また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1089414 全員に公開 雪山ハイキング妙高・戸隠・雨飾

放山 〜上早川の静穏たる雪丘〜

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候【上越(高田)の当日天気】
天  気:晴れ
最高気温:13.2℃
最低気温:1.9℃
露点温度:-1.9℃
湿  度:38%
風  向:北
風  速:3m/s
現地気圧:1019.5hPa
海面気圧:1021.3hPa
降 水 量:0.0mm
積 雪 深:0cm
日 の 出:5:49
日の入り:17:56

【現地気候】
歩き始めから春曇り
放山稜線に着く頃も霞かかっていましたが大展望
放山稜線部では冷風がありアウターを着込んで過ごしました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【アプローチ】
《住処:05:00〜高速経由〜笹倉温泉:06:10》

【駐 車 場】
笹倉温泉『龍雲荘』の日帰り入浴用の第二駐車場に駐車
事前に電話確認でも駐車の許可ありました。しかし、下山後は
日帰り温泉『千寿の湯』利用することが条件だと思います
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

【コースタイム】
06:30 笹倉温泉
07:40 標高0832m付近
08:20 標高1072m付近
09:00 放山山頂部(散策&Café) 10:15
11:25 笹倉温泉

【登り時間:02:30】
【下り時間:01:10】
【山頂休憩:01:15】
【総行動時間:04:55】(小休憩含む)
コース状況/
危険箇所等
【登 山 道】
笹倉温泉から焼山方面ではなく田んぼ中を詰めて行き、放山林道を横切って標高832mピークを目指して杉樹林の斜面を登っていく。
標高832mピーク過ぎから杉樹林を抜けて展望が開けてきます。西のつばくろ滝斜面側の広尾根を進むと疎らな灌木帯。もし霧氷があれば素晴らしい白銀の斜面であることは間違いないでしょう。標高1079m付近まで登ると本当に南から西にかけて焼山や高松山・昼闇山の頸城の峰々が美しい。最後にちょっと登って放山の稜線に出ます。
稜線は南東に大きく張り出した雪庇があるので灌木に沿って稜線を北東に稜線を進むと標高1189.4mの放山に達する。
放山は較的急登もなくUPDOWNもなくとても登りやすい斜面。しかし尾根に沿っての登りではなく斜面に沿ってのルートになるので降雪時やガス発生時など視覚が効かない状況下では道迷いの危険性が高いと思います。

【雪    質】
●登り時:スノーシュー
今回、杉の伐採に標高832m付近まで林業従事者の方々の大量のワカン跡あり、雪沈みすることはありませんでした。以降はスキーの残トレースに沿って歩けば雪沈みはありませんでしたが新たなルートをとるとザクっとちょっと雪沈みあり、連日の好天でアイスバーン程ではない締雪でした。放山稜線にでると日本海からの北風で雪質は変わりアイスバーンでした。
スノーシューのリベット破損で予備持参の10本刃アイゼンに変更。
稜線部はアイゼンで歩き易い

●下山時:10:00過ぎ:足つぼ
今回スノーシューのリベット破損でスノーシューが使えないので足つぼでの下山となった。
陽が当たり始めて標高832m下では、足つぼでは膝下まで踏み抜き大変な下山でした。総じてスノーシューでもやや歩き難い雪質だったでしょう

【登攀用具】
終始:スノーシュー&Wストック

【スノーシューリベッド破損&クランポンの亀裂】
2014年01月29日(水) 日帰り大辻山後
使用して4年で左側のリベット4か所破損です
⇒好日山荘富山東店で無料修理
今回で2回目。 
MSR(Mountain safety research)前回は無料で修理して頂けた
今回も無料となるか・・・・

4/23に修理・交換:済み(好日山荘マリエとやま店)
リベット修理に現行の赤いクランポンに交換。
そして、ベルトが全部交換されていました。ピン式から現行のクリップ式に交換されていた。装着が楽になりそうです。
そして、薄くなっていた踵部の布張部分が補強されていました。
修理・交換代は税込み13.338円でした。
決して安くはないですが新品購入に比べれば経費が抑えられました。
価格以上にYellowのスノーシューが気に入っていたので修理で済んだこのに感謝。現行の赤いクランポンになったことで、個性的なスーシューになりました。

【登山用具について】
登山に関する用具に関して食品・ウエアなどの消耗品は購入先がネットでもいいOKと思いますが、スノーシューなど修理が必要になる事が前提で長いお付き合いになる登山用品は確かな所での購入にしようと思いました。
好日山荘の移転に文句はないのですが・・・・
今後はマンゾクスポーツ一本になりそうです。
その他周辺情報【登山ポスト】
なし

【トイレ】
笹倉温泉『龍雲荘』で借りました

【他の登山者】
笹倉温泉ルート上では誰にも会わず
放山稜線で
男性4名パーティー:1組
女性2名パーティー:1組
とても静かな雪山でした。
※下山時に標高1079mから振り返ると放山稜線に数人の人影あり
きっとシャルマンスキー場からの登ってきた人影だったのでしょう

【日帰り温泉】
笹倉温泉『龍雲荘』 
入口・受け付けは『龍雲荘』ですが日帰り入浴客は、旧館「千寿荘」です。  
※「日本秘湯を守る会」と「日本温泉遺産を守る会」に認定されています
所在地:新潟県糸魚川市大平5804
電 話:025-559-2211
日帰り入浴利用時間:8:00〜20:00 (GW・お盆・年始は〜15:00)
日帰り入浴料金:平日:大人700円 子供400円(土日祝) 大人800円  子供500円
※入浴中に地元のおじさんと面白い会話
この温泉は重曹(重炭酸ナトリウム)の含有量が多い温泉で昔は重曹含有量日本一であったとのこと。そのため古からの湯治場だったそうです。
現在は何処が重曹含有量日本一なにか聞きましたが分からないとのこと。
そして以前は『お湯は日本一でも番頭から飯炊き下女まで態度が悪くて客と喧嘩が絶えなくて地元の者もあんまり浸かりに来んかった』と笑い交じりにお話の上手なおじさんでした。
今は、僕の印象では、どの従業員の方の接遇も良かったです。
HP:http://www.sasakura-onsen.com/hotspring/

非圧雪主義【シャルマン火打スキー場】
HP:http://charmant-hiuchi.jp/informations/

糸魚川市観光協会
HP:http://www.itoigawa-kanko.net/

2017年 糸魚川市の人気観光スポット ランキング 10選 【定番から穴場まで】
HP:https://www.tripadvisor.jp/Attractions-g1021359-Activities-Itoigawa_Niigata_Prefecture_Chubu.html

糸魚川市でみんながオススメする人気グルメ20選
HP:https://retty.me/area/PRE15/city/15216/
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

笹倉温泉横の放山林道除雪最終地から歩き始めます
2017年03月20日 06:31撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹倉温泉横の放山林道除雪最終地から歩き始めます
林道横断点から烏帽子岳・阿彌陀山
2017年03月20日 06:53撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道横断点から烏帽子岳・阿彌陀山
1
林道を横断して杉樹林に入って行きます。ワカンの残トレースいっぱい。このワカントレースの正体は…
2017年03月20日 06:56撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横断して杉樹林に入って行きます。ワカンの残トレースいっぱい。このワカントレースの正体は…
間伐なのか除伐なのか杉の伐採あり
2017年03月20日 11:01撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間伐なのか除伐なのか杉の伐採あり
大量のワカントレースの正体は林業従事者の方々のモノでした
2017年03月20日 07:21撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大量のワカントレースの正体は林業従事者の方々のモノでした
林業従事者の方々の雪の休憩所跡
2017年03月20日 10:55撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業従事者の方々の雪の休憩所跡
杉樹林を抜け振り返ると標高722mピークが望めます
2017年03月20日 07:29撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉樹林を抜け振り返ると標高722mピークが望めます
標高832mピーク手前。
2017年03月20日 07:33撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高832mピーク手前。
標高832mピーク付近から標高1072mピークを望んで
2017年03月20日 07:39撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高832mピーク付近から標高1072mピークを望んで
西側の展望素敵です
2017年03月20日 07:41撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の展望素敵です
1
灌木沿いに登っていきます
2017年03月20日 07:54撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木沿いに登っていきます
1
標高1072mピーク手前
2017年03月20日 08:12撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1072mピーク手前
2
標高1072mピークからでも最高の展望
2017年03月20日 08:17撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1072mピークからでも最高の展望
1
西頸城の峰々
2017年03月20日 08:18撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西頸城の峰々
1
北には鉾ヶ岳・権現岳
2017年03月20日 08:20撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北には鉾ヶ岳・権現岳
2
放山の稜線が見えます。
2017年03月20日 08:20撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山の稜線が見えます。
1
放山平に。霧氷があれば最高のロケーションでしょうね。最後の登りです
2017年03月20日 08:49撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山平に。霧氷があれば最高のロケーションでしょうね。最後の登りです
放山稜線にでました
2017年03月20日 08:53撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山稜線にでました
1
笹倉温泉からなだらかルートを振り返って
2017年03月20日 09:12撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹倉温泉からなだらかルートを振り返って
1
稜線部は南東に伸びています
2017年03月20日 09:10撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線部は南東に伸びています
クラックあり。雪庇に近づくなかれ!
2017年03月20日 09:10撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラックあり。雪庇に近づくなかれ!
北には鉾ヶ岳・権現岳
2017年03月20日 09:01撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北には鉾ヶ岳・権現岳
日本海見えず
2017年03月20日 09:01撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海見えず
放山(標高1189.4m)
この霞でこの展望。素敵です
南に火打・焼山
2017年03月20日 09:13撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山(標高1189.4m)
この霞でこの展望。素敵です
南に火打・焼山
1
空沢尾根から伸びる火打山
2017年03月20日 09:14撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空沢尾根から伸びる火打山
雷菱から火打山頂から影火打まで

削除候補
2017年03月20日 09:15撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷菱から火打山頂から影火打まで

削除候補
1
火打山(標高2461.8m)ピーク
2017年03月20日 09:15撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山(標高2461.8m)ピーク
1
影火打山(標高2384m)
2017年03月20日 09:15撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影火打山(標高2384m)
放山からは焼山(三百名山)が主峰な展望
2017年03月20日 09:20撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山からは焼山(三百名山)が主峰な展望
新潟焼山
2017年03月20日 09:16撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟焼山
1
全国47の常時観測火山の一つ焼山
2017年03月20日 09:16撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全国47の常時観測火山の一つ焼山
1
焼山(標高2400.8m)
2017年03月20日 09:16撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山(標高2400.8m)
西に頸城の峰々
2017年03月20日 09:16撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に頸城の峰々
海谷山塊まで遠望できます
2017年03月20日 09:17撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海谷山塊まで遠望できます
高松山(標高1725m)
2017年03月20日 09:16撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高松山(標高1725m)
昼闇山(標高1840.9m)
2017年03月20日 09:17撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼闇山(標高1840.9m)
鉢山(標高1575m)
2017年03月20日 09:18撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢山(標高1575m)
鞍部奥に根知川駒ヶ岳(標高1487.4m)
2017年03月20日 09:18撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部奥に根知川駒ヶ岳(標高1487.4m)
双耳峰の根知川駒ヶ岳
2017年03月20日 09:18撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰の根知川駒ヶ岳
前烏帽子岳から阿彌陀山
2017年03月20日 09:19撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前烏帽子岳から阿彌陀山
双耳峰な阿彌陀山(標高は北峰:1511m)
2017年03月20日 09:19撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰な阿彌陀山(標高は北峰:1511m)
1
烏帽子岳(標高1450.5m)
2017年03月20日 09:20撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳(標高1450.5m)
南東に火打山系
2017年03月20日 09:21撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東に火打山系
西に上越・妙高山系
2017年03月20日 09:21撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に上越・妙高山系
手前の1366mピークが特徴的な大毛無山(標高1428.9m)
2017年03月20日 09:22撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の1366mピークが特徴的な大毛無山(標高1428.9m)
不動山(標高1430.1m)
2017年03月20日 09:22撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動山(標高1430.1m)
容雅山(標高1498.5m)
2017年03月20日 09:22撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
容雅山(標高1498.5m)
空沢尾根から西に西飛山ダムへの丸倉谷斜面が美しい
2017年03月20日 09:23撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空沢尾根から西に西飛山ダムへの丸倉谷斜面が美しい
2
放山稜線かクロ沢斜面も美しい
2017年03月20日 09:23撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山稜線かクロ沢斜面も美しい
下山時に焼山から西火口から噴煙確認
2017年03月20日 10:19撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時に焼山から西火口から噴煙確認
1
セッケイカワゲラ
2017年03月20日 11:08撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セッケイカワゲラ
1
雪から顔を出す田んぼ
2017年03月20日 11:21撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪から顔を出す田んぼ
田んぼに写る斜面
2017年03月20日 11:24撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田んぼに写る斜面
次回の取り付き覚え
標高832mを目指す
2017年03月20日 11:23撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次回の取り付き覚え
標高832mを目指す
笹倉温泉『龍雲荘』美人の湯
2017年03月20日 11:50撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹倉温泉『龍雲荘』美人の湯
お湯掛け薬師像
2017年03月20日 11:50撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お湯掛け薬師像
第二静山荘横の林道から下山
2017年03月20日 11:58撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二静山荘横の林道から下山
スノーシュー破損個所撮影。リベットはずれ。刃部分に亀裂あるので有料であろう。
2017年03月22日 08:43撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシュー破損個所撮影。リベットはずれ。刃部分に亀裂あるので有料であろう。
4/23 修理完了。現行の赤い刃に交換。個性的なスノーシューになった。現行のベルトにも交換されて修理交換代は税込み13.338円。
2017年04月26日 17:19撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4/23 修理完了。現行の赤い刃に交換。個性的なスノーシューになった。現行のベルトにも交換されて修理交換代は税込み13.338円。
静穏な雪丘山行
ありがとうございました
放山さん
2017年03月20日 09:00撮影 by CX4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静穏な雪丘山行
ありがとうございました
放山さん
1
撮影機材:

感想/記録

今年の春分の日は20日(月)
どのお山に登ろうか・・・・唐松もいいし、西穂も捨てがたい、荒島へも行ってみたい。この何日も前からの山行選定が楽しい。そんな中
今回は以前から惹かれる魅力的な頸城北部の雪山へ行ってみよう。

山スキーの記録から情報収集し、なんども何度もPaper Routefindingしている頸城北部の峰々。希望は笹倉温泉を起点に焼山北面台地から登り空沢山に登り放山に下りる周回ルート。しかし、時期や積雪状況によっては火打川や空沢の渡渉が必要かもしれないし全行程でのラッセル状況も予測付かないので、初山域で登頂確率の高いと考えられる笹倉温泉〜放山〜空沢山のピストン日帰り山行。そこで今回、温めていた山行計画『放山・空沢山』への山行を発動しました。

6時10分に笹倉温泉『龍雲荘』の日帰り入浴用の第二駐車場に着きました。自分が到着した時には山スキーの方2組4名が準備中で2組とも焼山北面台地から影火打への予定だと。僕も準備を済ませて出発。直ぐに多くのワカンの残トレースあり19日・20日の連休でかなり多くの登山者さんが放山方面へ登られたのかと思っていました。しかしそのワカンの残トレースの正体は林業従事者の方々の杉の間伐作業に入るワカンの残トレースでした。
標高標高832m付近まで杉の樹林帯、832mからは灌木帯で西に阿彌陀山、烏帽子岳を右手にみながら火打や焼山を望みながら標高1072mピークへ進む。きっと放山稜線手前のかつら谷平の灌木帯で霧氷が見られたなら美しいだろうなぁ〜っと考えながら放山稜線にでました。稜線上で周囲の写真を撮っていると右のスノーシューの上りが悪く右足が突っかかって転びそうになるのでスノーシューを外してみると刃先部分のリベットが4か所取れておりビンディングとスノーシュー自体が解離している。左のスノーシューも確認してみると一か所リベットが破損し外れている。
これでスノーシューは使えない。積雪期の登攀トラブルは怖いです。予備にいつも持参しているEVERNEWの10本刃アイゼンを装着するがちょっと10本刃では心もとない感は否めません。『空沢山までの稜線行けるかな・・・』思案し一旦、放山方面へアイゼンで歩行してみると雪庇を避けてちょっと灌木側を歩くと股下まで踏み抜くことあるので、未知のrouteで無理はしません。今回はここまで放山稜線で終了と決定です。
九時半過ぎと時間も早くまだお腹も減っていなかったので放山Caféしながら大好物の山座同定。初めて目にする山塊風景に興奮でした。
10時頃よりシャルマンから登って来られた登山者さんの姿が見え始め、名残惜しいのですが下山。下山は連日の好天もあってか10時過ぎで足ツボだとガシガシ踏み抜く、踏み抜いては引っ張り上げの繰り返し汗びっしょりの下山となりました。

 放山稜線からこの春霞の濃い中でこれだけの展望は素晴らしい。展望は北から独峰の左奥に鉾ヶ岳、手前に大きく見える突鶏峰の右肩にちょこんと権現岳。東に大毛無山・不動岳、容雅岳、そして火打山と続く。火打山の右肩に見えるのは影火打。そしてこの展望の中で圧倒的な存在感を示すのは焼山です。山容は穂高連峰の焼岳と似ています。今回は踏むことの出来なかった空沢尾根上にある空沢山。西には高松山、昼闇山、鉢山、双耳峰の阿彌陀山、烏帽子岳・前烏帽子岳が連なる。そして天気が良ければ上早川地区の向こうに日本海が遠望できるでのしょう。
初山塊・初ルートは面白い。スノーシュートラブルに遭った事は御愛嬌。空沢山は次回の残しておきます。
静穏な雪丘山行
ありがとうございました
放山さん






 


訪問者数:317人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ