また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1077944 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山眺望の山 河口湖・御坂黒岳をゆく

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(風強し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【行き】4:00ヒデ自宅発→4:25鹿沼IC→(東北道)→5:10久喜白岡JCT
→(圏央道)→6:00八王子JCT→(中央道)→6:46河口湖IC→
(河口湖大橋方面 国139・県707・県21号)→7:00河口湖大石公園駐車場
【帰り】15:30大石公園駐車場→15:45河口湖IC→(談合坂SA 羽生PA立寄り)→18:45鹿沼IC→19:15ヒデ自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間12分
合計
8時間1分
S大石公園(河口湖自然生活館)07:1308:17中沢林道終点08:3910:05新道峠10:2910:59破風山11:0011:14すずらん峠11:1511:49黒岳11:5112:02黒岳展望台12:2414:41日帰り湯 天水15:14大石公園(河口湖自然生活館)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黒岳山頂から広瀬地区への下りは急坂。ところどころ道迷いしやすい。
落ち葉・泥濘のため滑りやすい。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

高速から富士山ドーン!
2017年03月04日 06:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速から富士山ドーン!
4時出発のお陰で7時前に駐車場到着。
2017年03月04日 06:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時出発のお陰で7時前に駐車場到着。
この時間、残念ながら富士山のお姿見えず。
2017年03月04日 06:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間、残念ながら富士山のお姿見えず。
この霜が降りたような草木はラベンダーだそうです。
2017年03月04日 06:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この霜が降りたような草木はラベンダーだそうです。
右の建物は河口湖自然生活館。
2017年03月04日 07:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の建物は河口湖自然生活館。
登山道に入るまでしばらく舗装道路を歩く。中沢林道をテクテクと。途中登山者が乗っていると思われるタクシーに抜かされました。そういう手もあったとこの時気が付いた。
2017年03月04日 07:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入るまでしばらく舗装道路を歩く。中沢林道をテクテクと。途中登山者が乗っていると思われるタクシーに抜かされました。そういう手もあったとこの時気が付いた。
でもその分後ろを振り返りながら歩ける。富士山の頭が顔をだした。
2017年03月04日 07:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもその分後ろを振り返りながら歩ける。富士山の頭が顔をだした。
良いな。
2017年03月04日 07:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良いな。
このままドンドン雲が飛んでいけば良いのに。
2017年03月04日 07:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このままドンドン雲が飛んでいけば良いのに。
道標があったけれど、もっと下の方にあればよいのに。ここまでくればもう迷う人はいないと思うよ。
2017年03月04日 07:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標があったけれど、もっと下の方にあればよいのに。ここまでくればもう迷う人はいないと思うよ。
林道途中の別荘と思われる家の屋根に座っていたカエル君。実にフォトジェニックだよね。
2017年03月04日 07:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中の別荘と思われる家の屋根に座っていたカエル君。実にフォトジェニックだよね。
1
少し雪が出てきた。そう言えは二日前に宇都宮では雨が降ったよね。
2017年03月04日 07:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪が出てきた。そう言えは二日前に宇都宮では雨が降ったよね。
堰堤上の立ち入り防止用の柵が・・・。
2017年03月04日 08:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤上の立ち入り防止用の柵が・・・。
中沢林道終点近くに地元タクシー会社の宣伝。確かにここに降りてくれば電話するかも。
2017年03月04日 08:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中沢林道終点近くに地元タクシー会社の宣伝。確かにここに降りてくれば電話するかも。
雪がかなり深くなってまいりました。
2017年03月04日 08:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がかなり深くなってまいりました。
この看板を見たら、右に登山道があります。看板を見て(その地図とおりに)道を進むと間違い。
結局林道歩きは1時間10分。
2017年03月04日 08:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板を見たら、右に登山道があります。看板を見て(その地図とおりに)道を進むと間違い。
結局林道歩きは1時間10分。
かなりの急登だよね。
2017年03月04日 08:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急登だよね。
木樹の合間から富士山見えます。
2017年03月04日 09:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木樹の合間から富士山見えます。
5
新道峠に到着!ここからの景色に疲れがふっとんだ。
ここまで約3時間。(1時間林道歩き+2時間登山道)
2017年03月04日 10:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道峠に到着!ここからの景色に疲れがふっとんだ。
ここまで約3時間。(1時間林道歩き+2時間登山道)
2
黒岳への稜線上に何箇所かの展望所があります。ここは第二展望所と看板があったトコロ。
2017年03月04日 10:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳への稜線上に何箇所かの展望所があります。ここは第二展望所と看板があったトコロ。
ここからの眺めには圧倒されました。
2017年03月04日 10:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの眺めには圧倒されました。
2
この裾野と湖が良いのだよね。
2017年03月04日 10:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この裾野と湖が良いのだよね。
1
破風山山頂。
2017年03月04日 10:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山山頂。
雪が着いていた。
2017年03月04日 11:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が着いていた。
尾根道はどんどん雪が深くなる。歩きづらい。
2017年03月04日 11:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道はどんどん雪が深くなる。歩きづらい。
すずらん峠。この下の方にすずらんの群生地がある(に違いない)。
2017年03月04日 11:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すずらん峠。この下の方にすずらんの群生地がある(に違いない)。
ここからも眺めが良いです。雲が多いけれど何とか富士山見えます。
2017年03月04日 11:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも眺めが良いです。雲が多いけれど何とか富士山見えます。
黒岳山頂直下が実に急坂。雪も深いため、ツボ足の僕らは苦労しました。春先の山に行くときはチェーンスパイクとか軽アイゼンとか必要ですね。
2017年03月04日 11:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳山頂直下が実に急坂。雪も深いため、ツボ足の僕らは苦労しました。春先の山に行くときはチェーンスパイクとか軽アイゼンとか必要ですね。
黒岳から少し下ったところに展望所あり。ここで大休止。
2017年03月04日 11:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳から少し下ったところに展望所あり。ここで大休止。
数名がラーメン食べたりしてました。
2017年03月04日 12:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数名がラーメン食べたりしてました。
僕らはここから広瀬地区に下山。こんな立派な看板があるのでさぞや整備された道かと思おえばあにはからんや、急坂&落ち葉&泥濘&長大な尾根道でした。
2017年03月04日 12:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕らはここから広瀬地区に下山。こんな立派な看板があるのでさぞや整備された道かと思おえばあにはからんや、急坂&落ち葉&泥濘&長大な尾根道でした。
ところどころ眺望の開けたところがあるので一息継ぎますが、それにしてもこの道はキツかった。
2017年03月04日 13:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ眺望の開けたところがあるので一息継ぎますが、それにしてもこの道はキツかった。
1
もう、最後には落ち葉のプールの中を泳ぐようにおりました。実に2時間半もかかった。他の方の記録とかを見ると同じように苦労してました。それを読んで知ってはいましたがこんなにキツイとは思わなかった!
2017年03月04日 14:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、最後には落ち葉のプールの中を泳ぐようにおりました。実に2時間半もかかった。他の方の記録とかを見ると同じように苦労してました。それを読んで知ってはいましたがこんなにキツイとは思わなかった!
1
それでもまぁ、とにかく無事下山できました。迎えてくれたのは富士山。
2017年03月04日 14:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもまぁ、とにかく無事下山できました。迎えてくれたのは富士山。
3
できればこの景色、朝見たかったです。
2017年03月04日 15:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
できればこの景色、朝見たかったです。
2

感想/記録

冬のキリッとした富士山を見たいっ!と昨年から計画していましたが、天気が悪くて延び延びに・・。天気予報とウォッチしつつこの日、勇躍と出かけました。
登るは富士山と河口湖を挟んで対峙する御坂黒岳。富士山を眺めながら登れるということで選択しました。
現地につくとあいにくな天気でしたが、雲が徐々に取れてきて尾根に出たときには思わずほぉっ!と声が出るほどの美しさでした。黒岳までは右に富士山を眺めながらのの2時間ほどの尾根歩き。
黒岳山頂はあっけないほどあっさりしていましたが、新道峠からの尾根歩きがゴールデンタイムですよ。
下りは大消耗。このルートを選択したことを何度も後悔しました。急坂と(ところどころロープあり)落ち葉と泥濘に苦しめられました。(僕は3度転んだ)でもそれはそれで楽しかったかな。

是非動画を御覧ください↓。

訪問者数:591人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ