また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1094413 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北ア 西穂独標 美しい稜線へ

日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候終日:快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
1.駐車場:新穂高ロープウェイ登山者駐車場(無料)
P1,P2は登山者以外の駐車、P3が登山者用無料駐車場で、若干登りの距離が
あるので、駐車スペースがあるなら先にロープウェイ乗り場まで荷物を運び、
それから駐車するのも手です。
http://kankou.city.takayama.lg.jp/_res/projects/kankou/_page_/002/000/369/map201602ver4.1.1.pdf
・この日は、7時半到着で、P3が残り5台程度でした
2.ロープウェイの料金と運行時間
(1)料金:大人往復基本@2900円
JTBの期間限定コンビニチケット事前購入で@2300円で可能
JAFカード提示で5名まで@2600円で可能
7圈祖恐甓拱券必要で、片道につき@300円で、あらかじめ購入が必要
(2)運行時間:始発(新穂高温泉駅)9:00−終発(西穂高口)16:15
この日は8:50に第1ロープウェイが増発で、9:00に第2ロープウェイ運行が
始まりました。
http://shinhotaka-ropeway.jp/price/

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
1時間0分
合計
5時間50分
S西穂高口(千石平)09:3010:30西穂山荘10:4011:00西穂丸山11:1012:35西穂独標12:5013:20西穂丸山13:45西穂山荘14:1015:20西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.コース 西穂独標ピストン登山です
2.コース状況 
(1)スタートから12爪アイゼン着用
(2)西穂高口ー西穂山荘間の午後は雪も腐っています。午前はしっかり
アイゼンも噛みますが、無くても登れます。逆に、午後は、着けていても、
いなくても、団子状態です。
(3)無雪期なら、はるか上にある、朱色の方向看板がアイレベルに。
看板から見て、積雪3m超の上を歩くので、西穂、笠どちらの方面も
眺めが違いますね。
(4)西穂山荘ー独標間は、東側に雪庇が発達しています。
(5)独標直下ー独標は、一部に、トラバース道が飛騨側に切れている部分と
雪庇の発達した、上高地側に落ちていきそうな岩場があります。登りと下りが
同一ルートをとるため、通過に時間がかかっています。折り返し時刻の設定に
よって、いらいらするかもしれませんが、特に下りは慎重に。コースタイムを
追加で、登り20分、下り10分程度を週末登山ならみておいた方がよさそうです。
(6)ピッケルですが、独標直下までは、なだらかな尾根のため、ポール
の方が歩きやすいでしょう。直下は岩場で、切れた部分もありますので、
山側にピッケルを指しながら、バランスをとり慎重に通過が求められる
所も出てきます。
(7)独標ーピラミッドピーク 
私たちのパーティは踏みませんでしたが、9峰ー8峰間で、本日も滑落事故
があり、岐阜県警が救助にあたっていました。
(8)西穂山荘のラーメン(昼食)
売り切れでした。行動食を持参して登るほうが、間違いがないです。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 昼ご飯 行動食 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ポール ヘルメット ハーネス カラビナ スリング
共同装備 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター ファーストエイドキット ツェルト ロープ

写真

独標ピストンなので、始発のロープウェイに乗るべく、奥飛騨温泉郷上宝の道の駅に深夜からテン泊です。
2017年03月25日 07:02撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標ピストンなので、始発のロープウェイに乗るべく、奥飛騨温泉郷上宝の道の駅に深夜からテン泊です。
朝の西穂駐車場です。風がなく快晴です。
2017年03月25日 07:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の西穂駐車場です。風がなく快晴です。
始発のゴンドラが降りてきました
2017年03月25日 07:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発のゴンドラが降りてきました
雪の壁を抜けて、登山道へ
2017年03月25日 09:29撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の壁を抜けて、登山道へ
新雪フカフカです
2017年03月25日 09:35撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪フカフカです
それにしてもすごい眺め
2017年03月25日 09:46撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもすごい眺め
西穂高の稜線から頂上を見ます
2017年03月25日 10:57撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高の稜線から頂上を見ます
稜線を登っていきます
2017年03月25日 11:00撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を登っていきます
丸山にきました
2017年03月25日 11:05撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山にきました
ピラミッドが正面に見え始めた頃、救助のためヘリのローター音が
2017年03月25日 11:10撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドが正面に見え始めた頃、救助のためヘリのローター音が
斜面捜索中です。山頂ではなく、手前です。
2017年03月25日 11:09撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面捜索中です。山頂ではなく、手前です。
ここから独標までの稜線は広いです、稜線の裏にヘリが消えました
2017年03月25日 11:11撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから独標までの稜線は広いです、稜線の裏にヘリが消えました
ヘリはピラミッドピーク付近から滑落者を救助しました。
2017年03月25日 11:19撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリはピラミッドピーク付近から滑落者を救助しました。
独標が近づくと、トラバースする岩場が出てきます
2017年03月25日 11:59撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標が近づくと、トラバースする岩場が出てきます
独標が視認できます
2017年03月25日 12:01撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標が視認できます
眼下には上高地が
2017年03月25日 12:04撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には上高地が
乗っ越しまで上がってきたので、ここでポールをピッケルへ切り替えます
2017年03月25日 12:04撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗っ越しまで上がってきたので、ここでポールをピッケルへ切り替えます
左が切れる岩稜帯を進みます
2017年03月25日 12:06撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が切れる岩稜帯を進みます
一つ目の小峰を登って降りると、ようやく独標の全容が見えますが、ここで渋滞、登るまで20分停滞しました
2017年03月25日 12:07撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目の小峰を登って降りると、ようやく独標の全容が見えますが、ここで渋滞、登るまで20分停滞しました
ようやく下りのグループが過ぎたので、登る番です
2017年03月25日 12:13撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく下りのグループが過ぎたので、登る番です
振りかえると雪山の風景も迫力が
2017年03月25日 12:15撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振りかえると雪山の風景も迫力が
人が並ぶ独標の上が見えます
2017年03月25日 12:17撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が並ぶ独標の上が見えます
なぜか雪の斜面にヘルメットが
2017年03月25日 12:17撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか雪の斜面にヘルメットが
まるで、マムートの写真のようん登る赤いグループ
2017年03月25日 12:19撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで、マムートの写真のようん登る赤いグループ
ようやく独標です。良い天気。無風です。
2017年03月25日 12:48撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく独標です。良い天気。無風です。
独標から先の風景は、やはり美しい、この先で先程の人は滑落したようです
2017年03月25日 12:34撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標から先の風景は、やはり美しい、この先で先程の人は滑落したようです
独標で誕生日の仲間を祝います。後ろに、西穂、奥穂、前穂の山嶺が神々しく
2017年03月25日 12:38撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標で誕生日の仲間を祝います。後ろに、西穂、奥穂、前穂の山嶺が神々しく
次回は超えてそこに行くぞー(と、いつもの願望)
2017年03月25日 12:44撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次回は超えてそこに行くぞー(と、いつもの願望)
続々、登ってきます。程よい斜面です
2017年03月25日 12:45撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々、登ってきます。程よい斜面です
登りのグループの間隙をついて降ります。下りは背面から降ります
2017年03月25日 12:48撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りのグループの間隙をついて降ります。下りは背面から降ります
登りとは違った下りの視界
2017年03月25日 12:48撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りとは違った下りの視界
一気に岩稜帯を降ります
2017年03月25日 12:56撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に岩稜帯を降ります
最後の岩をトラバースして、尾根に出ます
2017年03月25日 12:59撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩をトラバースして、尾根に出ます
映画「岳」で、小栗旬が走って降りた尾根をどんどんと
2017年03月25日 13:12撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
映画「岳」で、小栗旬が走って降りた尾根をどんどんと
下りはアイゼンも軽やかに
2017年03月25日 13:29撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはアイゼンも軽やかに
丸山まで戻ってきました
2017年03月25日 13:30撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山まで戻ってきました
振り返ると、西穂の峰が
2017年03月25日 13:39撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、西穂の峰が
西穂山荘まで戻ってきました。雪だるまが迎えてくれます
2017年03月27日 08:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘まで戻ってきました。雪だるまが迎えてくれます
西穂山荘から樹林帯へ
2017年03月25日 14:40撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘から樹林帯へ
木々の間からの峰々は白銀に光って
2017年03月25日 15:05撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間からの峰々は白銀に光って
ようやく雪の回廊まで戻って終わりです
2017年03月25日 15:23撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく雪の回廊まで戻って終わりです
下りのロープウェイからの眺めも美しかった。今日は1日最高の天気でした
2017年03月25日 15:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りのロープウェイからの眺めも美しかった。今日は1日最高の天気でした
撮影機材:

感想/記録

写真が整わず掲載が遅くなりました。西穂独標ですが、天気が良かったのと、滑落事故がこの日あったので、記録を残しておきますね。天気が、快晴無風。張り出した高気圧の影響で、夏冬通じて、これだけ晴れた日はないと言えるくらい良い天気でした。そして、さすがに独標。次々にパーティが到着して独標直下の岩場で通過渋滞が。アンザイレンで下りる人達もいたり、(確かに岩を背に、幅10cmほどのトラバース道の部分に恐怖を感じる方々もいましたが)、なぜかヘルメットも岩場の下に転がっていたり、20分停滞後に登った独標からの眺めは、やはり最高。穂高の良さが感じられる場所でした。
訪問者数:113人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ