また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107359 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

白馬乗鞍 ボードでBC

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 後半曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ゴンドラは8時開始 ゲレンデ内は上部のみリフト稼働
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

下界は雪なし
2017年04月16日 09:57撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は雪なし
岩岳・八方尾根
2017年04月16日 09:57撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩岳・八方尾根
天狗原 だだっぴろい
2017年04月16日 10:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原 だだっぴろい
白馬乗鞍から雷鳥坂と舩越の頭
2017年04月16日 11:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍から雷鳥坂と舩越の頭
左に人影と埋まった山荘の屋根がちらり
2017年04月16日 11:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に人影と埋まった山荘の屋根がちらり
ケルン周囲は雪が少ない
2017年04月16日 11:56撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルン周囲は雪が少ない
滑って神社前から斜面を見る。雲の流れは早い。
2017年04月16日 12:26撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑って神社前から斜面を見る。雲の流れは早い。
今日はボードで。斜面は好き勝手されてます。左は点発生雪崩的に少し崩れている?
2017年04月16日 12:30撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はボードで。斜面は好き勝手されてます。左は点発生雪崩的に少し崩れている?
このあたりはグサグサ
2017年04月16日 12:39撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりはグサグサ

感想/記録

先週の山行でスキーブーツが壊れてしまい修理中。とはいえ好天にじっとしているのも嫌なのでボードでBCすることとした。ボードに乗るのは今シーズン初で最後になるだろう。
登り返しなどが多いルートは嫌なので白馬乗鞍からあわよくば舩越の頭くらいを目標にした。本当は小蓮華としたいところだが、ワカン(スノーシュー持っていない)でボードを背負って歩くのはちとつらい。
行けるところまでということで出発。
ちなみにGWは雪倉岳あたりに行きたいななんて思っていたりするので、その下見でもあり、重い装備を背負ってでの様子見でもあったりする。
7時50分くらいに駐車場到着。昨夜はとある会合で痛飲しており体は重たい。
ゆっくり準備して8時45分くらいにゴンドラへ。ロープウェイは9時5分くらいに乗車。
天候は晴れ。日差しも気温も暖かくベースだけで歩き始める。
最初からワカン装着。
しかしボードというものは重たい(この板が特別か?)。そして風に煽られるとさらにブレてつらい。
天狗原を過ぎてからは風も強く寒くなってきたのでハードシェルを着用。
登りきると強風。稜線の強風に背負ったボードを煽られながら歩くのは勘弁なのでここで終了。
岩陰に板だけデポってケルンを詣でた。
ケルンでは60Lほどの荷物を背負ったツボ足二人組が休憩していた。ワカンのトレースを利用させてもらっていたので、お礼を言う。
これから小蓮華尾根に向かいどこかで雪洞を掘って泊り白馬岳を目指すとのこと。天候が崩れるから無理かもねーとも。気をつけて行ってきてください。
一応白馬乗鞍のピークと思しきところも踏んでくる。
このあたり一帯は岩とハイマツがところどころ顔を出していて、一度大きく踏み抜いた。すぐに足が抜けなくて焦った。
ついでに大池も覗き込んでみた。山荘も池も埋まってるわー
山荘を過ぎたところに蓮華温泉を目指しているパーティーが歩いていた。
舩越の頭には10人ほどが見える。自然園から直接登ってくる人影も3-4人あり。
しかしみるみるうちに雲がかかってきて(風も強かった)コンディションは悪くなっていった。
ケルンで休憩して写真を撮って岩陰に戻り滑走準備。今シーズン初ボードがBCでいいのか?(昨シーズンも1-2回しか滑ってないが)と思いつつも滑り始めると特に問題なし。ちゃんと体は覚えてた。さすがに長年滑っているだけのことはあるらしい。念のためウィペットは短くして両手で構えつつ滑るが、ハードパックされた上に1-2cmのザラメが乗っているような状態で安定。普通の緩んだゲレンデのような様相だった。神社まで気持ちよく滑走。そこから下はぐさぐさの雪で消化試合となりました。
一度板をつかまれて大きく転倒。危なかった。
ゴンドラ近くなると風が生ぬるくて暑い。春です。
車に戻り携帯の電源を入れると好日山荘からブーツが治って帰ってきたとの連絡。
帰りにブーツを回収した。
これでGWはスキーツアーできる。ボードの滑走は楽しいが重い板を担ぐのはもうこりごり。
訪問者数:272人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ