また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1094038 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

雨の東京を脱出!安達太良山へ

日程 2017年03月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇/雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
郡山駅〜あだたら高原スキー場、シャトルバスを利用。(片道1200円、要予約)
[行き] 9:10 郡山駅発 → 10:30 スキー場着(今シーズン最終便?)
[帰り] 17:00 スキー場発 → 18:20 郡山駅着

スキー場まで路面上の積雪無し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
19分
合計
3時間34分
S奥岳登山口10:3211:31五葉松平11:40薬師岳11:4312:07仙女平分岐12:41安達太良山12:5713:30五葉松平14:06奥岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今日は堅く締まった雪質だったのでトレース上は歩きやすく、上り下りともアイゼン不要だった。ただ、スキー場内の林の中は明確なトレースが無く結構沈むので、わかん/スノーシューがあったほうが楽だと思う。
その他周辺情報バス待ち時間の間「あだたら山 奥岳の湯」を利用。(600円)
http://www.adatara-resort.com/ski/faciliti.stm#okudake
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

バス3,4番乗り場の間のチケット売り場で乗車券を購入。事前予約が必要でしたが前日でも間に合い、席はガラガラでした。
2017年03月26日 08:54撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス3,4番乗り場の間のチケット売り場で乗車券を購入。事前予約が必要でしたが前日でも間に合い、席はガラガラでした。
スキー場到着。曇天ですが薬師岳がはっきり見えて微風。予想していたより良い山行になりそう。
2017年03月26日 10:26撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場到着。曇天ですが薬師岳がはっきり見えて微風。予想していたより良い山行になりそう。
2
ペガサスコース沿いに登山道入口あり。
2017年03月26日 10:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペガサスコース沿いに登山道入口あり。
1
くろがね小屋方面分岐の手前で、ゲレンデ方面に向かうトレースを辿る。
2017年03月26日 10:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋方面分岐の手前で、ゲレンデ方面に向かうトレースを辿る。
注意してゲレンデを渡り、シリウスコースを右手に見ながら、ゴールドラインリフト沿いの林を直登。
2017年03月26日 10:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意してゲレンデを渡り、シリウスコースを右手に見ながら、ゴールドラインリフト沿いの林を直登。
1
ようやくリフト降り場まで到達。林の中は足が結構沈んだので、素直にわかん履いておけば良かったかも。
2017年03月26日 11:04撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくリフト降り場まで到達。林の中は足が結構沈んだので、素直にわかん履いておけば良かったかも。
1
ゲレンデ上からいい景色。
2017年03月26日 11:06撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ上からいい景色。
1
リフト降り場から先が少し分かりづらかったが急斜面の直登が正解。赤いテープが見つからない場合は間違いなので注意。
2017年03月26日 11:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト降り場から先が少し分かりづらかったが急斜面の直登が正解。赤いテープが見つからない場合は間違いなので注意。
五葉松平に出て、急斜面は一段落。
2017年03月26日 11:23撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五葉松平に出て、急斜面は一段落。
1
ガスガスかと思いきや、篭山や荒竜岩方面が綺麗に見えた。
2017年03月26日 11:35撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスかと思いきや、篭山や荒竜岩方面が綺麗に見えた。
1
薬師岳展望台。さすがに安達太良山方面は真っ白。
2017年03月26日 11:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳展望台。さすがに安達太良山方面は真っ白。
1
今日はまったく景色を期待していなかったので、これだけでも満足ですわ〜。
2017年03月26日 11:39撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はまったく景色を期待していなかったので、これだけでも満足ですわ〜。
1
この銘文の由来は気になる。
2017年03月26日 11:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この銘文の由来は気になる。
1
トレースに沿ってさらに進む。
2017年03月26日 11:45撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースに沿ってさらに進む。
1
所々急斜面があるので頑張って登る。風が少し強くなってきた。
2017年03月26日 12:05撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々急斜面があるので頑張って登る。風が少し強くなってきた。
この先はガスガスなので最後に振り向いて景色を楽しむ。
2017年03月26日 12:21撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はガスガスなので最後に振り向いて景色を楽しむ。
1
ホワイトアウトに突入して足下のトレースだけが頼り。歩く毎に精神が削られていく。
2017年03月26日 12:33撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトに突入して足下のトレースだけが頼り。歩く毎に精神が削られていく。
くろがね小屋方面の分岐。山頂は300m程らしい。
2017年03月26日 12:37撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋方面の分岐。山頂は300m程らしい。
1
と思って50m程進んだら到着?もう今日はここがゴールでもいいかな。
2017年03月26日 12:41撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思って50m程進んだら到着?もう今日はここがゴールでもいいかな。
1
とりあえず22座目ということでよろし?
2017年03月26日 12:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず22座目ということでよろし?
3
周りはだれもおらず荒涼とした景色。強風ではないけど風が冷たい。
2017年03月26日 12:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りはだれもおらず荒涼とした景色。強風ではないけど風が冷たい。
1
エビのしっぽ。
2017年03月26日 12:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビのしっぽ。
2
この上がピークの乳首なんだけど、トレース不明瞭&視界不良でどこを登ればいいのか分からなかったので断念。次回におあずけ。
2017年03月26日 12:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上がピークの乳首なんだけど、トレース不明瞭&視界不良でどこを登ればいいのか分からなかったので断念。次回におあずけ。
いつのまにか吹雪いてきたので、逃げるように下山するよっ!
2017年03月26日 13:12撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつのまにか吹雪いてきたので、逃げるように下山するよっ!
ゲレンデ上部まで戻って一安心。深雪は疲れるのでゲレンデの端でも通ろうかなと思っていると、リフト係員から一言「林の中を通行願います〜」
2017年03月26日 13:38撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ上部まで戻って一安心。深雪は疲れるのでゲレンデの端でも通ろうかなと思っていると、リフト係員から一言「林の中を通行願います〜」
1
せっかくなのでわかん履いてゲレンデ左手の林の中を駆け下りる。たーのしー。
2017年03月26日 13:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなのでわかん履いてゲレンデ左手の林の中を駆け下りる。たーのしー。
1
なにかの妖怪ぽい。
2017年03月26日 14:00撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにかの妖怪ぽい。
2
パトロールセンターまで戻ってきてミッション終了。
2017年03月26日 14:05撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パトロールセンターまで戻ってきてミッション終了。
1
山の上は既に真っ白。いいタイミングで登ることが出来ました。
2017年03月26日 15:09撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上は既に真っ白。いいタイミングで登ることが出来ました。
1
バスまでの時間つぶしに"奥岳の湯"。露天風呂からの雪景色が絶景。
2017年03月26日 15:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスまでの時間つぶしに"奥岳の湯"。露天風呂からの雪景色が絶景。
1
レストハウスの入口にストーブがあり、他のスキー客も少なかったので濡れた物を乾かしておけました。
2017年03月26日 16:06撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウスの入口にストーブがあり、他のスキー客も少なかったので濡れた物を乾かしておけました。
1
帰りのバスが到着。乗車券はリフト券売り場で購入可能。
2017年03月26日 16:49撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのバスが到着。乗車券はリフト券売り場で購入可能。
2
撮影機材:

感想/記録

天気が良かった土曜日は私用で出られず、日曜日は雨予報。桜の時期は少し先なので今週末はつまんないな〜・・・と思いながら山天気サイト見ていると、気になっていた安達太良山の天気が日曜にA/B判定となって、今シーズン最後のスキー場行きシャトルバスの予約も取れたので、急遽行ってくる事にしました。

朝起きて自宅周辺は既に雨なのでいきなりブルー入りましたが、まあ・・・スキー場だし駄目そうなら道具レンタルして軽く滑って温泉入って帰ろう。。。とか考えながら新幹線に乗り込むと、宇都宮を過ぎた辺りで雨は上がり、スタート地点は曇天ではあるものの天候は安定。ただし午後から天気が崩れそうなのですぐに出発です。

ゲレンデ脇の林を登って1時間程で五葉松平へ。思っていたよりガスが少なかったのでよい景色が楽しめる。仙女平の分岐を過ぎてしばらく登るとホワイトアウト突入。足下のトレースがはっきりしているので辿っていく事ができますが、精神的にきつくてくじけそうになる。
そんなこんなで、唐突に安達太良山の山頂らしきところに出ましたが、丘に登る途中のような感じで全然山頂らしくない。かすかに見える急登の先がピークらしいが、視界不良&トレース不明瞭で一人で安全に登れそうかどうか判断できなかったので今回は断念。
帰りは粉雪が舞い始め、天気が崩れてきたので大急ぎで下山。

雪山シーズンも残り少なくなってきましたが、去年よりも積雪が多いので、天気さえ良ければもう少し楽しめそう。3月最後の週末は静かな雪山行を楽しめて充実した一日となりました。
訪問者数:682人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ