また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1058138 全員に公開 ハイキング丹沢

三ノ塔と二つの尾根道と大半は舗装路と(菩薩バス停〜戸沢入口バス停)

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:菩提バス停6時54分着渋沢駅北口行き神奈中バス(秦野駅6時40分発)
復路:戸沢入口バス停11時51分発渋沢駅北口行き神奈中バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
30分
合計
4時間55分
S菩提バス停06:5507:31葛葉ノ泉07:3208:57二ノ塔09:10三ノ塔09:2209:27三ノ塔地蔵菩薩09:3209:48烏尾山荘09:5209:52烏尾山09:5709:57烏尾山荘10:31烏尾尾根 730m地点10:3210:48新茅山荘10:5011:15竜神の泉11:36山岳スポーツセンター11:50戸沢入口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。アイゼンは使いませんでした。ただし、陽が入らない尾根では雪が凍結しており、滑ります。
その他周辺情報菩薩バス停周辺にはコンビニなどは無いので、トイレなどは駅で済ませた方がいいです。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

菩提バス停をスタートです。
2017年02月04日 06:55撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提バス停をスタートです。
梅と菜の花が咲いています。
2017年02月04日 07:11撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅と菜の花が咲いています。
葛葉の泉です。
2017年02月04日 07:31撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛葉の泉です。
1
やっと舗装路が終了。
2017年02月04日 07:34撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと舗装路が終了。
1
二ノ塔への尾根をひたすら登ります。
2017年02月04日 08:08撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔への尾根をひたすら登ります。
尾根の途中から富士山が見え始めます。
2017年02月04日 08:32撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の途中から富士山が見え始めます。
1
二ノ塔に到着です。
2017年02月04日 08:57撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔に到着です。
1
三ノ塔に向かいます。少し、雪が残っています。
2017年02月04日 08:58撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔に向かいます。少し、雪が残っています。
三ノ塔に到着です。
2017年02月04日 09:11撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔に到着です。
箱根の山から富士山まで。
2017年02月04日 09:16撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根の山から富士山まで。
3
快晴です。
2017年02月04日 09:14撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴です。
1
南アルプスも見えます。
2017年02月04日 09:21撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも見えます。
2
三ノ塔から望めるアルプスは聖岳、赤石岳、悪沢岳。
2017年02月04日 09:21撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔から望めるアルプスは聖岳、赤石岳、悪沢岳。
1
大山の後ろにコンクリートジャングル。
2017年02月04日 09:18撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山の後ろにコンクリートジャングル。
スカイツリーが霞んでいます。
2017年02月04日 09:17撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイツリーが霞んでいます。
筑波山も霞んでいます。
2017年02月04日 09:17撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山も霞んでいます。
塔ノ岳から丹沢山への尾根道。
2017年02月04日 09:22撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から丹沢山への尾根道。
1
尾根の階段手前で、写真左側に赤城山(地蔵岳と黒檜山)が見えました。
2017年02月04日 09:28撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の階段手前で、写真左側に赤城山(地蔵岳と黒檜山)が見えました。
日光白根山。
2017年02月04日 09:29撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。
1
太郎山、男体山、女峰山。
2017年02月04日 09:29撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山、男体山、女峰山。
1
寒風の中、お地蔵さまが見守ってくれています。
2017年02月04日 09:30撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風の中、お地蔵さまが見守ってくれています。
烏尾山に到着しました。
2017年02月04日 09:49撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾山に到着しました。
烏尾山からの富士山を見て、下山開始です。
2017年02月04日 09:50撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾山からの富士山を見て、下山開始です。
2
尾根をつづら折りに下りていきます。
2017年02月04日 10:40撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根をつづら折りに下りていきます。
新芽山荘まで下りてきました。ここからは林道歩きです。
2017年02月04日 10:50撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新芽山荘まで下りてきました。ここからは林道歩きです。
竜神の泉です。あまり冷たくありません。
2017年02月04日 11:15撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神の泉です。あまり冷たくありません。
1
戸沢入口バス停に到着です。
2017年02月04日 11:50撮影 by Canon EOS 70D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢入口バス停に到着です。
撮影機材:

感想/記録
by mojack

丹沢の中で利用したことの無い二つの尾根に行って見ました。菩提から二ノ塔への尾根は特に特徴の無い尾根ですが、二ノ塔の手前から富士山を眺めながら、登頂することができるので気分が良いです。烏尾山から新芽山荘への尾根道はつづら折りの道で勾配が緩和されているので、下りに向いていると思います。
訪問者数:183人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 地蔵 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ