また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073522 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

高見山 桃俣(もものまた)より

日程 2017年02月26日(日) [日帰り]
メンバー
 DCT
天候晴れ
気温 未確認  風は弱く心地良い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道369号、曽爾村を過ぎ御杖村に入り国道から桃俣の集落を抜け徐々に狭くなる道を進む。交通量は少ないが、離合困難な道だった。
高角神社前に駐車場、10台以上駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
22分
合計
4時間0分
S桃俣登山口07:3608:41天狗山09:00台高尾根分岐09:36高見山09:5510:29台高尾根分岐10:45天狗山10:4711:35桃俣登山口11:3611:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
マイナーコースだと少し不安に思っていたが道は明瞭で標示あり。テープも多く迷いは少ないだろう。高所には残雪が多く深い所では50cm以上の踏み跡も見られた。気温上昇で雪が緩むと怖そうな所もあり。

出会った人 12名程(全て山頂にて)   お犬様 1ワン
目撃にょろ 0にょろ
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

桃俣(もものまた)集落、分岐に道標あり、認しつつ進む。
2017年02月26日 07:20撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃俣(もものまた)集落、分岐に道標あり、認しつつ進む。
11
高角神社・登山口手前300mほどは未舗装だった。駐車スペースは十分あり。
2017年02月26日 07:31撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高角神社・登山口手前300mほどは未舗装だった。駐車スペースは十分あり。
5
山頂まて2時間30分はかなりタイトな時間表記だと思ふ。(帰着時撮影)
2017年02月26日 11:36撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まて2時間30分はかなりタイトな時間表記だと思ふ。(帰着時撮影)
6
高角神社にて手を合わせた後、鳥居の左よりお山入り。
2017年02月26日 07:36撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高角神社にて手を合わせた後、鳥居の左よりお山入り。
5
こんなところに大阪天王寺の「ヨシミ」さんの広告がぁ。
2017年02月26日 07:37撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに大阪天王寺の「ヨシミ」さんの広告がぁ。
5
神社からやや急な尾根筋の登りだが、明瞭に掘られた道で迷いようがない。
2017年02月26日 07:42撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社からやや急な尾根筋の登りだが、明瞭に掘られた道で迷いようがない。
5
倒木にツララが…、体感以上の冷え込みだったのか?
2017年02月26日 07:43撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木にツララが…、体感以上の冷え込みだったのか?
11
20分ほどの急登を過ぎて穏やかな縦走路となる。徐々に標高を上げて行く。
2017年02月26日 07:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほどの急登を過ぎて穏やかな縦走路となる。徐々に標高を上げて行く。
4
絶賛、間伐処理中!だが登山路はしっかり確保されていた。
2017年02月26日 07:55撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶賛、間伐処理中!だが登山路はしっかり確保されていた。
3
暫く害獣対策のネットが続く。ゲートはここだけで一部地図にある破線ルートの場所だろうが…、使われてはなさそう。
2017年02月26日 08:00撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く害獣対策のネットが続く。ゲートはここだけで一部地図にある破線ルートの場所だろうが…、使われてはなさそう。
2
「桃俣」だが…、まぁ、あまり気にせず、。
2017年02月26日 08:03撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「桃俣」だが…、まぁ、あまり気にせず、。
8
植林帯は天狗山の肩まで続き、ほとんどがヒノキだった。
2017年02月26日 08:15撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯は天狗山の肩まで続き、ほとんどがヒノキだった。
2
樹間から天狗山P993の山頂だろう。
2017年02月26日 08:15撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から天狗山P993の山頂だろう。
3
徐々に自然林が増え始める。台高派生尾根らしく常緑はアシビ(馬酔木)が多い。シャクナゲは見られなかった。
2017年02月26日 08:22撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に自然林が増え始める。台高派生尾根らしく常緑はアシビ(馬酔木)が多い。シャクナゲは見られなかった。
2
何故か?マツボックリが大量に、リスさんの収穫祭か!?
2017年02月26日 08:30撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か?マツボックリが大量に、リスさんの収穫祭か!?
8
なんだ…、大きな松の枝が折れ落ちたんだぁ…、雪の重みに耐えられなかったのかな。
2017年02月26日 08:31撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだ…、大きな松の枝が折れ落ちたんだぁ…、雪の重みに耐えられなかったのかな。
3
天狗山は巻道を進み、山頂は帰路にて立ち寄ろうと、
2017年02月26日 08:38撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山は巻道を進み、山頂は帰路にて立ち寄ろうと、
1
「ウハァッ、狭っ!」いきなりテンション↓ちょっと後悔したけろ。
2017年02月26日 08:39撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ウハァッ、狭っ!」いきなりテンション↓ちょっと後悔したけろ。
4
巻道を過ぎると尾根を変え、まだまだ登りは続く。残雪も増え始める。
2017年02月26日 08:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道を過ぎると尾根を変え、まだまだ登りは続く。残雪も増え始める。
3
途中の開けた所から最奥に三峰山を眺望。青いシルエットで雪の状況など不明?
2017年02月26日 08:53撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の開けた所から最奥に三峰山を眺望。青いシルエットで雪の状況など不明?
10
高見山−三峰山の台高ロング派生尾根に乗る。表示の奥に高見山山頂が見える。
2017年02月26日 09:01撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見山−三峰山の台高ロング派生尾根に乗る。表示の奥に高見山山頂が見える。
7
ツリーホール、樹木が水を吸い上げる際、少し温度の高い水の流れが融雪を進ませる、、、んだっけっ(?)。
2017年02月26日 09:08撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリーホール、樹木が水を吸い上げる際、少し温度の高い水の流れが融雪を進ませる、、、んだっけっ(?)。
13
ちょっと不思議、陽の当たる南斜面に残雪、日陰の北側は雪が無い、突風で吹き飛ばされたのかな?
2017年02月26日 09:10撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと不思議、陽の当たる南斜面に残雪、日陰の北側は雪が無い、突風で吹き飛ばされたのかな?
7
高見山山頂、やや近づく。霧氷はありそうで…。
2017年02月26日 09:14撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見山山頂、やや近づく。霧氷はありそうで…。
6
以前より先輩方のレコなどで見たかった山抜け地。突き出たコンクリート塊は索道の残置か?
2017年02月26日 09:16撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前より先輩方のレコなどで見たかった山抜け地。突き出たコンクリート塊は索道の残置か?
10
霧氷、現る、。
2017年02月26日 09:22撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷、現る、。
10
足元の雪も多くなり、霧氷を眺めながらゆるりと進む。
2017年02月26日 09:26撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元の雪も多くなり、霧氷を眺めながらゆるりと進む。
12
高見山山頂、もっと近づいた。
2017年02月26日 09:29撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見山山頂、もっと近づいた。
16
時折、強い日差しでキラキラの白い中を足元注意で登る。なぜならノーアイゼンなので…。
2017年02月26日 09:34撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、強い日差しでキラキラの白い中を足元注意で登る。なぜならノーアイゼンなので…。
15
これは…、落下した霧氷ではなさそうで、。
2017年02月26日 09:35撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは…、落下した霧氷ではなさそうで、。
7
さんちょっ、山頂!あれ?白くないけろ。
2017年02月26日 09:35撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さんちょっ、山頂!あれ?白くないけろ。
20
霧氷、僅かな高見山山頂。
2017年02月26日 09:37撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷、僅かな高見山山頂。
19
山頂より西側、平野方向の霧氷は…、…ちょっと寂しい、。う〜んんんっ。
2017年02月26日 09:38撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より西側、平野方向の霧氷は…、…ちょっと寂しい、。う〜んんんっ。
10
ただ、風の強いことの多い山頂は風も弱く、皆さん表で休憩。同時に山頂でご一緒だったシュナウザーさん?(犬種とか詳しくないので?)
2017年02月26日 09:39撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ、風の強いことの多い山頂は風も弱く、皆さん表で休憩。同時に山頂でご一緒だったシュナウザーさん?(犬種とか詳しくないので?)
8
おとなしく、凛々しい。しっかりカメラ目線で、。
2017年02月26日 09:44撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おとなしく、凛々しい。しっかりカメラ目線で、。
19
凍った双眼鏡。見た目は寒そうだが、実際は快適だった。
ここでヤマレコユーザーlowezweiさんにお久しぶりの出会いだった。
2017年02月26日 09:39撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍った双眼鏡。見た目は寒そうだが、実際は快適だった。
ここでヤマレコユーザーlowezweiさんにお久しぶりの出会いだった。
11
オロナ○ンC的(〇の中は「イ」じゃ無いよ)な大盛り飲料で元気が出た気分になる!
2017年02月26日 09:44撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロナ○ンC的(〇の中は「イ」じゃ無いよ)な大盛り飲料で元気が出た気分になる!
18
三角点にたっちぃにて、そろそろ下山。意外と長く20分以上滞在していた。
2017年02月26日 09:54撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にたっちぃにて、そろそろ下山。意外と長く20分以上滞在していた。
17
やはり登って来た東側の方が霧氷も残雪も多い。
2017年02月26日 09:55撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり登って来た東側の方が霧氷も残雪も多い。
14
ワンちゃんも同時に下山開始。奈良県の方だった。(大峠へ下られる)
2017年02月26日 09:56撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワンちゃんも同時に下山開始。奈良県の方だった。(大峠へ下られる)
13
少し下って山頂方向を振り返って…、(たぶん)こっちの方が白いだろなぁ。
2017年02月26日 09:57撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って山頂方向を振り返って…、(たぶん)こっちの方が白いだろなぁ。
6
今一度振り返って高見山山頂。この後、奈良交通「霧氷バス」利用の方々が沢山登られるんだろうなぁ。
2017年02月26日 10:01撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今一度振り返って高見山山頂。この後、奈良交通「霧氷バス」利用の方々が沢山登られるんだろうなぁ。
10
深い踏みぬき50cm以上。おかげで圧雪の後を歩かせていただきました。最近(1本)ストックにお世話になっております。
2017年02月26日 10:03撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い踏みぬき50cm以上。おかげで圧雪の後を歩かせていただきました。最近(1本)ストックにお世話になっております。
9
南斜面にて陽に当たる雪庇。この上にも足跡あり。
2017年02月26日 10:10撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南斜面にて陽に当たる雪庇。この上にも足跡あり。
6
再び山抜け・崩落、何もしてないのに小石が落ちている…、私が通ったせいではない(と思ふっ)。
2017年02月26日 10:13撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山抜け・崩落、何もしてないのに小石が落ちている…、私が通ったせいではない(と思ふっ)。
11
あーーー、山頂から大峰・台高の眺望があったのに写真の撮り忘れ。なので今更、台高の国見・水無あたりを、。
2017年02月26日 10:16撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あーーー、山頂から大峰・台高の眺望があったのに写真の撮り忘れ。なので今更、台高の国見・水無あたりを、。
7
アシビの花は3月中頃には開花かな?
2017年02月26日 10:27撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アシビの花は3月中頃には開花かな?
2
台高ロング尾根から桃俣への分岐、山峰の奥には熊野灘だろうが海か空かの区別がつかぬ。
2017年02月26日 10:28撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台高ロング尾根から桃俣への分岐、山峰の奥には熊野灘だろうが海か空かの区別がつかぬ。
2
「三峰山」の標示がさす先に三峰山がある。
2017年02月26日 10:29撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「三峰山」の標示がさす先に三峰山がある。
11
桃俣方向へ少し下って、奥に兜岳・鎧岳、倶留尊山(くろそやま)、局ヶ岳、大洞山(おおぼらやま)の室生火山帯が眺められた。
2017年02月26日 10:34撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃俣方向へ少し下って、奥に兜岳・鎧岳、倶留尊山(くろそやま)、局ヶ岳、大洞山(おおぼらやま)の室生火山帯が眺められた。
3
往路では向かわなかった天狗山を目指す!高低差40m弱の岩の多い登りだった。
2017年02月26日 10:43撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路では向かわなかった天狗山を目指す!高低差40m弱の岩の多い登りだった。
2
天狗山に到着、三角点は無い。
2017年02月26日 10:46撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山に到着、三角点は無い。
6
少しく黒石山方向から樹林の奥に高見山山頂が覗いていた。
2017年02月26日 10:47撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しく黒石山方向から樹林の奥に高見山山頂が覗いていた。
1
(コンビニ?)サークルKさん、台高ではよく拝見するが、もう直ぐ「ファミマ」に変わるのかなぁ?
2017年02月26日 10:47撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(コンビニ?)サークルKさん、台高ではよく拝見するが、もう直ぐ「ファミマ」に変わるのかなぁ?
11
天狗山より下山、あとはほぼ下りなのな。
2017年02月26日 10:47撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山より下山、あとはほぼ下りなのな。
1
そろそろなごりの雪、シーズン的にももう雪の上を歩くのは終わりかなぁ?
2017年02月26日 10:50撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろなごりの雪、シーズン的にももう雪の上を歩くのは終わりかなぁ?
1
天狗山山頂周辺の自然林にブナの大木が点在していた。登りは足元ばかり眺めることが多く気づかなかった。
2017年02月26日 10:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山山頂周辺の自然林にブナの大木が点在していた。登りは足元ばかり眺めることが多く気づかなかった。
6
ブナ・ナラ、少しのヒメシャラの林を下って行く。この先、長いヒノキの植林帯となる。
2017年02月26日 10:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ・ナラ、少しのヒメシャラの林を下って行く。この先、長いヒノキの植林帯となる。
4
今日のドーピング、(私的に)大阪天王寺(←製造メーカーがある)の味。
2017年02月26日 11:01撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のドーピング、(私的に)大阪天王寺(←製造メーカーがある)の味。
16
ヒノキ林をガァーーー(実際はダラダラ)と下って、
2017年02月26日 11:03撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒノキ林をガァーーー(実際はダラダラ)と下って、
1
高角神社にお礼のお参り。お賽銭10円しか持ってなかったけろ、賽銭箱も見あたらず…、
2017年02月26日 11:34撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高角神社にお礼のお参り。お賽銭10円しか持ってなかったけろ、賽銭箱も見あたらず…、
4
んで、ハイク終了。
「ytv漫才新人賞」を見るために高速を使って帰宅へ、
2017年02月26日 11:34撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んで、ハイク終了。
「ytv漫才新人賞」を見るために高速を使って帰宅へ、
6
時間も余裕が出来たのでカローリー吸収(ライスおかわりは1回だけ)となった。
2017年02月26日 13:38撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間も余裕が出来たのでカローリー吸収(ライスおかわりは1回だけ)となった。
28

感想/記録
by DCT

先週のmechabiさん、chotobiさんご夫婦の「桃俣ー高見山」往復をトレースしてみた。事前にめちゃさんにメッセで問い合わせ、「行ってみればぁ〜」と、、、実際、先週より雪解けは進んで、より歩きやすくなっていたと思われる。
平野からのメジャールートより植林帯も短く、想像以上に踏み跡もしっかりしていて歩きやすく感じられた。
(今回は)高見山東側の方が白い世界が多くに感じられた。個人的に、雪…、無くても良いのだが、。
訪問者数:713人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/20
投稿数: 962
2017/2/27 21:20
 ストックなんて珍しい…
DCTさん、こんばんは。

雪少なかったですね。1週間でこれだけ解けるとは。。。
雪山に目覚め始めたDさん的には物足らなかったですよねっ? ねっ?

#49の標示がさす先に三峰山がある、というのは当然といえば当然
ですけど、それをあえて写真に撮ってアップした事に座布団1枚です。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1341
2017/2/27 22:28
 お疲れさまです。
私にとってはお馴染の高見山ですが
桃俣からは未踏なんです。
駐車場が気になってましたが、神社前に10台くらいはOKなんですね?
気が向いたら歩いてみます。その際は参考にさせていただきますね。
今の時期は積雪があるか?ないか?微妙な時期ですね。
あるならある。ないならない。ってはっきりしている方が歩きやすいですね。
登録日: 2013/9/1
投稿数: 2539
2017/2/27 22:56
 桃俣!
DCTさん こんばんは〜

桃俣から登ってみたくて、登山口探しまくって見つけることができ
さ〜登ろうとしたら、突然の雨!しばらく粘ったがやまず。仕方なく
たかすみ温泉に入って帰った〜(^_^;)
いつかリベンジに燃えるも未だ実現せずです〜。
登録日: 2015/1/9
投稿数: 1337
2017/2/28 2:39
 霧氷ありましたか!
DCTさん、こんばんはー!
私はsukanpoさんと桧塚奥峰まで行ってたのですが、桧塚奥峰手前から高見山を見てみると、まったく白くなかったので、そっちは霧氷なしかと思ってました
高見山のように人があほほど来る山やと雪が踏み固められててすぐアイスバーンになってしまいますが、ノーアイゼンで滑りませんでした?
私はここ何年か高見山はご無沙汰しているのですが、sukanpoさんからも「桃俣からなら人が少ないからええよ〜」とのお言葉をいただいたので、また来年には行ってみようかな?
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2186
2017/2/28 5:47
 Re: ストックなんて珍しい…
mechabiさん、こんにちは。
先日はご教示いただき、ありがとうございした。おかげで不安なく「サクッ」っと行ってまいりました。雪…、やっぱり無くていいです。無い方が良いです!登山口までの道路で雪を見るだけで不安になります。ただ、アイゼン付けたりが面倒なのが本音ですが、。
「三峰」の向こうの三峰山、見るだけで十分です。けっこうアップダウン多いなぁの感想です。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2186
2017/2/28 5:55
 Re: お疲れさまです。
orisさん、こんにちは。
桃俣の駐車場は十分なスペース(余裕を空けて10台以上可能)です。この日もどうやらここから歩いたのは私だけだったようです。
歩いてる人は少なそうですがコースは明瞭で、しっかりした「道」でした。ハイシーズンの高見山はまるで金剛山のように「こんにちは」挨拶の嵐ですが、こちらは静かです。
暦も3月、白い高見山はあと何回かあるでしょうか?残雪が緩むと歩きにくくなりますねぇ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2186
2017/2/28 6:07
 Re: 桃俣!
chasseさん、こんにちは。
国道から桃俣集落を抜けますがY字の分岐や直角曲がりがありますね。だだ、奥の奥まで別荘用(?)のログハウスや民家が点在していました。
平野からのメジャールートは平野分岐の熊注意の看板までずーっと植林帯ですが、こちらは天狗山までのヒノキ植林帯ですので少し短めです。その後の自然林の開けた縦走路は快適です。高見山手前の山抜け地は特に開放的でした!アレは開放とは言わないかな?
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2186
2017/2/28 6:16
 Re: 霧氷ありましたか!
Hacchyさん、こんにちは。
えぇっ、台高を歩かれてた貴殿たち、見えて…、、、ませんでしたよっ。(見えるかいっ!)
高見山の南斜面・大峠側は全く無氷でした。北西に少々と私が歩いてた北東側にちょっと多めでした。この日で奈良交通「霧氷バス」も終了でしたからもうシーズンは終盤となりますねぇ。
残雪の雪上は意外とよく踏まれておりフラットな踏み跡を辿るように歩いておりました。かかとを蹴りこみ気味に…。ただ、温度上昇で腐れ雪だと歩きにくいでしょうね。
登録日: 2015/3/13
投稿数: 1701
2017/2/28 11:41
 桃俣(もものまた)ですか〜〜〜?!!
DCTさん、コンのト===っ。(まだ”あれ”の笑のツボからぬけられん)

私も先週のmechabiさん、chotobiさんご夫婦の「桃俣ー高見山」のレコを拝見し
「たかすみ温泉」からしか登ったことがないので次回は「ここ!!」と
「お気に入り」に入れさせていただきました。
「桃俣登山口」への行き方を調べておりましたらDCTさんが・・・。

chasseさんのコメに「登山口がわからなかった」ってありますね。
方向音痴の私・・登山口にたどり着けるかなぁ〜。(。・ω・。)

写真31・・なんか・・変。 
またもツボってしまった〜:-O
登録日: 2010/10/18
投稿数: 209
2017/2/28 12:49
 お久しぶりです。
コチラのコースもいずれは行ってみたいな〜とは思ってましたが、意外にしっかりしたコースみたいで行きやすそうですね。

しかし、当時(釈迦ヶ岳)よりも太られました?
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2186
2017/2/28 19:23
 Re: 桃俣(もものまた)ですか〜〜〜?!!
Yanyan7さん、おこんにちちは。
登山口までは案内標示に注意しながらも到着できました。ただ、「行き」には見えやすく「帰り」には見にくい角度だったりで…、帰りの方が迷いそうでした。
登山コースについては、基本通り無雪期・小雪でルートが分かりやすい状態で確かめた方が良いですね。
エッ、写真31???どこが…変? ムフフッ、、、。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2186
2017/2/28 19:29
 Re: お久しぶりです。
lowezweiさん、こんにちは。
ホントにお久しぶり、釈迦ヶ岳以来でしたね!
風も弱く穏やかな高見山山頂は珍しいほどでした。皆さん、表でのんびり過ごしてたし。

てへっ、痩せてません、ただそんなに体重も増えて無く+2〜3kgほどです。
ダイエットしたい気持ちはあるのですが、食欲がしっかりあるので…、。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ