また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1060298 全員に公開 山滑走道北・利尻

チトカニウシ山(上越ルート)

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候雪、ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上越信号場(旧上越駅)前に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
19分
合計
6時間47分
S上越信号場07:3811:49チトカニウシ山12:0814:25上越信号場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログは切れたり飛んだりしてます。ご容赦ください。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキー(Explorer 95_177cm+Vipec12) クトー ストック シール
共同装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯電話 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ 無線機 ミラー メタ コッヘル ガスストーブ

写真

国道333号から林道を少し入った、上越信号場(旧上越駅)前に除雪スペースがあったので、駐車した。林道には10~15cm程の新雪が積もっていたが、雪が軽いので強引に行けた。-7℃。
2017年02月04日 07:34撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道333号から林道を少し入った、上越信号場(旧上越駅)前に除雪スペースがあったので、駐車した。林道には10~15cm程の新雪が積もっていたが、雪が軽いので強引に行けた。-7℃。
取り付きの尾根の末端の様子。
2017年02月04日 07:50撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きの尾根の末端の様子。
当然トレースはない。雪は、足首〜膝下位だが、雪は軽く、ラッセルは苦にはならない。
2017年02月04日 08:13撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然トレースはない。雪は、足首〜膝下位だが、雪は軽く、ラッセルは苦にはならない。
・879あたり。ここから、長い水平移動となる。
2017年02月04日 08:51撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・879あたり。ここから、長い水平移動となる。
Co.920あたりで、ようやく登りが再開する。
2017年02月04日 09:44撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co.920あたりで、ようやく登りが再開する。
Co.1020あたり。この辺りの下りは楽しい。
2017年02月04日 10:10撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co.1020あたり。この辺りの下りは楽しい。
いい感じの斜面。
2017年02月04日 10:16撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの斜面。
Co.1150あたり。ガスが切れて、少し下の様子が見えてきた。
2017年02月04日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co.1150あたり。ガスが切れて、少し下の様子が見えてきた。
1
Co.1200あたりで、風が直接当たるようになり、雪面も少しづつクラストしてきた。
2017年02月04日 10:48撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co.1200あたりで、風が直接当たるようになり、雪面も少しづつクラストしてきた。
Co.1240あたりで、ニセピーク上が見えてきた。本当のピークはこの後ろ。
2017年02月04日 11:11撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co.1240あたりで、ニセピーク上が見えてきた。本当のピークはこの後ろ。
ガスで周りはあまり見えないが、小さいモンスター。
2017年02月04日 11:44撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで周りはあまり見えないが、小さいモンスター。
ピークに着いたが、周りはぼんやりとしか見えない。
2017年02月04日 11:50撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークに着いたが、周りはぼんやりとしか見えない。
1
一応、ピーク写真。何も無いし、何も見えない。ガスも再び濃くなってきたし、風も強くなりつつあったので、急いで、下った。
2017年02月04日 11:51撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、ピーク写真。何も無いし、何も見えない。ガスも再び濃くなってきたし、風も強くなりつつあったので、急いで、下った。
3
ピークからの下りは、何も見えない上に風が強く、さらにシュカブラで滑り辛く、ズルズルと降りてきた。Co.1200あたりから、快調に滑れる様になった。
2017年02月04日 12:42撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークからの下りは、何も見えない上に風が強く、さらにシュカブラで滑り辛く、ズルズルと降りてきた。Co.1200あたりから、快調に滑れる様になった。
2
Co.1050あたり。この辺も楽しい。
2017年02月04日 12:46撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co.1050あたり。この辺も楽しい。
2
Co.940あたりで楽しい滑降は終わり、再びシールを付ける。
2017年02月04日 12:48撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co.940あたりで楽しい滑降は終わり、再びシールを付ける。
1
目指す、・879が見えた。
2017年02月04日 13:18撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す、・879が見えた。
・879からの下りも楽しいが、あっという間。
2017年02月04日 14:03撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・879からの下りも楽しいが、あっという間。
1
尾根の末端まで下り、JR線をまたぐ橋を渡る。
2017年02月04日 14:19撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の末端まで下り、JR線をまたぐ橋を渡る。
到着。昔の駅へは吊り橋を渡るが、立入禁止になっている。-6℃。
2017年02月04日 14:25撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。昔の駅へは吊り橋を渡るが、立入禁止になっている。-6℃。
国道333号から、上越信号場へ行く林道入り口には、「上越駅」という小さい看板があった。
2017年02月04日 14:40撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道333号から、上越信号場へ行く林道入り口には、「上越駅」という小さい看板があった。
1

感想/記録

 BCなんてしゃれた言葉のない頃、チトカニウシ山を、駅から直接登れる「山スキーのメッカ」として有名にしたルートを、30年振りに登ってみようかと考えた。
 30年前、既に駅は廃止されていたのを、車掌に頼み込んで降ろしてもらったのだが、北海道1年目だった自分は、いきなり何て雪深いところに連れてこられたものかと思ったものだ。 その時の山行は、年末年始に、チトカニウシ山を登った後、歩いて移動して、天塩岳を登るというもので、10日間以上の食糧、燃料や装備を詰め込んだザックは30キロは超えており、慣れないスキーで前の人を追いかけて歩くのが精一杯で、ルートの様子を覚えている余裕などなかった。
 で、30年振りに歩いたルートであるが、確かに雪質は良く、スキーは快調だったが、・879からCo.940までの水平移動が長かった。その間は、結局シールを付けて歩くことになるのが少々残念ではある。ただ、北見峠ルートとは違い、人と会うことはまずないので、静かな山行を味わうには良いと思う。
訪問者数:675人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ