また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1083187 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走比良山系

残雪の武奈ヶ岳 坊村ピストン

日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葛川支所駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
42分
合計
5時間52分
S坊村07:4108:31RP御殿山109:02RP御殿山209:0809:12846m地点09:1309:28RP御殿山309:42RP御殿山409:4610:03御殿山10:0710:10ワサビ峠10:1110:25西南稜1120m地点10:2711:27武奈ヶ岳11:4512:03西南稜1120m地点12:08ワサビ峠12:0912:16御殿山12:1712:26RP御殿山412:41846m地点12:4212:47RP御殿山212:4813:01RP御殿山113:0313:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
同行者はハイペースで登っていきましたが、私は太ももと膝が痛く、特に後半はゆっくりマイペースで登りました。
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし、軽アイゼン必要(ワカン・スノーシューなしで可)さ
その他周辺情報付近にコンビニなし。トイレは駐車場〜登山口までにあり。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター 毛帽子 ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール

写真

明王院を抜けて登山口へ。ここから激登りが続きます。
2017年03月12日 07:47撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王院を抜けて登山口へ。ここから激登りが続きます。
心を折られそうになりながら激登りを通過し、積雪量の増えた中を進みます。
2017年03月12日 08:45撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心を折られそうになりながら激登りを通過し、積雪量の増えた中を進みます。
雪庇をよけて先行者のトレースをたどります。この日は天気が良く登山者も多く、トレースはしっかりありました。
2017年03月12日 09:32撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇をよけて先行者のトレースをたどります。この日は天気が良く登山者も多く、トレースはしっかりありました。
御殿山への登り。
2017年03月12日 10:02撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山への登り。
御殿山ピークからいったん下り、武奈ヶ岳山頂を目指します。
2017年03月12日 10:03撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山ピークからいったん下り、武奈ヶ岳山頂を目指します。
西南陵へ向けてもうひと踏ん張り
2017年03月12日 10:29撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南陵へ向けてもうひと踏ん張り
1
西南陵から最後の登りを経て、山頂です。この日は白山も見えていました。(見えるのは珍しいらしいです)左上にレンズの汚れが。。。
2017年03月12日 11:01撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南陵から最後の登りを経て、山頂です。この日は白山も見えていました。(見えるのは珍しいらしいです)左上にレンズの汚れが。。。
2
下りの西南陵。雪庇はこんな具合です。
2017年03月12日 11:48撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの西南陵。雪庇はこんな具合です。
3
ツボ足で行けました。アイゼンは6本爪。靴は夏用。
2017年03月12日 12:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツボ足で行けました。アイゼンは6本爪。靴は夏用。
無事に帰り着いた安曇川です。
2017年03月12日 13:45撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に帰り着いた安曇川です。
撮影機材:

感想/記録

初めての雪山登山でした。装備の面で不安(ワカン・スノーシューなし)でしたが、軽アイゼンのみで登れました。しょっぱなから急斜面の登りが続き、後半も雪に足を取られながらの斜面なので、太ももがやられました。ストック(ポール)には非常に助けられましたのでぜひ携行をオススメします。
入山〜下山まで天気に恵まれ、山頂では伊吹山、金糞山、白山まで見られました。
聞くところによると白山は滅多にみられないとのことで、ツイてました。
訪問者数:536人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ