また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1108268 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳(唐沢鉱泉から周回)

日程 2018年03月31日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:
横浜横須賀道路・朝比奈ICを土曜の31日、午前0時頃に出発。
中央自動車道・八王子IC→諏訪南IC経由で唐沢鉱泉登山者用駐車場には午前4時頃に到着。
※1諏訪南ICから唐沢鉱泉登山者用Pまでの所要時間は深夜で40分程度
※2到着時は3台が駐車

復路:
中央自動車道・小淵沢ICを午後1時15分に出発。
中央自動車道八王子JCTから圏央道〜海老名JCT〜東名高速・横浜町田IC経由で
横浜横須賀道路へ。横浜横須賀道路の朝比奈ICには午後3時20分に到着。
(全区間渋滞なし)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
12分
合計
5時間30分
S唐沢鉱泉登山者用駐車場06:1307:14第一展望台08:13第二展望台08:58西天狗岳09:0509:24東天狗岳10:14天狗の奥庭上10:34黒百合ヒュッテ10:3911:01渋の湯・唐沢鉱泉分岐11:43唐沢鉱泉登山者用駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇登山者用Pから西天狗岳
しゃくなげ橋からアイゼン必要でした。前半はアイスバーン、上っていくに連れザクザクの雪道になり、第一展望台からは、ほぼザクザクの雪道。但し、西天狗岳ピーク手前の岩ゴロゴロの道は雪がほぼなくアイゼン装着の場合は引っ掛かりに注意。

〇西天狗岳から黒百合ヒュッテ
西天狗岳山頂からすぐの広く急な下りは、たくさんのトレースがついていますが右側から下るのがロスがなく良いかと思います(私は左から下って失敗)。東天狗岳までの上りはほぼ雪なし。
東天狗岳山頂から黒百合ヒュッテまでは雪残る下りの道。私は天狗の奥庭経由でヒュッテに向かったのですが、奥庭は岩ゴロゴロの道に中途半端に雪が残り、とても歩き辛かったので、雪のすりばち池の上を歩くか中山峠方面からヒュッテを目指した方が良かったです。ヒュッテ手前の急な下りは、ゆっくり下れば問題ありませんでした。

〇黒百合ヒュッテから登山者用P
ほぼ雪ザクザクの道、最後はアイスバーンです。あまり歩行距離もなく、特にあぶない箇所もありませんでした。
その他周辺情報●諏訪南ICからPまでは雪も氷もなくノーマルタイヤで行けます。
●登山届ポストが唐沢鉱泉入口に設置してあり、用紙もありました。
●登山者用駐車場に設置してあるトイレは冬季使用できなくなっています。
●温泉・・天然温泉 つたの湯  道の駅・信州蔦木宿にある温泉施設
大人600円(登山口Pからの所要時間は45分程度)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ チェーンスパイク 12本爪アイゼン

写真

明るくなってからスタートです。
2018年03月31日 06:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってからスタートです。
唐沢鉱泉。まだ営業していません。
2018年03月31日 06:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉。まだ営業していません。
登山届を出します。
2018年03月31日 06:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を出します。
1
しゃくなげ橋へ向かう道。雪はありません。
2018年03月31日 06:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゃくなげ橋へ向かう道。雪はありません。
と、思ったら、橋の向こうはアイスバーン。チェーンスパイクを装着します。
2018年03月31日 06:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、思ったら、橋の向こうはアイスバーン。チェーンスパイクを装着します。
まずはこんな感じからスタート。
2018年03月31日 06:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはこんな感じからスタート。
スパイクが効いて歩きやすいです。
2018年03月31日 06:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スパイクが効いて歩きやすいです。
1
雪も締まって歩きやすい。
2018年03月31日 06:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も締まって歩きやすい。
ほぼアイスバーンの道が続きます。
2018年03月31日 06:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼアイスバーンの道が続きます。
1
このあたりから雪道になっていきます。
2018年03月31日 06:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから雪道になっていきます。
途中、こんな道も出てきますが、、
2018年03月31日 07:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、こんな道も出てきますが、、
すぐに氷ガリガリの道に元通り。
2018年03月31日 07:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに氷ガリガリの道に元通り。
急ではないですが、ひたすら上りが続きます。
2018年03月31日 07:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急ではないですが、ひたすら上りが続きます。
陽が当たらないので休憩時は少し冷え込みます。
2018年03月31日 07:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が当たらないので休憩時は少し冷え込みます。
前方に光が見えてきました。
2018年03月31日 07:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に光が見えてきました。
視界が広がってきました。
2018年03月31日 07:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が広がってきました。
このあたりからは暖かくなってきます。
2018年03月31日 07:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりからは暖かくなってきます。
まだまだ上りが続きます。
2018年03月31日 08:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ上りが続きます。
岩ゴロゴロが見えてきました。
2018年03月31日 08:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロゴロが見えてきました。
山頂はもうすぐです。
2018年03月31日 08:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はもうすぐです。
1
岩がなくなってくると頂上はもうすぐ。
2018年03月31日 08:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がなくなってくると頂上はもうすぐ。
ビクトリーロード。
2018年03月31日 08:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビクトリーロード。
3
西天狗岳山頂。
2018年03月31日 08:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂。
6
これから向かう東天狗岳。
2018年03月31日 09:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう東天狗岳。
4
ここから下れば良かったのですが。。
2018年03月31日 09:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下れば良かったのですが。。
2
何故かここから下ってしまいました。右側からのが後半、傾斜が緩かったみたいです。
2018年03月31日 09:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故かここから下ってしまいました。右側からのが後半、傾斜が緩かったみたいです。
あと少しです。山頂手前は雪がほぼないです。
2018年03月31日 09:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しです。山頂手前は雪がほぼないです。
1
西天狗岳を振り返る。
2018年03月31日 09:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳を振り返る。
4
東天狗岳山頂。
2018年03月31日 09:24撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂。
5
山頂から
2018年03月31日 09:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から
3
山頂から
2018年03月31日 09:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から
1
黒百合ヒュッテへ向かいます。
2018年03月31日 09:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテへ向かいます。
1
奥庭上に到着。
2018年03月31日 10:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥庭上に到着。
2
中途半端に雪も残りチェーンスパイクを外すに外せずチェーンスパイクありだと歩き辛かったです。
2018年03月31日 10:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中途半端に雪も残りチェーンスパイクを外すに外せずチェーンスパイクありだと歩き辛かったです。
1
右奥に見えるの平なスペースが「すりばち池」。多くの人が歩いて通過してるみたいでトレースがたくさんついていました。
2018年03月31日 10:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥に見えるの平なスペースが「すりばち池」。多くの人が歩いて通過してるみたいでトレースがたくさんついていました。
1
やっとゴツゴツの道を通過。
2018年03月31日 10:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとゴツゴツの道を通過。
黒百合ヒュッテが見えてきました。
2018年03月31日 10:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテが見えてきました。
2
ゆっくり下ります。
2018年03月31日 10:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり下ります。
1
到着。たくさんの人が休憩していたのでスペースもなく、水分補給だけして通過しました。
2018年03月31日 10:34撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。たくさんの人が休憩していたのでスペースもなく、水分補給だけして通過しました。
1
唐沢鉱泉へ向かいます。
2018年03月31日 10:41撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉へ向かいます。
前半はずっとこんな道。
2018年03月31日 10:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半はずっとこんな道。
分岐到着。
2018年03月31日 11:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐到着。
歩きやすいのでズンズン進みます。
2018年03月31日 11:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすいのでズンズン進みます。
橋、出現。
2018年03月31日 11:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋、出現。
アイスバーンの道になってきます。
2018年03月31日 11:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバーンの道になってきます。
それも段々となくなり。
2018年03月31日 11:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それも段々となくなり。
この橋を渡るとチェーンスパイクも必要なくなります。
2018年03月31日 11:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡るとチェーンスパイクも必要なくなります。
ラスト、Pへの道。
2018年03月31日 11:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスト、Pへの道。
Pに到着。お疲れ様でした。
2018年03月31日 11:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Pに到着。お疲れ様でした。
つたの湯で汗を流します。
2018年03月31日 12:48撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つたの湯で汗を流します。

感想/記録

2015年の5月以来の天狗岳です。 天気も良く、雪もまだ残っていて楽しめました。

今回、12本爪とチェーンスパイクの両方を持って行きましたが、12本爪に変えようと思ったのは東天狗から黒百合ヒュッテまでの数か所でした。結局、僕と相方はチェーンスパイクのみで通しました。ちなみに途中、すれ違った人達は、ほぼ12爪、で、軽アイゼンの方が数人でした。
訪問者数:730人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ