また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1064813 全員に公開 山滑走志賀・草津・四阿山・浅間

根子岳(大明神沢源頭)

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ(上部ガス)のち小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥ダボススノーパークより
 駐車場:無料
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
42分
合計
5時間59分
S奥ダボススノーパーク駐車場08:0108:25ゲレンデトップ08:59根子岳避難小屋10:00根子岳11:06大明神沢1770m地点11:3013:07根子岳13:2514:00 奥ダボススノーパーク駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:01 奥ダボススノーパーク駐車場 -> シール登行
10:00 根子岳 -> シールのまま下り
10:24 根子岳-大スキマ間2182m 10:34 -> スキー滑降
11:06 大明神沢1770m 11:30 -> シール登行
13:07 根子岳 13:25 -> スキー滑降
14:00 奥ダボススノーパーク駐車場
その他周辺情報嬬恋高原温泉 つつじの湯 \600
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 [スキー板/ビンディング/靴] K2:BACKUP('12) / Voile:Switchback X2 / Scarpa: T2('13)

写真

ピステ化されたツアーコースを登る
2017年02月12日 08:38撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピステ化されたツアーコースを登る
1
避難小屋
2017年02月12日 08:58撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋
こんな天気なのにネコバスが
2017年02月12日 09:14撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな天気なのにネコバスが
1
西側はときおり青空
2017年02月12日 09:25撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側はときおり青空
2
樹氷、育ってます
2017年02月12日 09:31撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷、育ってます
6
山頂直下までピステが続く
2017年02月12日 09:44撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下までピステが続く
1
山頂直下の唯一の急斜面
2017年02月12日 09:53撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の唯一の急斜面
山頂。すでにネコバス客の姿が
2017年02月12日 09:59撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。すでにネコバス客の姿が
大スキマへ
2017年02月12日 10:02撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大スキマへ
大明神沢源頭を滑降。やっと見えるようになってきた
2017年02月12日 10:46撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神沢源頭を滑降。やっと見えるようになってきた
1
せっかくの雪質、いい斜面なのに視界が悪いのが残念
2017年02月12日 10:49撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくの雪質、いい斜面なのに視界が悪いのが残念
1
沢底へ。傾斜は緩いが快適
2017年02月12日 10:57撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢底へ。傾斜は緩いが快適
1
大明神沢滑降はここまで
2017年02月12日 11:10撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神沢滑降はここまで
南尾根から登り返し
2017年02月12日 11:52撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南尾根から登り返し
ここを滑るのも楽しそう
2017年02月12日 12:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを滑るのも楽しそう
再び山頂。この時間は誰もいない
2017年02月12日 13:08撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山頂。この時間は誰もいない
ツアーコースと菅平牧場コースの間の尾根を滑る
2017年02月12日 13:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツアーコースと菅平牧場コースの間の尾根を滑る
1
今日の雪だと大明神沢より楽しかったりする
2017年02月12日 13:36撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の雪だと大明神沢より楽しかったりする
ゴルフ場。雪がよいのでどんどん滑れる
2017年02月12日 13:46撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場。雪がよいのでどんどん滑れる
着きました。真っすぐ滑ればゲレンデベース
2017年02月12日 13:58撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。真っすぐ滑ればゲレンデベース
撮影機材:

感想/記録

今週末は晴天を望めそうにありませんが、東信地方はそう悪くなさそうなので、根子岳の大明神沢を滑ることにしました。いわゆる南面ルンゼではなく、源頭(大スキマ)のほうに回り込んで滑るルートです。

まずは根子岳へ。
麓は晴れているものの、山頂はガスの中。そういえば大スキマを「雲の通り道」と表現しているのを何かで見た覚えがありますが、まさにそんな感じ。須坂側から絶え間なく雲が流れ、日が高くなっても晴れそうにありません。
登りはツアーコースで。ネコバス運行日にこの山に登るのは初めてですが、最近はここまできれいにピステ化されてるんですね。しかも山頂直下まで。完全にゲレンデです。
まぁここはこうなんだと思うだけ。むしろ登りやすくてありがたいです。

山頂からはシールのまま大スキマ方面へ。
昨年は南面ルンゼを滑りましたが、今日の雪の状態ではムリ。というか、平和を好む私としては雪の状態によらず大スキマ側から回り込んだほうが楽しめそうです。
ただ、大スキマへのルートはヤセ尾根で、予想以上に新雪が積もっていました。ツボ足では埋まるが、シールでは通りづらいところもある。短い距離ながらちょっと苦労しました。
途中、大岩が通せんぼするところは南面をトラバース。本当はもうここでシールを外してもいいのですが、念のためシールを付けたまま進み、傾斜が落ち着くところから滑降することにしました。

大明神沢はサラサラのパウダー。しかし山頂よりはるかに視界が悪く、ちょっと滑るだけで酔いが回ります。 雪の吹き溜まりに突っ込んだり、ちょっとした段差に気づかずバランスを崩したり。せっかくの雪質なのに、思うようには滑れませんでした。
沢底まで下るとだいぶ明るくなり、ときおり日も差すように。傾斜はあまりないのですが、滑りのよい雪質でけっこう楽しめました。

1770mで滑降終了。ここから根子岳まで南尾根上を登り返すことにします。
傾斜はきつめ。クラストバーンの上に50cmほど新雪が乗った状態で、登るのにちょっと注意が必要でした。
南西尾根と合流すると傾斜が緩んで登りやすくなりますが、一方で風雪とガスは激しくなります。さいわい山頂に着くとピタリと治まり、ゆっくり滑降準備ができました。

山頂から駐車場までは、ツアーコースと菅平牧場コースの間の尾根を滑降。20年近く前に滑ったことがありますが、その時はガスが深く、あまり楽しめた記憶はありません。
しかし、今日滑ってみると予想外の面白さ。相変わらず上部は視界が悪いですが、大明神沢ほどひどくはない。ほどほどの新雪の量で、雪質がよいおかげもあって、かなり楽しめました。
後半ゴルフ場の緩斜面に入ってからも滑りが悪くなることはなく、最後まで快適に滑ることができました。
訪問者数:554人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 避難小屋 ヤセ尾根 ルンゼ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ