また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1087555 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

残雪の唐松岳

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方第三駐車場(無料)
ほとんどスキー客だと思うが7時の時点で9割方埋まっていた
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
17分
合計
5時間27分
S八方池山荘08:3709:15八方池09:1710:22丸山11:16山荘上ピーク11:42唐松岳11:5612:17山荘上ピーク12:1812:45丸山13:35八方池14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪はまだ腐っておらず、場所によってはいい感じに締まっていたので登りやすかったです。頂上直下の取り付きは結構ふわふわの雪でした。
なお、ゴンドラのチケット購入時に登山届の提出を求められます。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒ブーツ アイゼン ストックx2 ピッケル ゴーグル フェイスカバー テルモスお湯500cc アクエリアス500cc 200ccのコーヒー牛乳x2 行動食 ガスバーナー ポンチョ

写真

グラートクワッドリフト終点の八方池山荘前。
写真では分かりませんが、台風並みの強風が吹いていたので、いきなり先行きが不安になる…上まで行けるのかこれ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラートクワッドリフト終点の八方池山荘前。
写真では分かりませんが、台風並みの強風が吹いていたので、いきなり先行きが不安になる…上まで行けるのかこれ…
強風が心配でしたが、とりあえず八方池までは登ってみることにしました。
八方池にテントが一張ありました。確か前回登ったときにも一張あったような気が。同じ人だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風が心配でしたが、とりあえず八方池までは登ってみることにしました。
八方池にテントが一張ありました。確か前回登ったときにも一張あったような気が。同じ人だろうか。
八方池から上方を望む。風はあるものの、視界はまあまあってところ。これならまだまだ行けそうな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池から上方を望む。風はあるものの、視界はまあまあってところ。これならまだまだ行けそうな感じ。
途中で適宜小休止をとりながら、丸山に到着しました。依然として風は強いものの、肌を切りつけるような寒さでは無い。春を感じる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で適宜小休止をとりながら、丸山に到着しました。依然として風は強いものの、肌を切りつけるような寒さでは無い。春を感じる。
ガスでトレースを見失いそうになりながらも、頂上に着きました。
頂上票(その1)
頂上直下の取り付きでは視界が5m程度になり、岩などの目標物が無くなる場所があったので、少し不安になった…(念のためにコンパスで方位を確かめた)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスでトレースを見失いそうになりながらも、頂上に着きました。
頂上票(その1)
頂上直下の取り付きでは視界が5m程度になり、岩などの目標物が無くなる場所があったので、少し不安になった…(念のためにコンパスで方位を確かめた)
1
頂上票(その2)
頂上からの景色はゼロでしたが、純白の雷鳥が一瞬だけ姿を見せてくれました。らっきぃ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上票(その2)
頂上からの景色はゼロでしたが、純白の雷鳥が一瞬だけ姿を見せてくれました。らっきぃ
2
下山時の頂上山荘への分岐。
視界が悪くて山荘は見えませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時の頂上山荘への分岐。
視界が悪くて山荘は見えませんでした
山荘直下の痩せ尾根のところ。風が弱かったのでらっきぃでした。(風に煽られてもし転倒でもしたらタダでは済まない場所)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘直下の痩せ尾根のところ。風が弱かったのでらっきぃでした。(風に煽られてもし転倒でもしたらタダでは済まない場所)
依然として視界があまり良くない。時おり「ゲロロロ」という雷鳥の鳴き声が聞こえたような気がした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
依然として視界があまり良くない。時おり「ゲロロロ」という雷鳥の鳴き声が聞こえたような気がした。
樹林帯まで下りてきました。ここは強風が通りにくいし、お腹がすいて脚が疲れてきたので小休止。このあたりで雪が降り始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯まで下りてきました。ここは強風が通りにくいし、お腹がすいて脚が疲れてきたので小休止。このあたりで雪が降り始める。
八方池と便所平(私が勝手にそう呼んでいる)を過ぎると、リフト乗り場が見えてきました。写真では分かりませんが、ここの尾根が今回で一番風が強かったです。(うっかりすると飛ばされて転けそうになる)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池と便所平(私が勝手にそう呼んでいる)を過ぎると、リフト乗り場が見えてきました。写真では分かりませんが、ここの尾根が今回で一番風が強かったです。(うっかりすると飛ばされて転けそうになる)
1
無事にリフト乗り場まで下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事にリフト乗り場まで下りてきました。
リフト乗り場から振り返ると、出発時よりも風が荒れ狂っていました。さしずめ、春の嵐といったところでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト乗り場から振り返ると、出発時よりも風が荒れ狂っていました。さしずめ、春の嵐といったところでしょうか。

感想/記録

今冬登った雪の唐松岳にまた登りたくなったので、今回は天候優先ではなく日程優先で行ってきた。(宿の予約を取ったので日程を変えられないため)
さいわい高気圧が近づいていたので、視界はあまり良くなかったものの、登頂することができた。
天候的には前回よりも条件が悪かったが(強風と視界不良)雪の状態が比較的良くて、壺足になる場所がほとんど無かったので、時間と体力のロスをまぬかれた。
天候的に頂上からの眺めは期待していなかったが、頂上で純白の雷鳥を見れたのは感動した。夏毛の雷鳥はここで何度か見ているが、白い雷鳥は初めて見た。
天敵の猛禽に見つかりにくいため、雷鳥は曇りの日に活発に動くのだという。そう言えば春に乗鞍岳に何度か登ったときも、曇りの日は雷鳥がさかんに動き回っていた。
曇りの日の登行も悪いことばかりではないと再認識。
訪問者数:289人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント コンパス ガス テン リフト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ