また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1077188 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

大岳山御坂尾根リベンジ山行 泉沢尾根を下る

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市駅から養沢行バスで大岳鍾乳洞入口バス停まで。
帰り:和田向バス停から武蔵五日市駅までバス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
49分
合計
5時間58分
S大岳鍾乳洞入口バス停08:5509:17大岳鍾乳洞09:30大岳山・大滝登山口09:3109:43御坂尾根取付き10:25966m点10:37(休憩)10:4311:02一般登山道に出る11:0311:34大岳山北東尾根上11:48大岳山12:0712:25大滝分岐12:38富士見台12:52千足分岐12:58小屋ノ沢山13:24茅倉・千足バス停分岐13:28鶴脚山13:44泉沢・和田向バス停分岐13:4613:49馬頭刈山14:0614:07泉沢・和田向バス停分岐14:1014:37泉沢尾根登山口14:53ゴール地点(和田向バス停)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
御坂尾根はバリルートだが取付き点が分かれば一般登山道合流地点までは難しくはないと思える。岩場が現れるが岩越えすることなく巻いて通過できる。一般登山道に出た後の御坂尾根の最上部は藪っぽくて岩場も多くなる。大岳山北東尾根に乗った後頂上付近も岩場がありロープが設置されている。

泉沢尾根は歩き易く道標も立派に設置されている。持参の山と高原地図(2013年版)では一般登山道として表示されていないが新しい版には表示されているようだ。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

大岳鍾乳洞入口バス停付近。
2017年03月04日 08:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳鍾乳洞入口バス停付近。
1
養沢神社
2017年03月04日 08:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養沢神社
大岳鍾乳洞入口
2017年03月04日 09:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳鍾乳洞入口
大岳鍾乳洞入口アップ
2017年03月04日 09:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳鍾乳洞入口アップ
林道終点。
2017年03月04日 09:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。
1
同上。(登山口)
2017年03月04日 09:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同上。(登山口)
写真では分かりにくいが、この沢に御坂尾根の末端が落ちているのでここから尾根に取りつくことが出来そう。
2017年03月04日 09:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいが、この沢に御坂尾根の末端が落ちているのでここから尾根に取りつくことが出来そう。
この道標前の朽ちた木橋を渡る。
2017年03月04日 09:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標前の朽ちた木橋を渡る。
すぐに小屋の残骸が現れる。(この付近から尾根に取りついたが、正規にはもう少し進んだ辺りに踏み跡がある(と思われる)。
2017年03月04日 09:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに小屋の残骸が現れる。(この付近から尾根に取りついたが、正規にはもう少し進んだ辺りに踏み跡がある(と思われる)。
1
1000mを越えた付近で雪が現れてきた。
2017年03月04日 10:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000mを越えた付近で雪が現れてきた。
1060m付近の大岩は左を巻いて通過。
2017年03月04日 10:48撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1060m付近の大岩は左を巻いて通過。
岩場。リボンもある。
2017年03月04日 10:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場。リボンもある。
一般登山道に出て振り返る。
2017年03月04日 11:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道に出て振り返る。
1
一般登山道に出た付近の岩場
2017年03月04日 11:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道に出た付近の岩場
一般登山道上部の御坂尾根途中。展望のある岩場から大岳山荘
2017年03月04日 11:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道上部の御坂尾根途中。展望のある岩場から大岳山荘
1
大岳山北東尾根上に乗った辺り。
2017年03月04日 11:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山北東尾根上に乗った辺り。
大岳山頂上は近い。数か所の岩場にはロープ設置あり。
2017年03月04日 11:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山頂上は近い。数か所の岩場にはロープ設置あり。
大岳山頂上
2017年03月04日 12:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山頂上
1
頂上からの眺め。
2017年03月04日 11:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの眺め。
1
泉沢を指す立派な分岐道標。ここを下っても泉沢集落に降りられそうだ。
2017年03月04日 13:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泉沢を指す立派な分岐道標。ここを下っても泉沢集落に降りられそうだ。
馬頭刈山のすぐ近くの泉沢・和田向バス停への分岐道標。
2017年03月04日 13:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭刈山のすぐ近くの泉沢・和田向バス停への分岐道標。
一旦馬頭刈山の頂を踏む。
2017年03月04日 13:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦馬頭刈山の頂を踏む。
1
泉沢尾根分岐点に戻り。
2017年03月04日 14:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泉沢尾根分岐点に戻り。
泉沢集落が見えてきた
2017年03月04日 14:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泉沢集落が見えてきた
ここに下り立った
2017年03月04日 14:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに下り立った
この橋を渡った先に和田向バス停。
2017年03月04日 14:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡った先に和田向バス停。
撮影機材:

感想/記録

■1/6山行でそそっかしさゆえに失敗した大岳山御坂尾根のやり直しに出かけることにした。あの日どこでなぜ失敗したかは十分に反省済み。なお、「ヤマレコ」で御坂尾根山行記録をみていたら、gengen0229 さんのレコで大岳山頂上傍まで御坂尾根を登りつめるルートを知ったので、できればそのルートも辿ってみようかなと思った。

■御坂尾根は概ね歩きやすい方。上部に露岩が出現するが大体において左または右に巻くと難渋することもない。一般登山道に出たところでたまたまかも知れないが両方面から登山者の往来に出合う。多くの人が山に入っていそうな感じだ。さて、ここからこの尾根をそのまま継続させるか、一般登山道を通って大岳山頂上を目指すか迷ったが、いつも同じコースを歩くのもつまらないので尾根を継続することにして岩場を攀じ登った。かなり険しいルートだろうと覚悟して臨んだがゆえに、確かに険しくはあったが思ったほどではなかった。ただ、尾根最後の岩場では時間をかけ過ぎた。大岩を乗り越えていけるかなと岩に取付いてみたものの途中でホールドが無く立ち往生。上がった岩から降りるのもヤバかったが一旦岩を下りて右側から巻いたら比較的楽に通過できた。端から巻けば良かった。岩場に戯れただけだった。

■頂上から北東に延びる尾根に乗り左折。雪がところどころ少し残っていてやや滑りやすい。頂上近くも岩場が現れたがロープが設置されていて助かる。頂上には大勢の登山者が居た。
下山は馬頭刈山を踏んでから泉沢尾根を下り、和田向バス停にゴールした。
訪問者数:440人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 高原 山行 出合 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ