また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107910 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

【春山闊歩】遠見尾根〜白岳

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー
 rom
, その他メンバー2人
天候15日 日本の北を通過する気圧の谷の影響で大気不安定 雨
16日 高気圧圏内から寒冷前線の接近
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
白馬五竜スキー場のトップから
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10分
休憩
0分
合計
10分
S地蔵の頭15:0015:10テント設営地G
日帰り
山行
6時間30分
休憩
1時間20分
合計
7時間50分
テント設営地03:3004:30中遠見山05:30大遠見山06:15西遠見山06:3007:15白岳07:3008:00西遠見山08:45大遠見山09:0010:00中遠見山10:30テント設営地11:0511:20ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ところどころ大きな雪庇が出ている箇所あり
クラックも見られた
その他周辺情報十郎の湯
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録
by samoa

天気やらでいろいろあって、ほぼ1ヶ月ぶりの山となってしまった。
今回は遠見尾根から五竜を目指す。
下界の天気予報は晴れだが山は大気不安定のせいか微妙な感じ。

とりあえず現地判断と恵那峡SAで仮眠を取りつつ白馬村へ。

15日 スキー場停滞
スキー場の駐車場に着くと雨が降ったりやんだり。
とりあえず濡れないように準備して、ゴンドラに乗り込んで上までいくも、雨がザーザー降ってて激萎え。

今日は 行動時間はそんな長くないので様子見することにして、レストハウスでうだうだ。

そんなこんなで昼過ぎまでうだうだするも、雨は強くなったり弱くなったりでやむ気配はない。

明日も天気図は今日と変わらないので晴れる確信は持てないが、とりあえずスキー場のトップから少し歩いたところに泊まるということで、意を決して出発。

微妙に雨の降る中、上を目指す。途中きれいに虹が見えたりしながら地蔵の頭の先のコルに行き、テント設営。
なかなか風雨が強くびしょびしょになるが、ブロックを積んでいるうちに雨も止み、服も乾いた。

晩御飯はキーマカレー。今年の会行事山行はどうしようかなどを話す。
明日は2時起床なので早めに沈。
寒冷前線の接近だが持つだろうか...

16日 快晴の遠見尾根闊歩
2時起床、星や月が出ている。よし行ける!
生暖かい南風が低気圧の接近を感じさせるが、棒ラーを掻き込んで3時半出発。

久しぶりのラテルネ行動だが、月がとても明るく、月明かりの尾根を歩いていくのはいい感じだ。

中遠見に差し掛かったあたりで、日の出。
主稜線はまだガスガスだが、白い山々が赤く染まり、紫、橙へと変化していく。
何回見ても飽きることのない最高の時間だ。

大遠見から西遠見までの尾根は広くて気持ちいい。
主稜線のガスも取れはじめ、西遠見に着く頃は五竜も鹿島槍も姿を現す。最高だ。
西遠見には、何組か幕営している人たちもいた。

さて、ここまでは緩やかに登ってきたが、白岳までは急登になる。
西遠見先の大きな雪庇を適当に交わして、白岳を目指し登っていく。
白岳とはよくいったもので、本当に真っ白だ。

息を切らしながアイゼンを効かして登っていき、稜線へ飛び出すと黒部側が見えた。毛勝のあたりだろうか。
振り向けば、妙高、火打、戸隠、高妻が、唐松方面もよく見える。
そして、目の前には五竜がどっしりと構えている。
ピーク手前の岩稜は夏道どおりトラバースして巻くのだろうか。

今回は時間や天気の関係もありここで引き返し。
わりかし五竜は狙いやすいと分かったので、またノーマルルートなり、G0なりでまた目指そう。

ひとしきり景色を堪能して下り始める。何回振り返ってみても飽きることはない。
のんびり尾根を歩く。

大遠見から中遠見以降も行きはガスガスで見えなかったが、鹿島槍、五竜、白馬の大パノラマが望むことができ本当に最高だ。何度も何度も振り返って写真を撮る。

多少、斜度のあるところは尻セードしながら下っていき、10時半ごろにテントへ到着。
燦々と降り注ぐ陽光が暖かい。のんびり撤収して、ゴンドラ駅まで歩いて下山。
本当に気持ちのいい山行だった。

下山後は十郎の湯で汗を流し、信濃大町駅の近くでとろろ蕎麦に舌鼓を打ち、いーずらで酒なんぞお土産をたくさん購入して、京都への帰路についた。

訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

コル 尻セード 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ