また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1108536 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ折山ー有間山ー蕨山の周回

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名栗湖畔の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間53分
休憩
49分
合計
8時間42分
S白谷沢登山口06:4607:43岩茸石07:4708:05権次入峠08:16棒ノ折山08:2708:42槙ノ尾山09:42クロモ山09:55山なし山09:5610:3050号鉄塔10:3250号鉄塔-落合下降点10:3311:1351号鉄塔11:32有間峠11:3612:05有間山(タタラの頭)12:0612:27有間山(橋小屋ノ頭)12:39逆川乗越12:5813:09蕨山(最高点)13:15蕨山(展望台)13:1613:34藤棚山13:58大ヨケノ頭14:0014:17中登坂14:1814:29金比羅山14:3014:37金比羅神社跡14:4015:08さわらびの湯バス停15:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
日向沢の峰の急斜面の登り始めから右に巻道をとって有間峠への尾根に出た。この巻道はおそらく東電さんの作業道を思われるが、所々崩壊していて緊張を強いられた。沢筋に雪渓が残っていたがアイゼンなしで無事通過。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ コンプレッションタイツ ズボン 靴下 ガーデングローブ 防寒着 雨具 日よけ帽 シューズ ゲーター ザック 昼ご飯 行動食 飲料水 座布団 昭文社山と高原地図 地形図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガラケー 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 時計 サングラス 日本手拭い ツェルト 無線機 コッヘル ストーブ ガスカートリッジ ストック
備考 カップ麺、コッヘルは暑さのため出動せず。代わりにVAAMとクエン酸出動。

写真

感想/記録

トレーニングを兼ねて割としっかりした装備で適度な負荷を背負い、かつてから気になっていた棒ノ折山の先から有間山への周回路へいってみた。アップダウンのあるロングコースであり、日中はうだるような暑さとの戦いとなった。2Lの水は中登坂あたりで飲み干してしまった。この暑さと山行時間を考えれば3Lは持つべきであった。このコースは途中に水場がないのだ。
棒ノ折山の先に期待した割に見所がない。金比羅尾根はアカヤシオが咲いていて多少救われたが。桜の咲くもっと後の季節か(麓の桜は満開であったが)、やはり冬の降雪後に来るべきか。ただアップダウンがあって鍛錬にはむいている。このコースは4/22に開催予定のトレランレースをほぼ辿っている。
http://fun-trails.com/race/2017/naguri/
コースのいたるところに案内標識が掲げてあり、下見と思われるランナーを何人も見かけた(というか追い抜かれた)。私は9時間近くかけて歩いたわけでしかも途中巻道ショートカットをしているわけだが、このレースの出場者は何時間で駆け抜けるのであろうか。今日は程よい筋肉痛。トレランシューズと軽装備でもう一周してみようか。次はショートカットせずに。棒ノ折山の桜が咲いたら。。。たぶんやらないな。
訪問者数:415人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

水場 山行 ロング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ