また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1105638 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山&大和葛城山

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 気温15〜20℃
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
金剛山バス:近鉄富田林駅〜(大和)葛城山登山口 470円
金剛山バス:近鉄富田林駅〜金剛山登山口 540円
金剛山登山口付近の駐車場:500円/日(登山口の一番近くだと600円/日)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
23分
合計
6時間12分
S黒栂谷道分岐08:1408:24千早神社08:2508:29千早城跡08:34千早神社08:3508:56五合目(千早本道)09:0009:19八合目(千早本道)09:30九合目(千早本道)09:35山頂広場09:3610:01金剛山10:06一の鳥居10:30高天・橋本院分岐10:40朝原寺道分岐10:46旧パノラマ台10:56カヤンボ11:0411:08金剛の水11:34水越峠11:3712:51葛城高原ロッジ12:55大和葛城山13:0014:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今日の天気予報は昼過ぎから夕方にかけて雨とのことだったので、早めのスタートを計画し計画通りに8時より登山スタートできました。当初の計画では金剛山に登って山頂付近を散策し、ロープウェーで下山というようなものでしたが、10時前には山頂に来ることができたので、ついでに大和葛城山まで行ってみよう!と切り替えます。

金剛山登山口に車を置いている関係上、金剛山→大和葛城山へは「行って来い」でもう一度金剛山に帰ってこなくてはならないのですが、まぁ大丈夫だろうと気軽に考えていました。が、体重の重い自分のヒザへのダメージを考えダイヤモンドトレイルの金剛山下りのスピードが出せません。さらには大和葛城山の登り途中でへばってしまいます。12時ごろでしたが、雲が出て暗くなり風もキツくなりました。大した距離を進んでないし、こんなにへばるのが早かったっけ?と自分でも不思議に思っておりましたが、後でよくよく考えてみると朝からおにぎり2つしか食べていませんでした。ちょこちょことは甘いジュースなりチョコなりを口に入れておりましたので急激なハンガーノック状態にはなりませんでしたが、まさかシャリバテとは思いもよりませんでした。

さらに初めての道ということで、ペース配分がわからない&久々の高気温で汗が滝のように出て、かなり水分を失います。水は多めにもっていたので問題なかったのですがポカリを持ってきていなかった為に塩分補給ができておらず、大和葛城山山頂付近では太ももがツリそうになるという失態。そこでようやく塩分不足であることに気が付きます。たまたま山頂でポカリの自販機があったらから助かりました。足の筋力量は大丈夫なはずなので水分塩分を補給して休息を取ればすぐに復活しますが大和葛城山山頂で思いのほか残り体力が少ないこともあり、とりあえず下山はするも、水越峠からバスか人里まで降りてタクシーで車を置いた場所まで移動することを考えます。
結局は、葛城山登山口バス停から近鉄富田林駅行きのバスの時間が合ったので、それに乗り、富田林駅から金剛山登山口までバスで折り返してくることができました。

危険な行いではないにしろ、やっぱり知らない道は慎重に行ってもよかったかもしれません。距離や獲得標高以上に疲れた1日でした。(でも楽しかった)
コース状況/
危険箇所等
特になし。よく整備された登山道です。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

08:05 金剛山登山口 近くの駐車場に車を置きます(500円/日)。この時間からスタートできるとは神戸から早起きして車で来てよかった。
2017年04月15日 08:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:05 金剛山登山口 近くの駐車場に車を置きます(500円/日)。この時間からスタートできるとは神戸から早起きして車で来てよかった。
08:12 金剛山登山口のトイレ付近で色々準備。桜が綺麗ですなぁ。来週には散ってしまうのかな?
2017年04月15日 08:12撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:12 金剛山登山口のトイレ付近で色々準備。桜が綺麗ですなぁ。来週には散ってしまうのかな?
08:14 いよいよ金剛山に登ります。
2017年04月15日 08:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:14 いよいよ金剛山に登ります。
08:21 千早城跡への分岐点。地元の方とみられる慣れておられる方々が行き交う中、のんびり歩を進め、千早城跡へ向かいます。
2017年04月15日 08:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:21 千早城跡への分岐点。地元の方とみられる慣れておられる方々が行き交う中、のんびり歩を進め、千早城跡へ向かいます。
08:28 千早城跡地より赤坂千早村(大阪)方面を撮影。
2017年04月15日 08:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:28 千早城跡地より赤坂千早村(大阪)方面を撮影。
1
08:28 千早城跡を示す看板。
2017年04月15日 08:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:28 千早城跡を示す看板。
08:31 千早神社案内看板
2017年04月15日 08:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:31 千早神社案内看板
08:32 千早神社。千早城跡地からすぐそこです。
2017年04月15日 08:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:32 千早神社。千早城跡地からすぐそこです。
09:01 金剛山へ向かう千早本道はほとんどこのような階段になっていました。歩幅で調整ができない分、結構キツいです。
2017年04月15日 09:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:01 金剛山へ向かう千早本道はほとんどこのような階段になっていました。歩幅で調整ができない分、結構キツいです。
09:30 やっとこさ9合目。もちろん緩い道を選択。
2017年04月15日 09:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:30 やっとこさ9合目。もちろん緩い道を選択。
09:36 ここに来るのは始めてでしたが、見慣れた山頂看板に到着。皆さんのレポートでも必ず写ってますよね。
2017年04月15日 09:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:36 ここに来るのは始めてでしたが、見慣れた山頂看板に到着。皆さんのレポートでも必ず写ってますよね。
3
09:57 双子杉
2017年04月15日 09:57撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:57 双子杉
1
09:59 葛木神社
2017年04月15日 09:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:59 葛木神社
10:06 葛木神社すぐそばの分岐。水越峠方面へダイヤモンドトレールに入ります。
2017年04月15日 10:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:06 葛木神社すぐそばの分岐。水越峠方面へダイヤモンドトレールに入ります。
1
11:04 カヤンボの休憩東屋で軽く水分補給して橋を渡ります。
2017年04月15日 11:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:04 カヤンボの休憩東屋で軽く水分補給して橋を渡ります。
11:34 水越峠の大和葛城山への入口(ダイヤモンドトレ―ル)。この後、風がきつくなり、空が暗くなります。バテた体に精神的な追加ダメージ。雨降るかもしれないと考えるとちょっと萎えますね。
2017年04月15日 11:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:34 水越峠の大和葛城山への入口(ダイヤモンドトレ―ル)。この後、風がきつくなり、空が暗くなります。バテた体に精神的な追加ダメージ。雨降るかもしれないと考えるとちょっと萎えますね。
1
12:25 大和葛城山をだいぶ登ってきました。かなりバテバテ。奈良方面を撮影。パラグライダーか何かの飛び出し口のようで、芝が刈ってあったり吹き流しが設置されていました。
2017年04月15日 12:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:25 大和葛城山をだいぶ登ってきました。かなりバテバテ。奈良方面を撮影。パラグライダーか何かの飛び出し口のようで、芝が刈ってあったり吹き流しが設置されていました。
12:38 もうちょっとで山頂というような雰囲気がしてきた!太ももがツリそうでツライ。。。でも空は晴れて風もおさまってきました。
2017年04月15日 12:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:38 もうちょっとで山頂というような雰囲気がしてきた!太ももがツリそうでツライ。。。でも空は晴れて風もおさまってきました。
1
12:40 振り返って金剛山を眺めます。今日の残り体力では一度下ってからあれを登り返すのはちょっと無理かなぁ。と弱気(冷静)になります。
2017年04月15日 12:40撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:40 振り返って金剛山を眺めます。今日の残り体力では一度下ってからあれを登り返すのはちょっと無理かなぁ。と弱気(冷静)になります。
1
12:52 ポカリを買って休憩したあと葛城山山頂を目指します。
2017年04月15日 12:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:52 ポカリを買って休憩したあと葛城山山頂を目指します。
1
12:56 葛城山山頂から奈良方面。
2017年04月15日 12:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:56 葛城山山頂から奈良方面。
12:56 葛城山山頂のモニュメント。とりあえずここまでは来れた。あとはどうやって車まで帰るか。。。
2017年04月15日 12:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:56 葛城山山頂のモニュメント。とりあえずここまでは来れた。あとはどうやって車まで帰るか。。。
2
12:07 葛城山山頂からダイヤモンドトレールをそのまま引き返すのも面白くないので、天狗谷の下山道を選択します。地図を見ると、天狗谷を降りたところから青崩道→セト→黒栂谷道で金剛山登山口に行くことができるようです。後は体力次第。
2017年04月15日 13:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:07 葛城山山頂からダイヤモンドトレールをそのまま引き返すのも面白くないので、天狗谷の下山道を選択します。地図を見ると、天狗谷を降りたところから青崩道→セト→黒栂谷道で金剛山登山口に行くことができるようです。後は体力次第。
13:11 下りの天狗谷の道。杉の木の林が本当に気持ちよかった。一時は萎えた気持ちが復活してきます。
2017年04月15日 13:11撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:11 下りの天狗谷の道。杉の木の林が本当に気持ちよかった。一時は萎えた気持ちが復活してきます。
13:34 天狗谷道もかなり急な坂です。下りが苦手な自分にはかなりキツい。
2017年04月15日 13:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:34 天狗谷道もかなり急な坂です。下りが苦手な自分にはかなりキツい。
14:30 天狗道を下りきったところ、国道309号線の水越峠の大阪寄りの葛城山登山口バス停付近まで降りてきました。青崩道を登る体力は残っておらず(なによりもシャリバテしているので気持ちが萎えていました)バスを使うことを選択しました。丁度20分も待てばその日4本しかないバスが来るという幸運がありましたので、これはもうバスを使うしかありません。本日の山行はこれにて終了!
2017年04月15日 14:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30 天狗道を下りきったところ、国道309号線の水越峠の大阪寄りの葛城山登山口バス停付近まで降りてきました。青崩道を登る体力は残っておらず(なによりもシャリバテしているので気持ちが萎えていました)バスを使うことを選択しました。丁度20分も待てばその日4本しかないバスが来るという幸運がありましたので、これはもうバスを使うしかありません。本日の山行はこれにて終了!
2
撮影機材:
訪問者数:182人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

シャリバテ 山行 東屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ