また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1079654 全員に公開 ハイキング関東

伊南房州通往還第3日目(大原〜勝浦)

日程 2017年03月07日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
JR大原駅〜JR勝浦駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
21分
合計
6時間57分
S大原駅08:2409:28浪花駅10:45御宿駅10:4813:33勝浦官軍塚13:5115:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大原駅出発   8:24
勝浦駅到着  15:21
歩行時間 6時間57分
歩行距離 31.9km
高低差 61m
歩数 36,794歩
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

JR大原駅を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR大原駅を出発。
2
出口商店。いいですねこの家。この古さ何とも言えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出口商店。いいですねこの家。この古さ何とも言えません。
大原八幡神社。江戸時代に始まった六斎市が、今も境内で三と八の日に開かれています。「はだか祭り」でも有名です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大原八幡神社。江戸時代に始まった六斎市が、今も境内で三と八の日に開かれています。「はだか祭り」でも有名です。
第一房総街道踏切。伊南房総通往還は「房総街道」とも呼ばれていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一房総街道踏切。伊南房総通往還は「房総街道」とも呼ばれていました。
追分回国供養塔道標(天保9年(1838))。南面に「此方かつうら ぼうしふなこ こみなと」・東面に「こはまみち」・西面に「一の宮 江戸 きよみづ」で、勝浦・房州那古村(館山市)・安房小湊・小浜村・清水寺等を指しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
追分回国供養塔道標(天保9年(1838))。南面に「此方かつうら ぼうしふなこ こみなと」・東面に「こはまみち」・西面に「一の宮 江戸 きよみづ」で、勝浦・房州那古村(館山市)・安房小湊・小浜村・清水寺等を指しています。
1
鹿島神社。大原のはだか祭りに参加する十八社のうち十社の神輿がこの境内に集合します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島神社。大原のはだか祭りに参加する十八社のうち十社の神輿がこの境内に集合します。
竜泉寺。平広常が自ら植えたと伝えられているイチョウがそびえています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜泉寺。平広常が自ら植えたと伝えられているイチョウがそびえています。
道標「矢差戸 大船谷道」。折れていて痛ましいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標「矢差戸 大船谷道」。折れていて痛ましいです。
右の旧道に行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の旧道に行きます。
諏訪神社の鳥居。社殿は国道の向こう側で参道が国道で分断されたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪神社の鳥居。社殿は国道の向こう側で参道が国道で分断されたようです。
享和4年(1804)の石灯篭に「夷隅郡伊南庄小池村」と刻まれています。「伊南」という文字を初めて目にしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
享和4年(1804)の石灯篭に「夷隅郡伊南庄小池村」と刻まれています。「伊南」という文字を初めて目にしました。
突然漁船が現れました。海産物直売所のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然漁船が現れました。海産物直売所のようです。
旧道に入りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道に入りました。
御宿に入りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御宿に入りました。
ロペス通り碑。村人が総出で救助した、「サン・フランシスコ号漂着事故」にちなんだ碑です。御宿海岸の東方が「ドン・ロドリコ上陸地」で、近くに「メキシコ記念塔」(日・西・墨 三国交通発祥記念碑)が立っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロペス通り碑。村人が総出で救助した、「サン・フランシスコ号漂着事故」にちなんだ碑です。御宿海岸の東方が「ドン・ロドリコ上陸地」で、近くに「メキシコ記念塔」(日・西・墨 三国交通発祥記念碑)が立っています。
御宿駅。屋根に月の沙漠のらくだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御宿駅。屋根に月の沙漠のらくだ。
ギャラリーかやぶき。江戸末期に建築された名主の家です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギャラリーかやぶき。江戸末期に建築された名主の家です。
月の沙漠記念像。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月の沙漠記念像。
2
海に出ました。今日は波が荒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海に出ました。今日は波が荒い
1
月の沙漠が広がっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月の沙漠が広がっています。
1
最明寺。鎌倉時代の執権北条時頼が宿泊したと言われ御宿の地名の由来になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最明寺。鎌倉時代の執権北条時頼が宿泊したと言われ御宿の地名の由来になっています。
1
ランチは地魚の刺身御膳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチは地魚の刺身御膳
2
旧道は廃道になっているため、これから歩道のない4つのトンネルを歩きます。ちょっと恐ろしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道は廃道になっているため、これから歩道のない4つのトンネルを歩きます。ちょっと恐ろしい。
1
無事トンネルを通過しました。ホッ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事トンネルを通過しました。ホッ。
海岸線の道を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海岸線の道を行きます。
波打ち際を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
波打ち際を歩きます。
旧道は直進し、岩切通りを通って勝浦の街中に入りますが、折角勝浦に来たので海岸線をぐるりと巡って勝浦市街に入りたいと思います。左折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道は直進し、岩切通りを通って勝浦の街中に入りますが、折角勝浦に来たので海岸線をぐるりと巡って勝浦市街に入りたいと思います。左折します。
観音堂(慈眼寺)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音堂(慈眼寺)
津慶寺にある熊本藩兵瘞骸碑。明治2年江戸を出港した熊本藩士ら345名が乗るハーマン号が、函館へ向う途中暴風雨に見舞われ川津沖で座礁、大破し、熊本藩士、アメリカ人乗組員ら220名以上が犠牲となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津慶寺にある熊本藩兵瘞骸碑。明治2年江戸を出港した熊本藩士ら345名が乗るハーマン号が、函館へ向う途中暴風雨に見舞われ川津沖で座礁、大破し、熊本藩士、アメリカ人乗組員ら220名以上が犠牲となりました。
カイソクジントウモエモン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カイソクジントウモエモン
また怖いトンネル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また怖いトンネル
1
関東ふれあいの道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道
官軍塚。「ハーマン号沈没事件」の犠牲者の供養塔です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
官軍塚。「ハーマン号沈没事件」の犠牲者の供養塔です。
官軍塚展望台より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
官軍塚展望台より
勝浦平和観音。「日本海軍駆逐艦沖風殉難」とあります。沖風は昭和18年1月10日米潜水艦「トリガー」の雷撃により撃沈されました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝浦平和観音。「日本海軍駆逐艦沖風殉難」とあります。沖風は昭和18年1月10日米潜水艦「トリガー」の雷撃により撃沈されました。
1
桜がもう散っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜がもう散っています。
現在は八幡岬公園になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在は八幡岬公園になっています。
お万の方(養珠院)像。勝浦城落城の際に、海から館山方面に逃れ、後に徳川家康の側室となりました。水戸黄門(光圀)の祖母にあたります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お万の方(養珠院)像。勝浦城落城の際に、海から館山方面に逃れ、後に徳川家康の側室となりました。水戸黄門(光圀)の祖母にあたります。
1
遠く船が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く船が見えます。
旅館松の家。国登録有形文化財。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅館松の家。国登録有形文化財。
勝浦朝市発祥の地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝浦朝市発祥の地
朝市通り。天正19年(1591年)、勝浦城主植村泰忠が勝浦根古屋(町の中心地)でのみ農水産物の交換の場を開設したと伝えられています。今も毎朝市が立ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝市通り。天正19年(1591年)、勝浦城主植村泰忠が勝浦根古屋(町の中心地)でのみ農水産物の交換の場を開設したと伝えられています。今も毎朝市が立ちます。
覚翁寺。勝浦藩主であった植村家の菩提寺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覚翁寺。勝浦藩主であった植村家の菩提寺。
境内にある植村家宝篋印塔 (植村家五代の墓所)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内にある植村家宝篋印塔 (植村家五代の墓所)。
勝浦タンタンメンは今回食べず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝浦タンタンメンは今回食べず。
JR勝浦駅。本日のゴールです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR勝浦駅。本日のゴールです。
1

感想/記録
by onody

伊南房州通往還を大原から勝浦まで歩きました。街道はようやく海に出ました。勝浦では官軍塚、勝浦灯台、勝浦城跡に立ち寄りました。広がる海原を堪能しました。
訪問者数:244人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ