奥牧谷
こんにちは。

雪の奥牧谷、2年前の残雪期、私もやっぱりmakobeさんの少し先の谷で撤退しました。
写真を拝見したところ、私が撤退したときより雪ははるかに多いですね。
こんな厳しいコンディションの中、あの地点まで登るとは凄いです

地形的に、奥牧谷のあの谷は雪が深くなるんですね
2週間後に再挑戦したときは、アッサリ山頂に着いたので、雪の様子は日によって全然違うのを実感しました。

雪の奥牧谷、ここもお気に入りです。
それにしても、あれほど縦横無尽に道なき道を歩き回られているmakobeさんが、雪山初めてとは驚きました
登録日: 2015/8/17
投稿数: 15
2017/2/1 23:34
 Re: 雪の奥牧谷
totokさん いつもはげましのコメントありがとうございます。

・ 時間はまだ余裕でしたが、足がつりそうになって、今回は早めに撤退を決めました。
・ 下山時は、思ったほど負担をかんじなかったのですが、板取温泉で養生した甲斐もなく、帰りの運転で右足がなんどもつりそうになりました。
 ( 同じ角度を維持するのがつらかったので、普段はかかとをフロアにつけてつま先で踏むのを、反対につま先をアクセルの向こうのフロアにつけて、かかとでアクセルを踏むスペシャルテクニックを交互に駆使して、何とか走りながら乗り切りました。)
・ やはり持久力アップが、超えなければならない課題のようです。

追伸

・ totokさんの記録は、私の山のお手本です。
( 私の初めてのバリルートは,totokさんの3月の2つの蕪山の記録を拝見して、
 自分もこんな風に、山を自由にあるけるようになりたいと思ったのがスタートです。)
・ 今回も尾根をまわりこんだ時に、せめて(totokさんのレコにあった)P766までと思って、歩いていたのですが、体力つづかず手前での撤退となってしまいました。
( totokさんは一旦もどられてから、さらに通常の登山道を同じ高さまで登っておられ、凄いです。)
これからもtotokさんの記録を参考にさせていただきたいと思っています。
 
今日あたりは、筋肉痛のピークですが、また近いうちに再挑戦したいです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ