また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098253 全員に公開 ハイキング甲信越

角田山:花であふれる小浜尾根&桜尾根周回

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
角田岬の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
29分
合計
4時間23分
S角田岬駐車場08:3008:43角田岬灯台08:4508:58小浜登山口10:22灯台コース合流10:47角田山11:1411:17桜尾根12:53角田岬駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小浜尾根はマイナールートで標識類は皆無  
桜尾根は管理されたルート
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

角田岬下の駐車場  
かなり車が来てる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角田岬下の駐車場  
かなり車が来てる
灯台コースへの登り口は海際からだが、ここからは登らず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台コースへの登り口は海際からだが、ここからは登らず
1
灯台下のトンネル通って小浜登山口へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台下のトンネル通って小浜登山口へ向かう
トンネルを抜けると断崖下の遊歩道となる  
ここを歩いていけば小浜に出るかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けると断崖下の遊歩道となる  
ここを歩いていけば小浜に出るかな
1
ちょっと危なげな遊歩道  
この突端を回ったところで釣り人に「この先は行けない」と言われ引き返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと危なげな遊歩道  
この突端を回ったところで釣り人に「この先は行けない」と言われ引き返す
3
仕方ないのでこの階段を登ると・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方ないのでこの階段を登ると・・
車道に出るかと思ったら灯台に出てしまいました  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出るかと思ったら灯台に出てしまいました  
1
灯台から佐渡島がオーシャンビュー  
白い山はたぶん金北山  
いつか行ってみたいな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台から佐渡島がオーシャンビュー  
白い山はたぶん金北山  
いつか行ってみたいな
1
灯台コースは尾根を直進するが、ここを右に下って小浜登山口へ向かう  このあと団体さんが列をなして登って行った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台コースは尾根を直進するが、ここを右に下って小浜登山口へ向かう  このあと団体さんが列をなして登って行った。
振り返れば角田岬灯台がいいアングル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば角田岬灯台がいいアングル
3
10分ほどで小浜登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで小浜登山口
ここはマイナールート  
案内の類は何もないので、とりあえず踏跡を奥に向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはマイナールート  
案内の類は何もないので、とりあえず踏跡を奥に向かう
すぐに分岐  
右の踏跡を辿って尾根に上がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに分岐  
右の踏跡を辿って尾根に上がる
振り返るとカヤトの向こうに日本海と佐渡島
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとカヤトの向こうに日本海と佐渡島
1
ちょとヤブっぽい道が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょとヤブっぽい道が続く
カタクリが出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリが出てきた
5
いっぱい咲いてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっぱい咲いてる
2
白花を発見!  
1輪だけ見つけた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白花を発見!  
1輪だけ見つけた
9
道の真ん中の岩陰にもある  
もうすぐ開花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の真ん中の岩陰にもある  
もうすぐ開花
このカタクリは大花  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このカタクリは大花  
4
登山道わきに咲くカタクリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道わきに咲くカタクリ
めっちゃ咲いてる(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めっちゃ咲いてる(^O^)/
3
斜面を埋め尽くしてる!!!  
小浜尾根はカタクリの尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を埋め尽くしてる!!!  
小浜尾根はカタクリの尾根
7
カタクリ以外の花もある  
ヤマエンゴサクかな? 小さいからミチノクエンゴサクだと思うが、微妙
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ以外の花もある  
ヤマエンゴサクかな? 小さいからミチノクエンゴサクだと思うが、微妙
2
キクザキイチゲはカタクリに混じってたくさん咲いていた  
これは青バージョン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲはカタクリに混じってたくさん咲いていた  
これは青バージョン
4
雪割草(学名はオオミスミソウ)も少ないが咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪割草(学名はオオミスミソウ)も少ないが咲いていた
7
これは3枚の葉っぱがトレードマークのエンレイソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは3枚の葉っぱがトレードマークのエンレイソウ
4
小浜尾根は倒木も多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小浜尾根は倒木も多い
おっ、ナニワズだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、ナニワズだ
5
マルバマンサク  
縮れた黄色の花弁が特徴
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバマンサク  
縮れた黄色の花弁が特徴
3
小浜尾根にある354.6m三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小浜尾根にある354.6m三角点
3
今日の海はきれいだなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の海はきれいだなぁ
灯台コースと合流  
とたんに道は良くなった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台コースと合流  
とたんに道は良くなった
灯台コースとの合流点  
左奥からわずかに踏跡とわかる程度の小浜コース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台コースとの合流点  
左奥からわずかに踏跡とわかる程度の小浜コース
1
五ヶ峠コースと合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五ヶ峠コースと合流
さすがメジャールート  
よく整備されているが階段は苦手
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがメジャールート  
よく整備されているが階段は苦手
角田山山頂にはノッポの標柱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角田山山頂にはノッポの標柱
1
だだっ広い角田山山頂部  
すでに多くの人がくつろいでいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だだっ広い角田山山頂部  
すでに多くの人がくつろいでいる
下山は桜尾根コース  
雪割草の尾根らしいが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は桜尾根コース  
雪割草の尾根らしいが・・
1
キクバオウレンとご対面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクバオウレンとご対面
3
続いてショウジョウバカマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いてショウジョウバカマ
5
これも微妙に色が違う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも微妙に色が違う
1
キクバオウレンの大群生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクバオウレンの大群生
4
さすが人気のコースだけあって人が多い  
すれ違いで時間がかかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが人気のコースだけあって人が多い  
すれ違いで時間がかかる
すれ違い時足元に咲いていたいたキクザキイチゲ  
これは白花バージョン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すれ違い時足元に咲いていたいたキクザキイチゲ  
これは白花バージョン
3
出ました 雪割草  
きれいな紫色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました 雪割草  
きれいな紫色
6
白と薄紫のコラボ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白と薄紫のコラボ
2
ちょっとピンク系
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとピンク系
2
ナニワズさんも参加して共演
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナニワズさんも参加して共演
1
薄紫だが雄しべの色が濃い  
白花は大輪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄紫だが雄しべの色が濃い  
白花は大輪
3
今度はカタクリとコラボ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はカタクリとコラボ
2
これは雄しべの色が濃いピンクバージョン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは雄しべの色が濃いピンクバージョン
2
ちょっと青系かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと青系かな
3
花弁の内側が白っぽいピンクバージョン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花弁の内側が白っぽいピンクバージョン
1
内側が白い青バージョン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内側が白い青バージョン
3
うーん 何とも言えない色合い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん 何とも言えない色合い
3
スミレサイシンも参加
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレサイシンも参加
2
紫バージョンだが最初に見たやつより薄い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紫バージョンだが最初に見たやつより薄い
4
ちゃんと保護されている群生地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんと保護されている群生地
1
まだまだ出てくる色んなバージョン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ出てくる色んなバージョン
3
透けるようなピンク色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透けるようなピンク色
2
サクラソウみたいな色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクラソウみたいな色
4
濃いピンク色  
もう大満足(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濃いピンク色  
もう大満足(^^♪
6
花に見とれて下っていくといつの間にか灯台が近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花に見とれて下っていくといつの間にか灯台が近い
桜尾根の登山口はこんな感じ  
スパイク長靴は禁止との案内あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜尾根の登山口はこんな感じ  
スパイク長靴は禁止との案内あり
下山したら駐車場は満車状態
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山したら駐車場は満車状態
最後は海抜ゼロメートルの波打ち際で終了(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は海抜ゼロメートルの波打ち際で終了(^O^)/
2

感想/記録

新潟県の低山、角田山は花の山だと知ったのは数年前。
ついに埼玉からの日帰り遠征が実現。
この時期はかなり混みあうらしいが、マイナールートと言われる小浜尾根を登って一番人気の桜尾根を下るコースを選択。

角田岬灯台下の駐車場で準備して出発。すでに多くの人が来ているが、ほとんど灯台尾根に向かって登っていく。
灯台下に遊歩道のトンネルがあり、ここを歩いて小浜登山口に向かう。トンネルをくぐると断崖下の遊歩道となり、危なげな道が続いていて、ここを行けば小浜に出るだろうと少し進むと、釣りのオジサンに「この先は行けねえよ」と言われ引き返す。途中に階段があってここを登れば車道にでるかなと思って登ったら、避けたつもりの灯台に出てしまった。でも目の前には佐渡島がでんと座っていて気持ちがいい風景。
ここから尾根を直進する道が灯台コースで、団体さんが大勢登っていくが、自分たちは車道に下りて小浜に向かう。
10分ほどで小浜登山口。車は止まっているが案内の類は何もなくて薄い踏跡が奥へと続いている。その踏み跡を辿って進み、尾根へと急登する。
しばらくカヤトの中を登り、木々が出てくるとカタクリが現れてきた。
登るにつれその数は増え、尾根中間付近の緩やかになったあたりはもう満開状態。尾根道の右も左も斜面もカタクリ、カタクリ、カタクリ!
こんな大群生は初めて見た。半端な数ではない。白花も一輪見つけ、もうここだけで大満足。雪割草もあったが少なかった。
カタクリ群落が終わって少しで灯台コースと合流。格段に道がよくなったが人も多かった。
ひと登りで角田山山頂到着。
山頂部はだだっ広く、多くの人がくつろいでいた。
隅っこの方で軽く昼食を摂って下山。今度は桜尾根を下る。
さすが人気のコースだけあって、多くの人が登ってくる。すれ違いの待ち時間も多かったが、花も多かった。
尾根の上部ではショウジョウバカマが出たばかりだったが、下るにしたがって雪割草が出現。いろんな色がある。白、紫、青、ピンクなど、同じ花とは思えないほどのカラーバリエーション。右も左も色とりどりの花が咲いている。半端な数ではない。カタクリも多かったけど雪割草には負けるな。「すげえ!」の一言。
小浜尾根がカタクリの尾根なら、こっちは雪割草の尾根だ。

満足して下山。駐車場はほぼ満車状態だった。
時間をかけて遠征して来ただけの価値のある山だった。
ホントに良かったなぁ(^O^)/
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/2/17
投稿数: 1026
2017/4/18 8:39
 ようこそ!越後の里山へ。
遠方から遙々越後の里山へおいでくださいました。
角田山は越後が誇る里山だと思います。
もし機会がありましたら、弥彦山のお花ルートにもおいでください。
百名山達成しますように♪
登録日: 2012/8/5
投稿数: 23
2017/4/18 10:26
 Re: ようこそ!越後の里山へ。
chaco_chanさん コメントありがとうございます。

角田山は素晴らしかったです。人の多い山はあんまり好きでないんですが、それを差し引いてもホントによかったです。はるばる埼玉から出かけた甲斐がありました。
来年春はお勧めの弥彦山にもぜひ行ってみたいと思います。
が、chaco_chanさんが先日行かれた「日本一小さい櫛形山脈」も、とても気になりました。
ちょっと遠いですが、こっちも行ってみたいですね。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ