また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073536 全員に公開 山滑走氷ノ山

氷ノ山 三の丸

日程 2017年02月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
滝流しそうめん近く R29 道路わきのスペースに駐車しました。路面に雪はなく、道路わきに雪の壁ができていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
33分
合計
7時間10分
Sスタート地点08:0108:21やまめ茶屋08:2210:15坂の谷コース登山口10:1613:02三ノ丸13:3114:18坂の谷コース登山口14:2014:56やまめ茶屋15:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
やはりスキーの下りは速い(たとえコケまくりの下手でも)
その他周辺情報波賀 楓湯に入りました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ヘッドランプ GPS 筆記用具 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

ヤマメ茶屋
2017年02月26日 08:14撮影 by COOLPIX S6600, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマメ茶屋
茶屋からすぐの林道はこんな斜面に! 滑って沢に落ちたら嫌だな
2017年02月26日 08:29撮影 by COOLPIX S6600, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶屋からすぐの林道はこんな斜面に! 滑って沢に落ちたら嫌だな
大きなブナ
2017年02月26日 11:19撮影 by COOLPIX S6600, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなブナ
霧氷 きれい
2017年02月26日 12:14撮影 by COOLPIX S6600, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷 きれい
広大な雪原
2017年02月26日 12:15撮影 by COOLPIX S6600, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な雪原
2
避難小屋 扉が錆びついているようです
2017年02月26日 12:38撮影 by COOLPIX S6600, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋 扉が錆びついているようです
1
撮影機材:

感想/記録

 携帯のGPSは精度が良くないので距離は多めに出ているようです。
 国道29号を車で進んでいるときは雪があまり無いように感じましたが、山では十分楽しめました。茶屋からすぐの林道で、かぶさった雪の斜面を横切る場面は少し緊張しました。青空がきれい。先行者の跡を追って進みました。林道と坂の谷への分岐のところでスノーシューの方に会いました。もう下山途中で、その速さに驚きました。スギ林は少し斜度があります。ブナの林は広いスペースの場所を探しながら先行者の跡を大幅には外さないように進みました。途中で颯爽とテレマークターンで下っていくスキーヤーに「こんにちは」と声をかけていただきました。あんな風に滑れたらいいのにな。12時を過ぎましたが、さらに上を目指し進みます。突然 ぱっと視界が広がり、氷をまとった樹々と広い雪原に景色が変わりました。雪原を三の丸目指して進みます。見えているのになかなか到着しない、距離感がつかみにくいです。避難小屋の近くでお昼ご飯にしました。同行者は、山スキーのセットをそろえた甲斐があったと喜んでいます。若狭氷ノ山方面からスノーシューで来られる方々もいらっしゃいました。山の景色を堪能し、下山準備をしていると、2人のスキーヤーの方が来られ、少しお話をしました。テレ靴(皮)に山スキーの組み合わせに少し驚いていました。道具は古くて経歴あるように見えるかもしれないけど腕前は全然だめなのです。どこでも滑り放題の緩斜面で転んでしまうほどに、、(滑走は5年以上していないことを理由にしておこう)ボーゲン+斜滑降で下山します。杉林は狭いですが、大回りを繰り返して下ります。危惧していた林道の斜面も恐怖を感じることなく無事に下山できました。靴擦れで痛む足、古くなった靴と板を何とかして、またどこかに挑戦したいです(ゲレンデでスキーの練習も必要でした)
訪問者数:542人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ