また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1082842 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 北海道

迫力のガンケを抱く【貫気別山(一等三角点)】

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り 風は穏やか
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道道から約2km地点の橋手前の除雪スペースに2,3台駐車可。
クロカン4駆なら、さらに800mほど入れます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間17分
休憩
40分
合計
7時間57分
Sスタート地点07:0311:45貫気別山12:2515:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
顕著な危険箇所はありませんが、今後は融雪が進むと渡渉は濡れる可能性あり。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口には前夜入山したと思われる先行者さんの車が1台。
今日は、単独行ではなく、ブロ友の北のかもしかさんがご一緒。
2017年03月12日 07:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には前夜入山したと思われる先行者さんの車が1台。
今日は、単独行ではなく、ブロ友の北のかもしかさんがご一緒。
1
出だしはツボ足。約800m進んだ左岸に渡る橋手前で轍が途切れ、スノーシューに換装。
2017年03月12日 07:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしはツボ足。約800m進んだ左岸に渡る橋手前で轍が途切れ、スノーシューに換装。
橋上から目指す貫気別山がお出迎え。
2017年03月12日 07:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋上から目指す貫気別山がお出迎え。
貫気別山をズームアップ。ガンケと呼ばれる絶壁を抱く姿がこの山のチャーミングポイント。
2017年03月12日 07:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貫気別山をズームアップ。ガンケと呼ばれる絶壁を抱く姿がこの山のチャーミングポイント。
3
ありがたい先行者のトレースを頼りに林道歩きが続く。
2017年03月12日 07:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがたい先行者のトレースを頼りに林道歩きが続く。
貫気別川本流。
2017年03月12日 07:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貫気別川本流。
ガンケを見上げる私。
2017年03月12日 08:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンケを見上げる私。
4
最初の渡渉。水流は少なく靴を濡らすことはない。

2017年03月12日 08:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の渡渉。水流は少なく靴を濡らすことはない。

ザ・函。
2017年03月12日 08:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザ・函。
1
先行者のトレースに釣られ余計な登行がありましたが、正規ルートに戻る。先行者さんはリビラ山に向かっている模様。
2017年03月12日 08:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者のトレースに釣られ余計な登行がありましたが、正規ルートに戻る。先行者さんはリビラ山に向かっている模様。
取りつく尾根。
2017年03月12日 08:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取りつく尾根。
取りつきの急登を喘ぐカモシカさん。
私より目方があり私のトレースでは役不足のようです。
2017年03月12日 08:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取りつきの急登を喘ぐカモシカさん。
私より目方があり私のトレースでは役不足のようです。
1
急な尾根も作業道跡がC900付近まで続いていて意外に楽。
2017年03月12日 09:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な尾根も作業道跡がC900付近まで続いていて意外に楽。
1
ガンケを間近に見上げる私Part2。
2017年03月12日 09:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンケを間近に見上げる私Part2。
5
C900付近で作業道跡は終わり。明瞭な尾根が続くが、ラッセルは脛から膝と意外に厳しい。
2017年03月12日 10:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
C900付近で作業道跡は終わり。明瞭な尾根が続くが、ラッセルは脛から膝と意外に厳しい。
急登をクリアーすると来し方向が望まれるようになる。
2017年03月12日 10:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登をクリアーすると来し方向が望まれるようになる。
主稜線まではあと標高差100m。
2017年03月12日 11:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線まではあと標高差100m。
1
リビラ山をバックに主稜線を詰めるカモシカさん。
2017年03月12日 11:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リビラ山をバックに主稜線を詰めるカモシカさん。
2
主稜線からのザ・日高山脈。
2017年03月12日 11:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線からのザ・日高山脈。
1
長い長稜のイドンナップ。
2017年03月12日 11:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長稜のイドンナップ。
1
単独の先行者さんに追いつきました。昨晩は、リビラ山手前でテン泊し、本日は5時30分に出発したそうですが、予想外のラッセルに苦戦されてました。
2017年03月12日 11:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単独の先行者さんに追いつきました。昨晩は、リビラ山手前でテン泊し、本日は5時30分に出発したそうですが、予想外のラッセルに苦戦されてました。
3
なので、少しの距離ですが私がラッセルさせてもらいました。
2017年03月12日 11:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので、少しの距離ですが私がラッセルさせてもらいました。
貫気別山の山容。
2017年03月12日 11:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貫気別山の山容。
2
ガンケを横から。まさに絶壁。
2017年03月12日 11:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンケを横から。まさに絶壁。
1
1等三角点の貫気別山。山頂標はありませんので、カモシカさんがピンクテープでマーキングされました。
2017年03月12日 12:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1等三角点の貫気別山。山頂標はありませんので、カモシカさんがピンクテープでマーキングされました。
6
双耳峰のチロロ岳から幌尻岳まで。
2017年03月12日 11:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰のチロロ岳から幌尻岳まで。
4
チロロ岳を少しアップ。その手前は二岐岳でしょうか?
2017年03月12日 12:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チロロ岳を少しアップ。その手前は二岐岳でしょうか?
3
遠く夕張岳から芦別岳。
2017年03月12日 11:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く夕張岳から芦別岳。
5
リビラ山。時間があれば縦走を考えていましたが、今日は時間切れ。
2017年03月12日 11:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リビラ山。時間があれば縦走を考えていましたが、今日は時間切れ。
2
昨年登頂したお隣の一等三角点、糠平山。
風も弱くツエルトなしでもポカポカ気分でランチタイム。
すっかり3月の陽気です。
2017年03月12日 12:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年登頂したお隣の一等三角点、糠平山。
風も弱くツエルトなしでもポカポカ気分でランチタイム。
すっかり3月の陽気です。
3
帰路、再びガンケの迫力を目に焼き付ける。
2017年03月12日 13:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、再びガンケの迫力を目に焼き付ける。
3
よーく見るとガンケの山肌にアイスホール。
2017年03月12日 13:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よーく見るとガンケの山肌にアイスホール。
4
帰路も長い林道歩き。
2017年03月12日 14:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路も長い林道歩き。
1
人目に触れない山域ですがいい山でした。お疲れ様です。
2017年03月12日 15:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人目に触れない山域ですがいい山でした。お疲れ様です。
3

感想/記録

一等三角点シリーズの貫気別山。
事前情報での崩壊した林道と小雪に不安がありましたが、
林道は8割方生きており、雪もまだ十分あり無事登頂できました。

この山のピーク自体は主稜線上で特に目立つものではありませんが、
前衛にガンケと呼ばれる絶壁を抱く姿がこの山を特徴付けています。
造林道が終わるC900付近で間近に望まれるその姿は異様な迫力で
名付け親のアイヌの人たちに畏敬の念を抱くものでした。

主稜線からの日高の展望はもう一つでしたが、晴れた日には相当なパノラマ
になるでしょう。できれば再訪したいものです。

これで目標としている一等三角点(1000m以上)もあと5ピーク。
来週の3連休もカウントダウンさせたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:687人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/9
投稿数: 74
2017/3/12 22:10
 さすがです
山行見させいただきました。登ってみたい山の一つなので、参考になりました。さすが貴さんです。
登録日: 2015/5/5
投稿数: 830
2017/3/13 7:34
 おはようございます
もう少し雲がなければ最高でしたね
お疲れ様でした
登録日: 2014/1/14
投稿数: 114
2017/3/13 12:39
 Re: さすがです
evo7さん、こんにちわ。
沢沿いの林道が思っていた以上に残っていたし、尾根にも造林道があったりと意外と楽に歩けました。
予想外のラッセルでリビラは周りませんでしたが、evo7さん行かれる時は是非縦走チャレンジを!
なるべく雪が減らないうちが良いと思います。(^^)
登録日: 2014/1/14
投稿数: 114
2017/3/13 12:45
 Re: おはようございます
akadake5さん、こんにちわ。
そうですね、今週はピカピカ晴れ☀を期待したんですが、流石に高い山は雲が引っかかっていました。
これからの残雪期に期待です。(^^)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ