また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1066395 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

青空と雪いっぱいの藤原岳

日程 2017年02月16日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西藤原駅近くの大貝戸登山口の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
2時間43分
合計
8時間40分
S藤原岳大貝戸休憩所07:0008:00藤原岳表登山道五合目08:1008:52藤原岳八合目09:0009:50藤原山荘10:1010:35藤原岳11:3011:53藤原山荘12:4013:10天狗岩13:1513:53藤原山荘14:0514:57藤原岳表登山道四合目15:0315:40藤原岳大貝戸休憩所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
四合目から雪が増えてきました。
五合目でアイゼン付けました。
八合目からは冬道で勾配もあり、アイゼンはあったほうがいいでしょう。
山頂部分はスノーシューが楽しめます。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

無事の登山下山を祈ります。
2017年02月16日 06:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事の登山下山を祈ります。
1
大貝戸休憩所の駐車場。私は6時半に着いて3番目でしたが、次々ときました。
2017年02月16日 06:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大貝戸休憩所の駐車場。私は6時半に着いて3番目でしたが、次々ときました。
二合目でこんな感じ。
2017年02月16日 07:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目でこんな感じ。
1
四合目で雪が増えてきました。
2017年02月16日 07:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目で雪が増えてきました。
1
なんだか面白いよねえ〜〜〜
2017年02月16日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか面白いよねえ〜〜〜
3
天狗の鼻?
2017年02月16日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻?
1
八合目からは冬道を登ります。
2017年02月16日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目からは冬道を登ります。
1
八合目の看板
2017年02月16日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の看板
藤原山荘に着きました。
2017年02月16日 09:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘に着きました。
2
新しいトイレ。ありがたいです。
2017年02月16日 09:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しいトイレ。ありがたいです。
3
藤原岳に登ります。
2017年02月16日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳に登ります。
2
まだ、山頂へのトレースは一人分。
2017年02月16日 10:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、山頂へのトレースは一人分。
2
シュカブラ
2017年02月16日 10:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ
6
藤原岳山頂に着きました。
2017年02月16日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂に着きました。
5
小屋が見えます。
2017年02月16日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えます。
2
孫太尾根に向かう道を散歩します。
2017年02月16日 10:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孫太尾根に向かう道を散歩します。
2
私だけのトレース
2017年02月16日 10:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私だけのトレース
3
山頂に戻ります。
2017年02月16日 11:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に戻ります。
1
小さな雪庇
2017年02月16日 11:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな雪庇
2
藤原岳山頂
2017年02月16日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂
17
竜ヶ岳に続く稜線
2017年02月16日 11:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳に続く稜線
3
竜ヶ岳。奥に御在所岳。右に雨乞岳。
2017年02月16日 11:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳。奥に御在所岳。右に雨乞岳。
3
かすかに伊吹山。
2017年02月16日 11:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすかに伊吹山。
3
シュカブラ
2017年02月16日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ
1
今年はアセビがいっぱい咲きそうですね。
2017年02月16日 11:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はアセビがいっぱい咲きそうですね。
3
トレースのない雪面に一歩を刻むのは嬉しいですね。
2017年02月16日 11:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースのない雪面に一歩を刻むのは嬉しいですね。
2
雪のかき氷
2017年02月16日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のかき氷
7
かき氷とカップ麺を交互にお腹に入れる。
2017年02月16日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かき氷とカップ麺を交互にお腹に入れる。
3
左に霊仙山、右に伊吹山
2017年02月16日 12:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に霊仙山、右に伊吹山
3
天狗岩を振り返る。会った人が、ここから天狗の横顔に見えるから天狗岩と言うんじゃないでしょうかと言っていた。そうかな。
2017年02月16日 13:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩を振り返る。会った人が、ここから天狗の横顔に見えるから天狗岩と言うんじゃないでしょうかと言っていた。そうかな。
2
養老山地。下が中里ダム。
2017年02月16日 13:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山地。下が中里ダム。
1
望遠レンズで撮った能郷白山。
2017年02月16日 13:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠レンズで撮った能郷白山。
1
左が伊吹山。その右のほうに能郷白山が見えましたが、この時は白山かと思いました。
2017年02月16日 13:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が伊吹山。その右のほうに能郷白山が見えましたが、この時は白山かと思いました。
1
誰かの忘れ物。置いておくとゴミになりますね。その前にビニール袋を飛ばしてしまいゴミを出してしまったので、代わりに持ち帰りました。
2017年02月16日 14:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰かの忘れ物。置いておくとゴミになりますね。その前にビニール袋を飛ばしてしまいゴミを出してしまったので、代わりに持ち帰りました。
1
八合目に戻りました。山荘まで登り50分でしたが、下りは22分でした。速い!!!
2017年02月16日 14:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目に戻りました。山荘まで登り50分でしたが、下りは22分でした。速い!!!
無事の登山下山に感謝。無事の帰宅を祈ります。
2017年02月16日 15:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事の登山下山に感謝。無事の帰宅を祈ります。
1
撮影機材:

感想/記録

2月16日、お天気が良さそうなので、どこか展望のいい雪山に行きたい!
一人で行くのでトレースがあって、平日でも人がいそうな山にしよう。
奈良県の山は登山口までの林道が除雪されていないかも知れない。
総合的に考えて無難そうな鈴鹿の藤原岳に行くことにしました。
これが大当たりでした。

前日は菰野の道の駅で車中泊。
大貝戸の休憩所の登山口には6時半に着きました。車は2台ありました。
7時に出発するころには車も増えてきました。

四合目から雪が増えてき、五合目でアイゼンを付けました。
八合目からは冬道を登ります。ここから雪も多く、傾斜もきついので、アイゼンがないと歩きにくいでしょう。
実際藤原山荘で会った方はアイゼンを付けなかったので大変だったと言っていました。
八合目から山荘までは50分かかりました。

山荘でスノーシューにしました。
山頂まではスノーシューにぴったりの雪原でした。
途中で山頂から降りてきた人に会いました。多分その人が今日の一番乗りで、私が二番目のようでした。
その方は「天気はいいが、周りは霞んでいて眺望はよくない、御在所岳も見えなかった。」と言っていました。

山頂に着くと誰もいませんでした。
南の方には白い竜ヶ岳が見えました。その奥にあるのは御在所岳と思うのですが、先ほどの方が見えなかったと言っていたので違うのだろうかと思いました。

山頂には前日のトレースがたくさんありましたが、孫太尾根のほうにはトレースがなかったので、行ってみることにしました。
短い間ですが、トレースがない稜線を歩くのは気持ちがいいものです。

山頂に戻ると次々と登山者が登ってきました。
やはり、竜ヶ岳の奥は御在所岳で、その右が雨乞岳だと確認できました。
伊吹山は霞んでいました。
快晴ですが、気温が高く春のような陽気で遠くまでは見渡せませんでした。

山荘までは皆思い思いのトレースを付けていました。
山荘が見えるので、私もそこを目指してトレースのない雪面をスノーシューで歩きました。楽しかったです。

温かいので山荘には入らず、外で昼ご飯にしました。
コンデンスミルクをもって行き、きれいそうな雪でかき氷を楽しみました。
山頂で一緒になった人にも勧めると喜んでくれました。
冷たい雪と温かいカップ麺を交互にお腹に入れました。

当初の予定では天狗岩まで行くつもりでしたが、山頂と山荘前でゆっくりしすぎたし、眺望が良くなさそうなので止めようかと思いましたが、せっかくなので行くことにしました。
すると途中で霊仙山と伊吹山がはっきりと見える場所があって来てよかったと思いました。

天狗岩からは竜ヶ岳や御在所岳などが見えましたが、時間もないのですぐに戻りました。
すると途中で会った人が天狗岩を見て、「ここから見える形が天狗みたいだから天狗岩と言うんじゃないでしょうか。」と言いました。
確かに天狗の横顔に見えました。今までなぜ天狗岩というのかなんて考えたこともありませんでしたが、そうなのかも知れませんね。

山荘に戻るときに展望のいい雪原がありました。
霊仙山と伊吹山が良く見えました。さらに目をこらすと、伊吹山の右に浮かぶ白山らしき山が見えました。
その時は白山と思いましたが、帰ってから調べると能郷白山のようでした。

山荘に戻り、スノーシューからアイゼンに替えるときに、ビニール袋を飛ばしてしまいました。探しましたが見つからず、山にゴミを残すことになってしまいました。
ところが、忘れ物の小さな座布団代わりのマットを見つけ、残してもゴミになるだけだからと持ち帰ることにしました。
一つゴミを出しましたが、代わりのゴミを拾えました。

登りで50分かかった八合目からの道も下りは22分しかかかりませんでした。
雪道は登りと下りで大きく違いますね。
途中でも何人かの人と話しました。

今回は快晴で暖かな雪山を楽しむことができ大満足です。
単独でしたが、天気もいいし、トレースはあるし、人もそこそこ入っていて不安は感じませんでした。いろいろな人と話して楽しかったです。

これからは気温の高い日や雨も多くなるようで、鈴鹿の山の雪もどんどん減っていくのでしょう。
いい日に登れました。

しかし、何人かの方に「和歌山から来た。」と言うと、「そんな遠い所から・・」と驚かれました。
「いや、和歌山は三重の隣ですよ。」と言いましたが・・・
うちから登山口までは高速を使って4時間ほどです。
どこに行くのも時間がかかる私からしたら近いほうなのですが、やはり遠いいのでしょうか?











訪問者数:684人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 475
2017/2/17 13:00
 ちょうどいい雪ですね
今度の日曜日に行こうかと思っていました。その頃はもっと溶けて下の方はジチャジチャの道を歩くことになるかもね。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2455
2017/2/17 14:58
 mayutsuboさん こんにちは!
藤原岳、お花には早いですが、いいお天気で展望も楽しめ
素晴らしい山行になりましたね!
今回もお山の選択は「当たり」でしたね。
お花の時期は靴がドロドロで尻もちついてお尻もドロドロ、
その時期に行かれるときは、代えパンツ必携です
お疲れさまでした
登録日: 2013/5/29
投稿数: 721
2017/2/17 19:09
 Re: ちょうどいい雪ですね
sskamosikaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

今日はきっと雨だったでしょうね。
気温も高いからかなり解けたかも知れませんね。
それでも思いがけない景色が見られるかも知れませんね。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 721
2017/2/17 19:13
 Re: mayutsuboさん こんにちは!
s_fujiwaraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

藤原岳は今までは福寿草の頃に行っていました。
こんな雪の時に行くのは初めてです。
この時期でも人気なんですね。
私のような者でも平日に行っても不安はありませんでした。
天気に恵まれ楽しい山行になりました。

今回も地元の方で長靴ですいすい歩いている方がいました。
福寿草の頃は長靴がいいかも知れませんね。
登録日: 2013/9/16
投稿数: 1807
2017/2/18 13:42
 面白い組み合わせ最高
相変わらず気持ちよさそうな雪山歩きです。
伊吹山、鈴鹿の山ともども積雪結構あるんですね。
私の勤務している工場からも秩父の山、雪積もって見えますから案外関東の低山も雪あるのかもしれません。

雪山だとあったかいカップラーメンがご馳走だって頭がありますが、こういう暖かい日ならかき氷もアリなんだと新鮮な気分になりました。
コンデンスミルク、いいエネルギー補給源ですもん。
苺なんかトッピングしたら遊び心あってなおいいですね
登録日: 2013/5/29
投稿数: 721
2017/2/18 14:15
 Re: 面白い組み合わせ最高
tomhigさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

今年は西日本で大雪が続き、鈴鹿の山も例年以上の積雪だそうです。
地元の方が20年ぶりの大雪だと言っていました。
今年は関東の低山より雪が多いかも知れませんよ。

女峰山に行くなら是非コンデンスミルク持って行くといいでしょうねえ〜〜〜
山頂にコンデンスミルクかけているような写真が撮れたら面白いですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ