また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1091062 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

春の杣添尾根を歩く

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場近辺はアイスバーン状態です。要スタッドレスorチェーン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
1時間1分
合計
7時間18分
S海ノ口自然郷 横岳登山口07:5308:18東屋08:2508:31沢の木橋09:26「ここが中間点」標識09:2710:34横岳展望地点10:3511:22横岳(三叉峰)11:2311:31無名峰11:39横岳(奥ノ院)12:2112:32無名峰12:3312:43横岳(三叉峰)12:4713:34横岳展望地点13:3513:54「ここが中間点」標識13:5514:28東屋14:2914:50海ノ口自然郷 横岳登山口14:5115:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無し
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 時計 サングラス ストック カメラ

写真

東屋付近
2017年03月20日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋付近
万歩計による中間地点
2017年03月20日 09:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万歩計による中間地点
樹林帯を超えて
2017年03月20日 11:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を超えて
三又峰の直下
2017年03月20日 11:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三又峰の直下
硫黄岳方面を望む
2017年03月20日 11:51撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面を望む
ようやく役に立ったピッケル
2017年03月20日 11:56撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく役に立ったピッケル
山頂にいた小鳥
2017年03月20日 12:02撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にいた小鳥
1
阿弥陀岳と北岳
2017年03月20日 12:17撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳と北岳
1
シュカブラ
2017年03月20日 12:39撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ
1
山頂直下
2017年03月20日 13:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下
撮影機材:

感想/記録
by yatchi

5年振りの投稿ですΣ(°Д°;

杣添尾根は先日(3/16-17)も行ったが数年振りの山歩きで2500m以上に行けなかったので今度は日帰り装備で向かった。

今回は天気も良く道も積雪直後では無い為、歩き易かった。
また、先日途中まで登ったのでコースもしっかり把握していた。

3連休なのに最終日だからか駐車場はガラガラ。やはりマイナーなコースみたいです。
このコースの最大の難所は別荘地から登山口までの区間だと思う。
変に車道を歩くと迷ってしまいそうです。
素直に登山道入り口から森の中を歩いた方が良いと思います。

出発から東屋の先の登山口までは朝のうちは雪も締まっていて歩き易く登山口から先もアイゼンがしっかり効き歩き易い。
登山口から暫くは急斜面を登る感じ。
しかし、暫くすると斜度はなだらかになり明るい樹林帯を歩く。
天気が良いので樹林帯の中とは言え明るい春の雰囲気でいっぱい!
先日は曇りだった為か非常にくらーい雰囲気でした・・・(-_-;)

先日のテント装備だと荷物は19kgだったが今日は日帰りなので10kgしかない。
軽い!歩くのが楽ちん。
それでも、やはりカメラが重い。三脚が無くてもカメラ関係だけで3kg程になる。

途中、2人組の登山者がいた。
相手が休憩しているとこちらが先行しこちらが休憩すると相手が先行する感じでした。
2400m地点に先日幕営した場所でストックからピッケルに持ち替えて登った。

その後、地元の人らしい登山者に会い山頂の様子を聞いた。
道の事や風の事を教えてくれた。
風も弱く危険箇所も特に無いようだ。
今日の杣添尾根は6人しか来ていないらしい。
貴重な情報をありがとう!助かりました。

樹林帯を超えると雪山らしい景観になり俄然やる気になる。
本当にここの景色はサイコー!!
歩いていて楽しい景色。
左手に赤岳、右手には硫黄岳を見ながら歩けます。
雪面には小さいけれどシュカブラが出来ていて飽きません。

三又峰直下の登りは意外と急斜面でした。
アイゼンが効かないような状態だと怖いと思う。
でも、今日はアイゼンもしっかり効き何の問題も無く登れた。

雪の状態も凍結する事も無く歩き易い状態でした。
風もほぼ無風でまさに春山と言ったところ。
日も射しており暖かかったので山頂でノンビリ景色を堪能できた。

横岳は初めて登ったが素晴らしい景観が楽しめる。
天気も良かったので南アルプスも良く見えた。
途中、ヘリがキレットの辺りでホバリングしていたが何かあったのだろうか?
何度もその辺りを周回していた。

下りは三又峰の直下だけ急斜面でしたがアイゼンも効き特に危険な場所も無い。

樹林帯に入る頃には気温も上がり、所々踏み抜き地獄にハマる事もあった。
これからのシーズンは雪も腐ってくるので帰る頃はしんどいかも知れません。
特に登山口から駐車場までの区間はグサグサ雪になります。

杣添尾根は長い長いとは言うが新雪さえ無ければさほど時間を掛けずに登る事が出来、景色も良くとても良いコースです。
また、静かな山行を楽しむには良い場所です。
訪問者数:570人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ