また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1092684 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

大同心稜から大同心の頭、硫黄岳

日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、のちうす曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘まで車、轍は深いです
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
2時間9分
合計
7時間49分
S赤岳山荘05:5506:01美濃戸山荘06:39堰堤広場07:20赤岳鉱泉07:4407:52大同心沢(大同心ルンゼ)分岐07:5809:10大同心10:0510:23台座ノ頭10:2810:52硫黄岳山荘11:14硫黄岳11:1712:04ジョウゴ沢12:08大同心沢(大同心ルンゼ)分岐12:14赤岳鉱泉12:5013:16堰堤広場13:39美濃戸山荘13:44赤岳山荘13:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岩の頭で雪崩が登山道を横切った跡があったらしい。確かに雪庇が発達していて注意して通るべきか。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 バラクラバ 毛帽子 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル 行動食 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ヘルメット ストック
備考 ツェルト、念のため。

写真

さて、出発です。春なのでもう明るくなっている。
2017年03月25日 05:55撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、出発です。春なのでもう明るくなっている。
北沢をたんたんと歩いて赤岳鉱泉に到着。
2017年03月25日 07:20撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢をたんたんと歩いて赤岳鉱泉に到着。
準備中の方々。
2017年03月25日 07:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備中の方々。
1
大同心稜、ところどころ雪が膝下くらいまで。
2017年03月25日 09:03撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心稜、ところどころ雪が膝下くらいまで。
2
大同心と小同心、今日も間のルンゼを行く。
2017年03月25日 09:05撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心と小同心、今日も間のルンゼを行く。
1
大同心の脆そうな岩。
2017年03月25日 09:11撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心の脆そうな岩。
後ろは絶景、中央アルプスから御嶽、乗鞍まで。
2017年03月25日 09:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろは絶景、中央アルプスから御嶽、乗鞍まで。
2
こちらは北アルプス。槍穂がはっきりと。
2017年03月25日 09:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは北アルプス。槍穂がはっきりと。
大同心のルートのとりつき。たぶん正面右ルートか。
2017年03月25日 09:28撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心のルートのとりつき。たぶん正面右ルートか。
1
ルンゼへのトラバースの支点か。トラバース、岩雪ミックスで結構ビビる。
2017年03月25日 09:33撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼへのトラバースの支点か。トラバース、岩雪ミックスで結構ビビる。
1
結構残置がある。
2017年03月25日 09:41撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構残置がある。
1
この短いトラバースも慎重に。。
2017年03月25日 09:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この短いトラバースも慎重に。。
1
左側を上がっていくと、テラスに出る。
2017年03月25日 09:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側を上がっていくと、テラスに出る。
1
大同心の脆そうな岩、その2。
2017年03月25日 09:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心の脆そうな岩、その2。
核心を抜けて一服。
2017年03月25日 09:49撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心を抜けて一服。
2
テラスの支点。ここまで来たら一安心。
2017年03月25日 09:49撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスの支点。ここまで来たら一安心。
1
ここから先は適当に。
2017年03月25日 09:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は適当に。
1
大同心の頭に到着。迫力ある景色。
2017年03月25日 10:02撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心の頭に到着。迫力ある景色。
1
硫黄岳方面はゆるやか。
2017年03月25日 10:02撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面はゆるやか。
稜線からの大同心。
2017年03月25日 10:09撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線からの大同心。
1
硫黄岳へ向かいます。
2017年03月25日 10:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳へ向かいます。
横岳、赤岳、権現岳、阿弥陀岳が揃い踏む。
2017年03月25日 11:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳、赤岳、権現岳、阿弥陀岳が揃い踏む。
1
爆裂火口に到着。
2017年03月25日 11:15撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂火口に到着。
1
北八ツも。
2017年03月25日 11:15撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ツも。
2
頂上の標識。
2017年03月25日 11:17撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の標識。
4
赤岩の頭。
2017年03月25日 11:22撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭。
このあたりからの写真はバランス良い配置になる。
2017年03月25日 11:22撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりからの写真はバランス良い配置になる。
1
振出しに戻る。
2017年03月25日 12:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振出しに戻る。
1200過ぎの赤岳鉱泉、まだ静か。
2017年03月25日 12:18撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200過ぎの赤岳鉱泉、まだ静か。
インドカレー、ガラムマサラの味がしました。
2017年03月25日 12:23撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インドカレー、ガラムマサラの味がしました。
アイスキャンディーもこの週末まで?
2017年03月25日 12:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディーもこの週末まで?
お、駐車場の横にもあるんだ!
2017年03月25日 13:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、駐車場の横にもあるんだ!
撮影機材:

感想/記録

久しぶりの山行なので慣れた八ヶ岳へ。
普通に登っても何なので、ひとりで行けるバリエーションルートである大同心稜を上がる。沢への分岐から稜線ルートへ分岐するところで一度行き過ぎてしまった。
昨年のまったく同じ日に行った大同心稜は二度目。でも、一度目よりも難しく感じた。メンタルとかコンディションで印象は変わるものらしい。
上半身=ナノエアライト+メリノエア、下半身=ハードシェル+ナノエアライト+メリノエアで行動していたが、稜線に出て硫黄岳方面から上ってきた方とすれ違いで会話したとき、口がうまく動かないことに気づき、慌ててハードシェルを羽織る。風が弱いのであまり寒く感じなかったが、実際にはとても寒い日だったようだ。歳で寒さも感じなくなったのかと思うと鬱。
帰りのことだが、半ズボン+トレランシューズ+チェーンスパイクで登ってくるトレラン愛好家の白人を見てその耐寒力に驚いた。
訪問者数:403人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ