また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1108711 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

奥多摩金比羅尾根

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
0837古里駅着予定だったが遅刻と列車遅延で少し遅れ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
43分
合計
7時間10分
S御岳山登山口09:5011:28中ノ棒山11:2911:47大塚山11:5813:26日の出山13:5414:42麻生山(麻生平・峰山)14:4315:09タルクボノ峰(樽窪ノ峰)15:13分岐点(金比羅尾根・ロンデン尾根分岐点)15:1416:19金比羅山16:2017:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
金比羅山の分岐で降りる方向を間違え、ホリデー快速に間に合いそうではなくなった他ので来たバスに乗って武蔵五日市駅に。
コース状況/
危険箇所等
麻生山から下りるルートは整備されていない。テープはあるので迷うことはないが登り返すのは難しいかもしれない。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

生えてきたばかりのマムシグサ
2017年04月16日 10:10撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生えてきたばかりのマムシグサ
スミレは種類がいっぱいあったので適当に
2017年04月16日 10:48撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレは種類がいっぱいあったので適当に
野ばらの実
2017年04月16日 11:05撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野ばらの実
虫瘤ではなく細菌性のクラウンゴールというものらしいです。
2017年04月16日 11:09撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虫瘤ではなく細菌性のクラウンゴールというものらしいです。
見上げるといっぱい。この木だけ感染してる模様
2017年04月16日 11:11撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるといっぱい。この木だけ感染してる模様
名前教えてもらったけど忘れました。園芸種ではなく原種に近い桜だそうです。
2017年04月16日 12:07撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前教えてもらったけど忘れました。園芸種ではなく原種に近い桜だそうです。
カタクリ群生地にて
2017年04月16日 12:12撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ群生地にて
ちょっととうの立ったフキノトウ
2017年04月16日 12:43撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっととうの立ったフキノトウ
相変わらず目立つ西武ドーム
2017年04月16日 13:27撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず目立つ西武ドーム
マムシグサ
2017年04月16日 15:33撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサ
サルノコシカケが合体して一周してる
2017年04月16日 15:59撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルノコシカケが合体して一周してる
これはばっちり園芸種、人里に降りてきた。
2017年04月16日 16:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはばっちり園芸種、人里に降りてきた。

感想/記録

久しぶりなので春山ハイキングということでよく行く御岳山を中心にこれまで歩いてこなかったルートを歩いてみることにした。列車遅延などもあり、スタートが遅れる。
大塚山までのルートは里山らしい感じでゼンマイやウコギ系の木など春の山菜となる植物が多く生えていた印象。後から思うと御岳周辺や日出山、金毘羅尾根と随分生えている植物に違いがあったと思う。色々と見つかるので写真撮ったり、この部分が一番登りらしい登りだったこともあってあまりペースは上がらず。
大塚山に着いた時点で予定より1時間ほど超過していたが気にせずに進む。御岳ケーブル裏手のカタクリ群生地はちょうどよい時期でかなりの数が咲いていた。一面の花畑って感じではなかった。
日の出山方面にはそれなりに人の流れがあった。山頂は人がいっぱいいた。昼食休憩。ここからつるつる温泉に下りる方に向かう人はいたが、麻生山の方に向かう人は少ない。麻生山への道は植林したばかりのところや整備中って感じのところが多い。
麻生山の山頂へは整備されたばかりのようで、山頂の標識も昨年末のものだった。伐採して少し見通しを良くしたようだ。日の出山方面から登る道は歩きやすかったが、金比羅尾根に下りる道はテープは多く迷う要素はないものの、テープがなければ進むのを躊躇う程度には歩きにくい。不安ならおとなしく元の道を戻ってから巻くのが良いと思う。更に破線でまっすぐ斜面を降りて巻き道と下りた道の合流地点に通じるルートの記載があったのだけど、見た限り道とは思えない。崖とかはないので頑張れば降りられるとは思うが。
金比羅尾根はモミジイチゴが至る所に生えているようだった。御岳から武蔵五日市に近づくにつれて花が目立つようになったのはわずかな標高差からくるものなのか。あとは下るにつれてマムシグサが目立ってきた。色々な様態で生えていて、その違いに気づかされた。後で調べるとかなり分化しているものらしく、種の同定も大雑把な模様。大きさは地下の球根の大きさによるものなのか、多年ものは大きくなるみたいで、それも興味深い。金比羅山あたりで日が傾いてきたが町の生活音も聞こえてきたのでそれほど焦らずに無事に下山した。最後の分岐で標識だけを見て判断したので駅側ではなく南側に下りてしまい、ホリデー快速に間に合いそうになくなったので、やってきたバスに乗ることにした。
御岳周辺で思ったよりもいろいろな花を見ることができ、春を感じられるハイキングだった。
訪問者数:216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ