また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073561 全員に公開 山滑走霊仙・伊吹・藤原

金糞岳ー思ったより遠かった

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候雪 曇り 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
27分
合計
9時間4分
Sスタート地点04:2910:18金糞岳10:4513:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:30 金糞岳
コース状況/
危険箇所等
沢のスノーブリッジは少ない
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキーorスノーシュー シール アイゼン 行動食 ツェルト カイロ 携帯電話 防寒具

写真

林道を進みます
2017年02月25日 06:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を進みます
1
堰堤を超えて林道が沢を渡っているはずでしたが・・・地図とは違いました
2017年02月25日 07:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を超えて林道が沢を渡っているはずでしたが・・・地図とは違いました
1
かなり行ってから一箇所見つけました
2017年02月25日 07:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり行ってから一箇所見つけました
2
頂上へと続くダイレクト尾根
2017年02月25日 08:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上へと続くダイレクト尾根
2
雰囲気は良い
2017年02月25日 08:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気は良い
1
ここを登れば・・・
2017年02月25日 09:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登れば・・・
3
晴れてきました
2017年02月25日 09:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきました
1
急登でした。スキーで登りましたが、アイゼンの方が安全で早かったかも
2017年02月25日 10:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登でした。スキーで登りましたが、アイゼンの方が安全で早かったかも
1
もうちょいだ!
2017年02月25日 10:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょいだ!
1
この向こうは奥伊吹スキー場みたい
2017年02月25日 10:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この向こうは奥伊吹スキー場みたい
3
やっと着きました。思ったより厳しかった
2017年02月25日 10:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着きました。思ったより厳しかった
7
頂上は広いです
2017年02月25日 10:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は広いです
1
広い稜線
2017年02月25日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い稜線
1
晴れれば展望は良さそう
2017年02月25日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れれば展望は良さそう
1
もう少しで尾根に行きます
2017年02月25日 11:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで尾根に行きます
1

感想/記録

先週は行けなかった金糞岳に行ってきました。ようみたら滋賀県で二番目に高い山みたい。昔から沢を渡る記録が多いですが、深夜にひとりで渡渉は避けたい。という訳で、地図上にて上に続いている林道があるのでそこを当初は行きました。
 ところが橋は無くそこから稜線へ出ると効率が悪そうで結局諦めて下の林道へ戻りました。これで1時間ほどロス・・・最終的にここに降りてきたのですが、結局橋は無かった。地図にはあるのに・・・
 林道を進みますが、皆さんが渡るところは水量が多くて無理、下をず〜と見ながら行きます。ここらで無かったら・・・と思ったところでようやく一本見つかりました。神は見捨てなかった?
 ここを渡れば後は頂上までダイレクト、直下は急斜面で新雪の下はガリガリでしたが何とかスキーのみで登りました。アイゼン要りました。頂上につけば大展望といきたいところですが、半晴れみたいであんまりみえなかった。国道からワカンで直に登ってきた人がいました。八草トンネルから登れるのですね。後からスキーヤーもそれで登ってこられました。
 滑りは諦めた林道を目指しました。一本トレースがあったのですがそれをそれて沢を滑りました。これが間違い・・・藪ジャングルにデブリで穴だらけの沢、尾根へのトラバースで一進一退、スキーを脱ぎましたが雪が腐って胸まで沈んで足が抜けない・・・大変やった。ほんでスキーにシールを付けて戻りました。
 これだけトラぶっても下山は2時前、やはり早出は安全確保で必ず必要ですね。
訪問者数:500人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ