また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1105364 全員に公開 ハイキング富士・御坂

達沢山 ナットウ箱山 蜂城山 桃源郷の桃の里温泉から周回

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ後曇り 一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往復 勝沼ICから桃の里温泉
往路は7:00前に到着 復路は15:00に出発 中央高速は渋滞に掛からず
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
1時間7分
合計
7時間26分
Sスタート地点06:3807:06蚕影山07:43旭山07:4409:16達沢山09:3209:50ナットウ箱山10:06達沢山10:1311:24大積寺山11:3111:56神領山12:22蜂城山12:5713:20蜂城山登山口13:2114:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 全体的に山頂表示はあるが、ルートテープは少なく 分岐の表示等はほとんどない。また 倒木や藪が多い(長袖・長ズボン・手袋は必須)
 眺望は あまり期待できないかなあ(天候次第で 桃の里温泉や釈迦堂SAからは 南アルプスや秩父連山等の山々は良く見える)
 今回 カメラを忘れてしまったので スマホでの写真となった(カメラでも大したことはないから 同じか)
コース状況/
危険箇所等
全般に登山道・案内表示は整備されていない(神領山から蜂城山までは赤と青のテープが目だっていたが)
その他周辺情報桃の里温泉 3時間で620円(JAF会員100円引き…先に言わないとout)※アルコールの持込禁止(つまみは大丈夫?)
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

桃の里温泉に到着 いい天気
2017年04月15日 06:21撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃の里温泉に到着 いい天気
真ん中に釈迦ヶ岳 左にひょっこりと黒岳 その手前が本日の登り口から蚕影山
2017年04月15日 06:21撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に釈迦ヶ岳 左にひょっこりと黒岳 その手前が本日の登り口から蚕影山
1
南アルプスの北岳から赤石岳 雪を冠しいる(はっきりしなくて残念)
2017年04月15日 06:37撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの北岳から赤石岳 雪を冠しいる(はっきりしなくて残念)
出口看板の上が水ヶ森 中央に金峰山 右手前が小楢山 北奥千丈岳と国師ヶ岳 右に黒金山と乾徳山でしょう(鮮明さに欠け これまた残念)
2017年04月15日 06:40撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出口看板の上が水ヶ森 中央に金峰山 右手前が小楢山 北奥千丈岳と国師ヶ岳 右に黒金山と乾徳山でしょう(鮮明さに欠け これまた残念)
桃の花up まだ満開ではなかった
2017年04月15日 06:42撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃の花up まだ満開ではなかった
1
手前の赤は 園芸用の八重咲
2017年04月15日 06:44撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の赤は 園芸用の八重咲
1
右へ右へと歩いて蚕影山へのゲート
2017年04月15日 06:44撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ右へと歩いて蚕影山へのゲート
ちょっと上がったところから 桃の花と南アルプス(山がはっきりしない)
2017年04月15日 06:45撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと上がったところから 桃の花と南アルプス(山がはっきりしない)
養蚕の神様 茨城県つくば市から分社か
2017年04月15日 07:02撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養蚕の神様 茨城県つくば市から分社か
落葉や枯れ枝が多くなってくる
2017年04月15日 07:12撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉や枯れ枝が多くなってくる
尾根を外さないように上がる
2017年04月15日 07:21撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を外さないように上がる
旭山の看板はあるが 標高809m地点
2017年04月15日 07:28撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭山の看板はあるが 標高809m地点
どうもここが地図上の旭山か 842m
2017年04月15日 07:43撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうもここが地図上の旭山か 842m
1
達沢山まで 下りはほとんどなかった
2017年04月15日 08:38撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達沢山まで 下りはほとんどなかった
長い尾根歩き中 “富士山だ!” 手前左は御坂山脈の黒岳
2017年04月15日 08:55撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い尾根歩き中 “富士山だ!” 手前左は御坂山脈の黒岳
岩場も出てきて
2017年04月15日 08:58撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場も出てきて
最後の急登を上がって 達沢山頂(後ろ側が今回のルート)
2017年04月15日 09:13撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登を上がって 達沢山頂(後ろ側が今回のルート)
1
展望は三ツ峠方面のみ
2017年04月15日 09:22撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は三ツ峠方面のみ
ナットウ箱山へ向かう(直ぐに急坂)
2017年04月15日 09:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナットウ箱山へ向かう(直ぐに急坂)
ナットウ箱山頂 この最後の上りも厳しかった
2017年04月15日 09:48撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナットウ箱山頂 この最後の上りも厳しかった
戻って立沢からの合流点が 鞍部になっていた
2017年04月15日 09:59撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って立沢からの合流点が 鞍部になっていた
達沢山に戻って 写真中央下の 上が薄ら赤い杭がある方へ(戻るのだが)
2017年04月15日 10:17撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達沢山に戻って 写真中央下の 上が薄ら赤い杭がある方へ(戻るのだが)
上りの際に確認してあった分岐点(案内板等はない)
2017年04月15日 10:25撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りの際に確認してあった分岐点(案内板等はない)
踏み跡もない状態 兎に角 右側の尾根を下ることが肝要(振り返って見上げる)
2017年04月15日 10:37撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡もない状態 兎に角 右側の尾根を下ることが肝要(振り返って見上げる)
だいぶ下ってきたが 踏み跡が分かりにくい(急坂の連続)
2017年04月15日 10:52撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ下ってきたが 踏み跡が分かりにくい(急坂の連続)
大積寺山(だいしゃくじやま) 表示が読めない
2017年04月15日 11:23撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大積寺山(だいしゃくじやま) 表示が読めない
アブラチャン 春の先駆け
2017年04月15日 11:43撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アブラチャン 春の先駆け
神領山頂 ここから先はヒノキの植林地が多い(やはり神社所有の山なのか)
2017年04月15日 11:56撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神領山頂 ここから先はヒノキの植林地が多い(やはり神社所有の山なのか)
すぐに 大久保山への分岐(どちらもルートがはっきりしない)
2017年04月15日 11:58撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに 大久保山への分岐(どちらもルートがはっきりしない)
本日最後の上がり(かなり疲れているのできつい)
2017年04月15日 12:12撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の上がり(かなり疲れているのできつい)
蜂城神社 裏側から上がって正面へ(阿吽の狛犬は山犬型?)
2017年04月15日 12:22撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜂城神社 裏側から上がって正面へ(阿吽の狛犬は山犬型?)
金峰山等は見えず
2017年04月15日 13:04撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山等は見えず
蜂城山登山口 ここからの車道歩きが長い
2017年04月15日 13:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜂城山登山口 ここからの車道歩きが長い
雲が多くなってきた 上空の黒雲が気になる
2017年04月15日 13:25撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多くなってきた 上空の黒雲が気になる
先を急ぎつつ 桃源郷に見とれる
2017年04月15日 13:26撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を急ぎつつ 桃源郷に見とれる
蜂城山と大久保山(右)
2017年04月15日 13:29撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜂城山と大久保山(右)
梨の花 ぽつりときた
2017年04月15日 13:29撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梨の花 ぽつりときた
雨足も強くなったので 軒先を借りて雨具の準備をしていたら止んだ
2017年04月15日 13:32撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨足も強くなったので 軒先を借りて雨具の準備をしていたら止んだ
右から上がって ナットウ箱山までの本日のルート
2017年04月15日 13:53撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から上がって ナットウ箱山までの本日のルート
2
達沢山から蜂城山(大久保山の後ろ)までのルート
もうすぐゴールの桃の里温泉だ!
2017年04月15日 13:53撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達沢山から蜂城山(大久保山の後ろ)までのルート
もうすぐゴールの桃の里温泉だ!
1

感想/記録
by atuya

 桃の里温泉から旭山
 温泉先の道を右へ 5分で登山口のゲート。ゲートからルートははっきりとしていて 小高くなった所が蚕影山(ここまで道周りは刈込まれていたように感じた)その後は落葉や枯枝 倒木が多く上がりにくい。旭山は山頂とその表示がずれているようだ
 達沢山・ナットウ箱山へ
 旭山からルートは分かりやすいが 眺望はほとんどないので ひたすら上がるのみ きつかった(途中 イノシシが50m先を横切り 歩いている横の草むらからキジが飛び立った)達沢山頂で🍙とモズクスープをいただいて 空身でナットウ箱山へ向かう。立沢からの合流点(分岐)まで下り そこから急坂を上がる。ナットウ箱山頂でも三ツ峠の一部が望めただけだったで 休まずに達沢山へ戻った
 大積寺山(だいしゃくじやま)へ 
 達沢山へ向かう際 確認しておいた分岐点からの下りは ほとんど踏み跡がない急坂で 左へずれて 危ないトラバースをしてしまった(基本的にはほとんど右端の尾根を下る。古い刈込みのあるところがルート上のようだ)藪も多く 時間がかかった。大積寺山頂表示は 他レコにもあるように読めない(頂からは大久保山へのルートもあるらしい)
 蜂城山へ
 ルートもかなり分かりやすくなり 何度か上り下がりを繰り返して神領山へ。神領山の手前 大積寺山からのルートには枯れ木を重ねて通行止めのようになっていた。神領山からは赤と青のテープが案内をしてくれ 分かりやすい(大久保山への案内板があった)急な下りも多く 蜂城山への最後の上りが足に応えた。団体さんが休憩中だった蜂城山頂には神社がある。ここまで誰とも会わなかった(昼食はカップ麺とコーヒーでのんびりする)
 桃の里温泉へ
 蜂城山からは昨年末に下ったが 倒木(笛吹市の天然記念物のヤマボウシも)等はそのままだった。登山口からの桃畑の眺めが素晴らしかった。途中雨にも降られ 桃の里温泉までの車道歩きが長かった

 年度末は退職でばたばたし 年度初めは再雇用でおろおろし(今も落ち着かない)前回の山行から約1ケ月が経ってしまった。これからは 平日にも休みがあるので有効に活用したいと思う
 今回 ランナー膝にはならなかった(何が良かったのか?)
 
訪問者数:479人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ