また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1091134 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

戸倉山

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間25分
休憩
50分
合計
3時間15分
S戸倉山キャンプ場09:3510:40金明水10:4510:55戸倉山(西峰)11:0011:10戸倉山11:4511:55戸倉山(西峰)12:0012:05金明水12:50戸倉山キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
合計距離: 4.95km
累積標高(上り): 587m
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

3連休2日目の今日は、南と中央の真ん中辺りにある戸倉山に登ります。
戸倉山キャンプ場の利用者(いたのか?)と登山客で自分を含めて4台の車がありました。
2017年03月19日 09:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3連休2日目の今日は、南と中央の真ん中辺りにある戸倉山に登ります。
戸倉山キャンプ場の利用者(いたのか?)と登山客で自分を含めて4台の車がありました。
車でここまで来ましたが、途中で路上に戸倉山キャンプ場の案内板がいくつも立てられていたので、迷う事はないと思います。
2017年03月19日 09:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車でここまで来ましたが、途中で路上に戸倉山キャンプ場の案内板がいくつも立てられていたので、迷う事はないと思います。
駐車場から2,3分で登山口です。
いざ出発!
2017年03月19日 09:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から2,3分で登山口です。
いざ出発!
「山はみんなの宝物」
いい言葉です。
伊那地方だけで百名山ができちゃうんですね〜。
2017年03月19日 10:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山はみんなの宝物」
いい言葉です。
伊那地方だけで百名山ができちゃうんですね〜。
山頂までのルートは一つだけだとばかり思っていましたが、あと他に2つのルートがあるみたいです。
2017年03月19日 10:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までのルートは一つだけだとばかり思っていましたが、あと他に2つのルートがあるみたいです。
5合目まで登ってきました。
合数の表示がここから出てきます。
2017年03月19日 10:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目まで登ってきました。
合数の表示がここから出てきます。
5合目を過ぎると雪が出てきます。
2017年03月19日 10:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目を過ぎると雪が出てきます。
なんと滝が2ケ所もあるとは!
沢を下ることになりそうなので今回は行きません。
2017年03月19日 10:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと滝が2ケ所もあるとは!
沢を下ることになりそうなので今回は行きません。
確か、7合目あたりに東屋がありました。
その裏には・・・
2017年03月19日 10:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確か、7合目あたりに東屋がありました。
その裏には・・・
金明水、水場です。
こんな稜線の上で水が汲めるなんて有難いです。
この日は出てませんでしたが。
2017年03月19日 10:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金明水、水場です。
こんな稜線の上で水が汲めるなんて有難いです。
この日は出てませんでしたが。
ここから先は真ん中の薮の中ような感じの道を進みます。
自分は間違えて、その左のもっと狭い薮の中を進んでしまいました。
2017年03月19日 12:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は真ん中の薮の中ような感じの道を進みます。
自分は間違えて、その左のもっと狭い薮の中を進んでしまいました。
この時期はもう雪は降らないからか、残雪が凍っている所ばかりでした。
登りではアイゼン装着はまだ我慢。
2017年03月19日 10:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期はもう雪は降らないからか、残雪が凍っている所ばかりでした。
登りではアイゼン装着はまだ我慢。
上を見ると何か看板みたいなのが立っています。
山頂か?
2017年03月19日 10:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を見ると何か看板みたいなのが立っています。
山頂か?
着きました〜!戸倉山西峰です。
樹林帯の裏に行けば中央アルプスの山々の眺望が・・・
2017年03月19日 10:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました〜!戸倉山西峰です。
樹林帯の裏に行けば中央アルプスの山々の眺望が・・・
2
・・・中央ア、ほとんど見えません。
2017年03月19日 11:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・中央ア、ほとんど見えません。
1
こんな感じで見渡せるみたいですが。
2017年03月19日 11:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで見渡せるみたいですが。
現地でも全く見えませんでしたorz
2017年03月19日 11:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現地でも全く見えませんでしたorz
西側の眺望がイマイチなので東峰まで行ってみます。
2017年03月19日 11:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の眺望がイマイチなので東峰まで行ってみます。
コルの部分に避難小屋がありました。
こんな低い山でもしっかりしてますね〜。
2017年03月19日 11:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルの部分に避難小屋がありました。
こんな低い山でもしっかりしてますね〜。
微妙に東峰の方が雪が多いです。
まだアイゼンなしで頑張って登ります。
2017年03月19日 11:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙に東峰の方が雪が多いです。
まだアイゼンなしで頑張って登ります。
東峰が見えてきました!
2017年03月19日 11:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰が見えてきました!
1
戸倉山東峰です。
こっちの方が10mくらい高いです。
2017年03月19日 11:10撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸倉山東峰です。
こっちの方が10mくらい高いです。
こっちからは南アルプスがよく見えるハズなんだけど・・・
2017年03月19日 11:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちからは南アルプスがよく見えるハズなんだけど・・・
1
一応、仙丈ヶ岳を撮ってみましたが、微妙すぎますね〜。
肉眼ではもっとハッキリ見えました。
2017年03月19日 11:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、仙丈ヶ岳を撮ってみましたが、微妙すぎますね〜。
肉眼ではもっとハッキリ見えました。
1
三角点。一等賞です。
富士山に勝ったね。標高ではダブルスコアで完敗ですが。
2017年03月19日 11:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点。一等賞です。
富士山に勝ったね。標高ではダブルスコアで完敗ですが。
1
山頂では珍しくお湯を沸かしてお昼ごはん。
眺めが良いと評判だったので、景色をのんびり楽しもうと思ったんですけどね。
2017年03月19日 11:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂では珍しくお湯を沸かしてお昼ごはん。
眺めが良いと評判だったので、景色をのんびり楽しもうと思ったんですけどね。
「山はみんなの宝物」の所まで戻ってきました。
あちこちで分かれ道が出来ていますが、どの道を通っても最終的には合流しますので、迷う必要はないと思います。
2017年03月19日 12:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山はみんなの宝物」の所まで戻ってきました。
あちこちで分かれ道が出来ていますが、どの道を通っても最終的には合流しますので、迷う必要はないと思います。
駐車場まで戻ってきました。
この後は、駒ヶ根名物ソースかつ丼を食べに市街へと向かいました。
2017年03月19日 12:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場まで戻ってきました。
この後は、駒ヶ根名物ソースかつ丼を食べに市街へと向かいました。

感想/記録

3連休2日目の今日は、信州の戸倉山へ。

伊那富士の異名をとるほどなので山容が立派なのだろうが、自分の今回の目的としては中央・南の両アルプスを眺めること。
戸倉山は伊那谷やや北部に位置し、東西双方に両アルプスの峰々が連なっているというロケーション。
北アルプスの蝶・常念や、南アルプスの鳳凰などのような、自分の大好きな“山を眺める山”と見定めこの山に照準を定めた。

しかし、さほど知名度的に高いわけでもなく往復で3時間ほどで登れてしまう小さい山ゆえ、気になってはいたものの二の足を踏むことが続いていたが、今回の連休で前日に静岡に足を延ばしたこともきっかけとなり、そのまま北上してみることにした。

前日は静岡の温泉施設でビールを飲み、朝4時過ぎに起床。高速を走らせて9時過ぎに登山口に到着したのだが、これがいけなかった。
長距離移動があったので仕方がないが、スタート時間が遅すぎて期待していた眺望が得られず、写真の通り残念な景色ばかり・・・

天気が良い日は午前中の早い時間帯に展望ポイントにつかないと朝露などの湿気が気温の上昇とともに上空に上がってきてしまい、スカッとした景色が得られないことがよくある。

別ルートには滝も見られるし、東峰の先にはトレースもできていた。
また、何かの機会に再度訪ねてみたいと思う。
訪問者数:575人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/16
投稿数: 2117
2017/3/23 21:41
 早出が基本なんですね
こんばんは。
遠征お疲れさまでした。
南信州の展望の山は陣馬形山、大川入山は知ってましたが戸倉山は初めて知りました。
伊那谷周辺は展望が素晴らしいです。
中央道走っていても右見たり左見たり、中央アルプスはあるわ南アルプスはあるわで脇見運転してばかりです

この時期は冷え込まない限り遠くの展望の期待は持てませんね。
甲斐駒から北岳でさえももやってました。
登録日: 2013/5/12
投稿数: 69
2017/3/23 22:39
 Re: 早出が基本なんですね
トムさん、まいどです。

この時期は木などに付いた湿気が凍らずに夜になっても液体のままだから、すぐに靄がかかってしまうのではないかと。
2月頃なら水滴が凍ってしまって蒸発するのに時間がかかるから、遅い時間帯でも見晴らしが良い気がします。かなりテキトーな考察ですが。

伊那谷周辺に住んでいる人は本当にウラヤマですね〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ