また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098096 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

木曾駒ヶ岳 乗越浄土まで。

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ のち 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
 菅の台バス停、8時15分の始発は満員で、25分発の臨時バスでシラビ平へ。9時5分始発のゴンドラは満員で乗れず、次発の臨時便で千畳敷へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5:29自宅発―7:50菅の台バス停駐車場―8:20菅の台発―9:25シラビ平発―9:52千畳敷からカールへ―11:05乗越浄土11:24―12:06千畳敷駅
コース状況/
危険箇所等
 千畳敷、昨日の雪でモフモフ。千畳敷カールから乗越浄土へ向かうアリの行列。今日は日曜日だけどちょっと少な目のアリ。カールの底に降りて、行列の最後尾からもずっと離れて、ひとりゆっくり登ります。先行者が多いため、トレースはバッチシです。スノーシューもワカンも持ってきてはいません。アイゼンとピッケルで正解でした。ただ、ピッケルが根もとまで突き刺さり、バランスが取れなくてフ〜ラフラ。直に汗が流れだし、帽子とフリースを脱ぎます。左上を見上げると、今にも崩れそうな雪崩の破断面が見えます。カールの底から登り始めまでは雪崩の通り道になりそう。八丁坂の急坂を登り始めるまでは気になって仕様がありません。雪崩の心配が無くなると、ゼイゼイハアハアの急登。ステップが崩れてズリズリ、あ〜シンド。最後の急登を休み休み登って乗越浄土に登り着きました。
 いい天気ですが、今日は昼から天候が崩れそう。中岳までも行かずに引き返すことにしました。下りはわたしが本日一番先です。深雪に足を取られ、時々尻餅をつきながら急降下。カールの底から千畳敷ホテルまで、ゆっくり登って無事帰り着きました。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

バス停から見た木曽駒方面、今日の天気はどうかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停から見た木曽駒方面、今日の天気はどうかな?
12
ホテルの裏手から南アルプス。
2017年04月02日 19:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルの裏手から南アルプス。
14
今日は富士は見えません。
2017年04月02日 19:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は富士は見えません。
9
積雪4m40僂世修Δ任后
2017年04月02日 19:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪4m40僂世修Δ任后
11
インディゴブルーのキャンバスに輝く白き稜線。ヤッター。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インディゴブルーのキャンバスに輝く白き稜線。ヤッター。
27
雪崩の破断面が連なっています。昨日の雪で亀裂の有無は判りません。
2017年04月02日 09:48撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩の破断面が連なっています。昨日の雪で亀裂の有無は判りません。
14
少な目ですが、アリの行列。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少な目ですが、アリの行列。
14
わたしもカールの底へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わたしもカールの底へ向かいます。
7
あのブロックが崩壊しない事を願いながら、八丁坂を登り始めます。
2017年04月02日 19:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのブロックが崩壊しない事を願いながら、八丁坂を登り始めます。
13
暫く登って、雪崩の心配が無くなった所で振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く登って、雪崩の心配が無くなった所で振り返ります。
11
トレースはバッチシですが、
2017年04月02日 18:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはバッチシですが、
5
モフモフ雪は滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフ雪は滑ります。
8
ピッケルは根もとまで突き刺さり、杖の代わりにはなりません。
2017年04月02日 19:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルは根もとまで突き刺さり、杖の代わりにはなりません。
20
急登をゼイゼイハアハア。
2017年04月02日 19:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登をゼイゼイハアハア。
8
乗越が近づいて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越が近づいて来ました。
10
風で雪は飛んでいますが、結構深い。
2017年04月02日 19:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風で雪は飛んでいますが、結構深い。
5
伊那前山。
2017年04月02日 19:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那前山。
12
檜尾岳・空木岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳・空木岳方面。
16
岩峰も雪を冠っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩峰も雪を冠っています。
7
伊那谷を挟んで南アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那谷を挟んで南アルプス。
6
撮って頂きました。
2017年04月02日 19:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮って頂きました。
43
いつまでも見ていたいのですが、
2017年04月02日 19:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつまでも見ていたいのですが、
5
中岳へ登るヒト達をあとにして、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳へ登るヒト達をあとにして、
8
下りに掛かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りに掛かります。
7
カールの底から、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールの底から、
11
千畳敷駅に戻りました。冬季出入口です。
2017年04月02日 19:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷駅に戻りました。冬季出入口です。
7
予想どおり、曇って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想どおり、曇って来ました。
5
宝剣南尾根に向かって真っ直ぐトレースが付いています。スッゴイな。
2017年04月02日 19:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣南尾根に向かって真っ直ぐトレースが付いています。スッゴイな。
11
オコジョ由来の千畳敷キャラクターを作ったそうです。
2017年04月02日 17:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オコジョ由来の千畳敷キャラクターを作ったそうです。
16
もう一枚、名残惜しいですがゴンドラに乗ります。乗越浄土は荒れてきそうです。
2017年04月02日 19:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一枚、名残惜しいですがゴンドラに乗ります。乗越浄土は荒れてきそうです。
12

感想/記録
by onisan

 木曾駒ヶ岳に登る機会を狙っていました。2月23日、千畳敷で雪崩が発生。夜間でしたので犠牲者は無かったようです。つい先日、スキー場で雪山訓練をしていた高校生が、雪崩に巻き込まれた死亡する事故も起きました。雪山で一番怖いのは雪崩、巻き込まれればどうしようもありません。木曽駒ヶ岳、天気予報では晴れ時々曇り。昨日は雪だったようですが、日曜日ですので多くの登山者が来られることを見込んで、わたしも出掛けました。
 千畳敷カール、インディゴブルーのキャンパスに真っ白な稜線。予想した通り、トレースはバッチシ。まずはカールの底に向かって下ります。左手を見上げれば、宝剣岳の南側稜線直下に雪崩の破断面が連なっています。氷点下ではありますが汗がタラタラ、気温は上昇しているようです。あの破断面、昨日の雪で覆われてクラックは見えませんが、今すぐに崩れてブロック雪崩が起きてもおかしくありません。雪崩の通り道をさっさと通り過ぎようと思いますが、新雪、深雪に阻まれてモタモタ。八丁坂の登りに差し掛かり、ようやく雪崩の危険は去りましたが、今度は急登。夏道はジグザグですが、冬は直登。伊吹山9合目直下の直登と同レベルですが、ここまでに至る時間は比較にならない程短い。伊吹山に比べればなんのその、ゼイゼイハアハア、頑張って乗越浄土に登り着きました。
 無風、青空の下、素晴らしい展望。でも予報では昼から下り坂。南アルプス方面は雲がモクモク。暫し展望を満喫、もうこれで充分、帰ろ~っと。カールの底に降り立つ頃には雲が掛かり、サングラスを外します。千畳敷ホテル前か眺めた稜線、インディゴブルーの空は白い空に変わっています。中央高速松川IC辺りでは雨。乗越浄土で引き返したのは正解のようでした。
 木曾駒ヶ岳、まだ暫く冬が続きそうです。
訪問者数:670人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ