また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1060108 全員に公開 山滑走芦別・夕張

芦別岳

日程 2017年02月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道入り口の除雪スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
55分
合計
6時間45分
Sスタート地点06:2209:38半面山11:04芦別岳11:2011:23滑降開始地点11:4011:52登り返し地点12:0512:24半面山12:3313:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

疎林の尾根
ブッシュもなく快適
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林の尾根
ブッシュもなく快適
6
青空が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が見えてきた
12
半面山の稜線が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山の稜線が見えてきた
8
半面山を過ぎると芦別岳がドーン…と見えない…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山を過ぎると芦別岳がドーン…と見えない…
14
半面山を振り返る
雲が取れてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山を振り返る
雲が取れてきた
4
最終コルから山頂方向を見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終コルから山頂方向を見上げる
8
この高度感がいいね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この高度感がいいね!
17
山頂から夕張岳方向
雲海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から夕張岳方向
雲海
17
山頂標識と後ろは御茶々岳方向
雲海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識と後ろは御茶々岳方向
雲海
12
肉眼では遠くに十勝岳、大雪山方向が見えた
少し雲海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉眼では遠くに十勝岳、大雪山方向が見えた
少し雲海
9
山頂の少し下でシールを外す
無風で暖かかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の少し下でシールを外す
無風で暖かかった
12
今日のシュプール その1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のシュプール その1
21
これから滑るボウル斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから滑るボウル斜面
14
今日のシュプール その2
快適な滑りだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のシュプール その2
快適な滑りだった
24
半面山への登り返し途中
滑ったルート全景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山への登り返し途中
滑ったルート全景
11
芦別岳方向
それにしてもいい天気!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦別岳方向
それにしてもいい天気!
8
半面山から見る芦別岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山から見る芦別岳
5
半面山からは雲が邪魔で下界は見えない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山からは雲が邪魔で下界は見えない
4
半面山直下のところ
ここも素晴らしい斜面だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半面山直下のところ
ここも素晴らしい斜面だった
11
今日のシュプール その3
尾根も快適な滑りだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のシュプール その3
尾根も快適な滑りだった
9
最後は林道に合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は林道に合流
5

感想/記録

芦別岳を登って滑ってみた。
冬の芦別岳は約4年ぶり。前回は新道の夏尾根から登ったので今回は冬尾根の方から登ってみることにした。

富良野山部の二十一線辺りにある林道入口からスタート。カラマツ沢林道という名前らしい。まずは半面山まで樹林の尾根を登る。ブッシュも少なくとても登りやすい尾根だった。ラッセルも浅くてスイスイと登って行くことが出来た。

半面山を過ぎると雲の合間から正面に芦別岳がドーンと見えてくる。最初はちょっと雲が多めだったが登るにつれ徐々に雲も取れてきていつの間にか快晴の空となった。風も弱く雄大な景色を見ながらの気持ちがいい登りだった。

最終コルでアイゼンに変更しスキーは背負う。バリズボもなく快適な登りだった。高度感たっぷりの登りはとても楽しい。何度も振り返って景色を見ていたらなかなか上へ進めなかった。

山頂からは雲海の雄大な景色が広がっていた。360度の素晴らしいパノラマ風景にちょっと感動。最近は景色を見てもあまり感動することは無くなったけど今回は違った。山頂は風が強く微妙に寒かったので少し下りたところで景色を見ながらまったりとした。あまりの気持ち良さにこのまま寝ていたい気分になった。

シールを外して滑降開始。稜線南側の沢地形のところを滑る。山頂直下は硬め、その後は底付きしない激パウダーとなった。超楽しい滑りだった。沢の底の適当なところまで滑ったらシールを付けて半面山まで登り返す。

半面山からは登ってきた尾根南側の斜面を滑る。少し重めの雪だけどここも底付きしない激パウダーだった。尾根上も雪は浅いけど快適な滑り。林道に合流するまで長い滑りを楽しめた。林道は完全な自動運転。ほぼ棒立ち状態でスタート地点まで戻ることが出来た。

登りも滑りも景色も楽しめた一日だった。
この日は朝から眠くて眠くて眠くて…このまま寝ていたい気分だった。あまりの眠さに途中で何度もやめようと思いながら登っていたけど無理して登って良かった。こういう日は寝ている場合ではないのだ。
訪問者数:1028人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 雲海 林道 コル カラマツ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ