また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1083495 全員に公開 山滑走氷ノ山

氷ノ山 走り尾根からネジレ谷滑走

日程 2017年03月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候薄曇り、無風、早朝気温 4、
アクセス
利用交通機関
車・バイク
氷ノ山国際スキー場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

登り 3時間半 : 下り 1時間15分 (滑走高度差 1000m)
9:45 940m地 ゲレンデ最上部―(流れ尾根派生尾根を経て)―10:半 流れ尾根―
12:00 1300m地―13:15〜13:45 頂上・滑走―14:20 1200m地(ネジレ谷)―(登り返し)―14:45 1200m地(流れ尾根)―15:00 ゲレンデ最上部 着
未明 大津発で現地の国際ゲレンデに8:半 着。時折 夜来の降雪が続く中 ゲレンデ最上部の休止リフト乗り場からシール登攀―踏み跡明瞭。仲〃 の勾配をみる自然林を縫って流れ尾根へ。
1200m地からのヤセ尾根は急峻・氷化―「板担ぎ」で乗り越え。再びシール着装登攀するが1300m地最上部も覆雪ながら急峻岩場のため再び「板担ぎ」を強いられた―主稜線で東尾根と合流して頂上小屋へ。
 ネジレ谷最上部は大きくセッピが張り出しているため、往路尾根最上部辺りまで戻って下降。30度超の急峻だが幅広、疎らな高樹木に加え、(文句なしの)新雪20cm粉雪とあって快適滑走―技術が数段上達?と錯覚するほど。良雪滑走のまま1250m辺りの「ノド」上部で往路尾根へ。ほぼ平行高度で登り返すが、着地点は1200mヤセ尾根上部(難所)―細紐固定で靴下降した。段々起伏の往路滑走は暫時で尾根取付き地―途中 Bancha97が着地と同時に1m横で大音響のセッピ崩壊。
 ゲレンデ最上部の雪質は良好に保たれ此処でも快適滑走。後は営業ゲレンデ〜林道〜駐車場まで豊雪の中を滑走して終了。
コース状況/
危険箇所等
*ゲレンデ積雪 1、3m
*山域全体が北斜面にあって長期に良雪滑走が楽しめる。
*ツアー高度は800m〜。高度差700mの登攀だが、ゲレンデ滑走を含めると1000m前後となる。
*頂上付近は烈風、厳寒世界―小屋で一息休めば、早目の下山が望ましい。
*谷上部のナダレ不安は常にあり、要 慎重観察。中部下方は両岸が(比較的)緩斜、高樹林植生となるので、往路尾根からも滑走できる―今回の登り返しは失敗。950m辺りまでは滑走できるだろう。
*難所(1200m地辺り)には靴アイゼン、細紐を用意したい。
*尾根取付き点には目印が必要―下山時に見過ごし易い。そのまま滑走すると不動滝上部に至り、急斜
 面下降の後 沢徒渉〜夏道〜駐車場の労苦を強いられる。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 アイゼン, 太スリング、ピッケル

写真

氷ノ山国際スキー場
2017年03月11日 09:24撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山国際スキー場
休止リフトトップよりハイクアップ開始
2017年03月11日 10:12撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休止リフトトップよりハイクアップ開始
最初から急傾斜な登り
2017年03月11日 10:34撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初から急傾斜な登り
1
青空に映える樹氷
2017年03月11日 10:36撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える樹氷
走り尾根が続く
2017年03月11日 10:46撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
走り尾根が続く
右岸は雪庇の帯が続く
2017年03月11日 11:27撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸は雪庇の帯が続く
急峻な登りにシール登高をやめシートラが正解(^◇^)
2017年03月11日 12:14撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急峻な登りにシール登高をやめシートラが正解(^◇^)
1
樹氷が映える樹林帯
2017年03月11日 12:19撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷が映える樹林帯
1370m地点からのルンゼはたっぷりの雪がありピッケル使用の段差をしのぐ
2017年03月11日 12:35撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1370m地点からのルンゼはたっぷりの雪がありピッケル使用の段差をしのぐ
黙々とトレースを作る頼もしいONさん
2017年03月11日 12:37撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々とトレースを作る頼もしいONさん
前行のスノシュ―さんがトレースを作ってあり借りて30度近い傾斜を登る
2017年03月11日 12:50撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前行のスノシュ―さんがトレースを作ってあり借りて30度近い傾斜を登る
木の下は大雪庇が続く
2017年03月11日 12:50撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の下は大雪庇が続く
頂上小屋に到着
2017年03月11日 13:10撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上小屋に到着
3
onさんとbanchan97
2017年03月11日 13:51撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
onさんとbanchan97
O氏もご機嫌で記念撮影
2017年03月11日 13:57撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
O氏もご機嫌で記念撮影
ねじれ谷の大斜面 パウダーが気持ちいい
2017年03月11日 14:01撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ねじれ谷の大斜面 パウダーが気持ちいい
一息つくO氏
2017年03月11日 14:06撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一息つくO氏
ハイパーボウル東八スキー場遠望
2017年03月11日 14:07撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイパーボウル東八スキー場遠望
喉付近雪もたっぷり
2017年03月11日 14:10撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喉付近雪もたっぷり
奈良尾集落
2017年03月11日 16:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良尾集落
スキー場に下りてきました。
2017年03月11日 16:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場に下りてきました。
今日登った走り尾根を振り返る
2017年03月11日 16:28撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日登った走り尾根を振り返る

感想/記録


久しぶりの雪山バリエーション、シートラでアイゼン、ピッケルで1200mの岩場をクライミング。スキーのトップが枝にからみ手こずる。1370mのルンゼはたっぷりの雪で坪足で登れたが一部段差がきつくOさんに膝で登る段を作ってもらい上部鞍部に乗り上げられた。頂上はガス模様。ねじれ谷の入口をGPSで探す。頂上台地を下りてドロップイン。広大急峻な雪面。雪崩を考慮しながら思いっきりパウダーを滑る。のどの辺りまで一気に滑走。登りかえしで、雪庇を踏みぬくが、(大砲の様な轟が聴こえるが、遠くのことのよう)3、4後崩落するが、既に3mぐらい避けていたため転落を免れる。一緒に落ちたら、雪崩て救出だしは困難だったろう。我ながらぞっとする。そんなことも忘れて、スキー場へと再び気持いい滑走を楽しむ。駐車場から見る走り尾根を振り返り満足する。
訪問者数:381人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ