ヤマレコ

記録ID: 1106863 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

糸瀬山@空腹に耐えた4時間半

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間2分
休憩
41分
合計
4時間43分
S登山口手前の駐車スペース(スタート地点)09:0209:06登山口09:0810:08まむし坂下10:1211:29糸瀬山11:35のろし岩12:0513:00まむし坂下13:0513:42登山口13:45登山口手前の駐車スペース(ゴール地点)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 クライミングシューズ スリング数本 カラビナ数枚 ただしセルフビレイ用に持参したスリングとカラビナは使用せず

写真

最初は梯子登りから。
2017年04月16日 09:06撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は梯子登りから。
先ずは植林帯。
2017年04月16日 09:10撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは植林帯。
1091mピークの南面を回り込むようにトラバースが続きます。
2017年04月16日 09:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1091mピークの南面を回り込むようにトラバースが続きます。
このタイプの案内看板多し。
2017年04月16日 09:25撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このタイプの案内看板多し。
1091mピークへ向けて、ピークから南東へ延びる尾根を登ります。
2017年04月16日 09:33撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1091mピークへ向けて、ピークから南東へ延びる尾根を登ります。
1091mピーク東側のコル。松原よこて。
2017年04月16日 09:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1091mピーク東側のコル。松原よこて。
丸屋の鳥屋にて。しばらくは明るく緩やかな尾根筋を行きます。
2017年04月16日 09:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸屋の鳥屋にて。しばらくは明るく緩やかな尾根筋を行きます。
鳥屋、石積みが残っています。鳥の狩猟場の跡。
2017年04月16日 09:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥屋、石積みが残っています。鳥の狩猟場の跡。
右手に中央アルプスが見えてきました。
2017年04月16日 10:07撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に中央アルプスが見えてきました。
ここから急登。その前に一休み。
2017年04月16日 10:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急登。その前に一休み。
まむし坂の急登。
2017年04月16日 10:15撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まむし坂の急登。
急登を終えると、再び鳥屋。山居の鳥屋(さんきょのとや)。
2017年04月16日 10:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を終えると、再び鳥屋。山居の鳥屋(さんきょのとや)。
標高1500m付近の樹相。
2017年04月16日 10:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1500m付近の樹相。
標高1600mを超えると、残雪がぼちぼちと。
2017年04月16日 10:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1600mを超えると、残雪がぼちぼちと。
右手にザレ場が出てくると、中央アルプスの見晴らしが。
2017年04月16日 11:06撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にザレ場が出てくると、中央アルプスの見晴らしが。
ロープの右手はザレ崖。
2017年04月16日 11:06撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープの右手はザレ崖。
しらび平辺りから急に残雪が多くなり、踏み抜き多発。
2017年04月16日 11:16撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらび平辺りから急に残雪が多くなり、踏み抜き多発。
山頂を目前に、踏み抜きにより一気にペースダウンしました。
山頂らしくない山頂。
2017年04月16日 11:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を目前に、踏み抜きにより一気にペースダウンしました。
山頂らしくない山頂。
今回の目的、のろし岩に着きました。
てっぺんに登る前に腹ごしらえをしようと思ったら、かみさん、昼飯を忘れてきたという反則技。
腹が減っていて楽しみにしてたのに、なんてこった。
2017年04月16日 11:34撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目的、のろし岩に着きました。
てっぺんに登る前に腹ごしらえをしようと思ったら、かみさん、昼飯を忘れてきたという反則技。
腹が減っていて楽しみにしてたのに、なんてこった。
梯子の上までは容易。
2017年04月16日 11:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子の上までは容易。
又の名を「くすべ岩」
2017年04月16日 11:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
又の名を「くすべ岩」
梯子の次は、梯子状の鎖。ちょっと扱いずらい。
2017年04月16日 11:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子の次は、梯子状の鎖。ちょっと扱いずらい。
梯子状クサリを抜けると、ピーク先端まで5,6mのナイフリッジ。
2017年04月16日 11:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子状クサリを抜けると、ピーク先端まで5,6mのナイフリッジ。
先端はひと一人が立てるほどのスペースとなっています。
中央アルプスが目の前に。ただし今日は雲多し。
2017年04月16日 11:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先端はひと一人が立てるほどのスペースとなっています。
中央アルプスが目の前に。ただし今日は雲多し。
1
命の綱であるクサリは、リングボルト1本のみで固定されていました。
2017年04月16日 11:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
命の綱であるクサリは、リングボルト1本のみで固定されていました。
若干浅さ打ち、サビサビ。
中間部の固定点も錆びついたリングボルトでした。
アンカー作り直した方が良いんじゃないでしょうか。
2017年04月16日 11:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干浅さ打ち、サビサビ。
中間部の固定点も錆びついたリングボルトでした。
アンカー作り直した方が良いんじゃないでしょうか。
1
振り返るとはるか下に小さく人が見えます。
2017年04月16日 11:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとはるか下に小さく人が見えます。
1
御嶽、乗鞍の眺めも良い。
2017年04月16日 11:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽、乗鞍の眺めも良い。
中央アルプス
2017年04月16日 11:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
この岩はかなり大きく、登ったら楽しそうです。
2017年04月16日 11:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩はかなり大きく、登ったら楽しそうです。
下りてきて、記念に一枚。
2017年04月16日 12:06撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきて、記念に一枚。
下山途中、ザレ場の下に伊那川ダムの辺りが見えます。きれいな色。
2017年04月16日 12:23撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中、ザレ場の下に伊那川ダムの辺りが見えます。きれいな色。
スギの樹皮が珍しくきれいに見えました。普段はそんなこと思う事ないのですが。
2017年04月16日 13:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スギの樹皮が珍しくきれいに見えました。普段はそんなこと思う事ないのですが。
今日も無事下山しました。
2017年04月16日 13:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も無事下山しました。
かみさんが登山口で届出書に下山記録をつけている間に、私だけ先に駐車点に戻りました。早く昼飯食べたい。
2017年04月16日 13:46撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かみさんが登山口で届出書に下山記録をつけている間に、私だけ先に駐車点に戻りました。早く昼飯食べたい。
1

感想/記録

 山頂に転がっている巨石(のろし岩、くすべ岩とも言う)が気になって、クライミングシューズという武器を持ってハイクしてきました。

 山頂近くで急に残雪量が増え、踏み抜き多発。今日は2パーティの登山者。山頂のすぐ先に立ちはだかるように花崗岩の巨石が転がっています。目の前のアルミ梯子を4mほど登り、梯子状の鎖で3mほど、続いて1本鎖でナイフリッジ5,6m。岩場慣れしていないとトップまでは怖くて行けないですね(難しくは無い)。ここからの展望は抜群ですが、今日は薄雲が広がり減点です。最上部の鎖を固定しているアンカーがサビサビのリングボルトで心もとない感じです。いろいろな方が登る可能性があることを考えると、アンカー交換しておいた方が良い気がしました。

 山頂で昼飯のつもりが、なんと、うちのかみさんは「昼飯を担いできていない!!」
腹を減らして山頂での飯を楽しみにしていたのに、超ーがっかり。「のろし」から降りてきたら速攻で下山にかかりました。下山中は食べることばかりが頭に浮かび、1時間半ほどの行程がずいぶん長く感じました。

 登山道自体はよく整備されています。奇岩、奇勝好きの方に、お勧めです。
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ