また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1115481 全員に公開 ハイキング東海

イワザクラ咲く舟伏山

日程 2017年04月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あいの森登山口の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間56分
休憩
27分
合計
3時間23分
Sスタート地点06:5407:28阿弥陀仏07:3608:14小舟伏山08:28舟伏山08:4309:48桜峠10:10あいの森10:1410:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

あいの森登山口を出発し、西ルートから登って東ルートを下る周回コースとします。
2017年04月23日 06:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あいの森登山口を出発し、西ルートから登って東ルートを下る周回コースとします。
ミツマタを横目に林道を歩き、
2017年04月23日 06:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタを横目に林道を歩き、
6
沢沿いを進むようになります。
2017年04月23日 07:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを進むようになります。
杉の植林地に取り付き、ジグザグを切りながら登っていくと、
2017年04月23日 07:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の植林地に取り付き、ジグザグを切りながら登っていくと、
やがて植林地を抜け出て、阿弥陀仏に達します。
2017年04月23日 07:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて植林地を抜け出て、阿弥陀仏に達します。
1
この先はお花に出会う道。ヒトリシズカを横目にしながら、
2017年04月23日 07:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はお花に出会う道。ヒトリシズカを横目にしながら、
6
明るい道をジグザグに登ります。
2017年04月23日 07:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい道をジグザグに登ります。
2
これはタチツボスミレでしょうか?
2017年04月23日 07:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはタチツボスミレでしょうか?
5
登山道脇の岩場に目をやると、何やら赤紫色の花が。さっそくイワザクラにお目にかかることができ、幸先の良い展開です。
2017年04月23日 07:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇の岩場に目をやると、何やら赤紫色の花が。さっそくイワザクラにお目にかかることができ、幸先の良い展開です。
9
カタクリもぽつり、ぽつりと現れます。
2017年04月23日 07:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリもぽつり、ぽつりと現れます。
6
キランソウも。
2017年04月23日 07:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キランソウも。
5
苔むした石灰岩がにょきにょきと生えたカレンフェルトに差し掛かると、
2017年04月23日 08:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした石灰岩がにょきにょきと生えたカレンフェルトに差し掛かると、
ボタンネコノメソウが現れます。
2017年04月23日 08:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンネコノメソウが現れます。
3
足下に目を凝らせばヤマルリソウ。何度も折り返しながら急斜面を登り切ると、
2017年04月23日 08:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下に目を凝らせばヤマルリソウ。何度も折り返しながら急斜面を登り切ると、
5
なだらかな頂稜部の一角に達し、バイケイソウの群落の中を進みます。
2017年04月23日 08:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな頂稜部の一角に達し、バイケイソウの群落の中を進みます。
1
ほどなく小舟伏山のピークに達すると、舟伏山の三角錐のシルエットが視界に入ります。
2017年04月23日 08:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく小舟伏山のピークに達すると、舟伏山の三角錐のシルエットが視界に入ります。
眩しい日差しを浴びながら、最後の登りをこなして、
2017年04月23日 08:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眩しい日差しを浴びながら、最後の登りをこなして、
2
広々とした舟伏山の頂上に到着すると、山県市名山めぐりの山県さくらさんが登頂を祝福してくれます。
2017年04月23日 08:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々とした舟伏山の頂上に到着すると、山県市名山めぐりの山県さくらさんが登頂を祝福してくれます。
7
二等三角点の標石の陰で、蕾を膨らませるカタクリ。頂上一帯のカタクリが花を咲かせるのは、もう少し先のようです。
2017年04月23日 08:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点の標石の陰で、蕾を膨らませるカタクリ。頂上一帯のカタクリが花を咲かせるのは、もう少し先のようです。
2
南側は視界が開け、幾重にも起伏する中濃の山々の彼方に、濃尾平野を見通します。
2017年04月23日 08:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は視界が開け、幾重にも起伏する中濃の山々の彼方に、濃尾平野を見通します。
4
恵那山をクローズアップ。
2017年04月23日 08:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山をクローズアップ。
3
北側は雑木が煩く視界は限られますが、北西方向に白い頂を見せる能郷白山が印象的です。
2017年04月23日 08:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は雑木が煩く視界は限られますが、北西方向に白い頂を見せる能郷白山が印象的です。
3
頂上を後にして、東ルートに進みます。舟窪地形の幅広の尾根を進んでから、
2017年04月23日 08:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を後にして、東ルートに進みます。舟窪地形の幅広の尾根を進んでから、
急斜面をジグザグに下降し始めます。
2017年04月23日 08:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面をジグザグに下降し始めます。
ほどなく、お目当てのイワザクラ群生地へ。登山道の左右2箇所の岩場のそこかしこに咲くイワザクラは、
2017年04月23日 09:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく、お目当てのイワザクラ群生地へ。登山道の左右2箇所の岩場のそこかしこに咲くイワザクラは、
7
まさに満開といったところで、赤紫色の可憐な花に、
2017年04月23日 09:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに満開といったところで、赤紫色の可憐な花に、
8
すっかり魅了されます。
2017年04月23日 09:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり魅了されます。
8
大岩の隙間にへばりつくようにして、花を咲かせます。
2017年04月23日 09:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の隙間にへばりつくようにして、花を咲かせます。
3
もう一方の群生地に移動して、鑑賞を続けます。
2017年04月23日 09:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一方の群生地に移動して、鑑賞を続けます。
4
名残りを惜しみつつ、イワザクラ群生地を後にします。
2017年04月23日 09:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残りを惜しみつつ、イワザクラ群生地を後にします。
8
どんどん下って傾斜が緩み始めると、カタクリが点在するみのわ平に差し掛かり、
2017年04月23日 09:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下って傾斜が緩み始めると、カタクリが点在するみのわ平に差し掛かり、
5
その先、トラバース状に下る道は、足下がやや不安定なところもありますが、
2017年04月23日 09:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先、トラバース状に下る道は、足下がやや不安定なところもありますが、
1
ヒトリシズカの群落もあります。
2017年04月23日 09:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカの群落もあります。
5
名残りの桜が舞う桜峠に達し、
2017年04月23日 09:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残りの桜が舞う桜峠に達し、
植林地の尾根を通り抜けると、シキミを見つけながら、
2017年04月23日 09:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林地の尾根を通り抜けると、シキミを見つけながら、
3
伐採地に差し掛かります。地肌がむき出しになって脆く崩れやすいところもありますが、
2017年04月23日 09:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地に差し掛かります。地肌がむき出しになって脆く崩れやすいところもありますが、
足下にはフイリシハイスミレを、
2017年04月23日 10:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下にはフイリシハイスミレを、
6
青空に映えるアセビを眺めながら下降を続けます。
2017年04月23日 10:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えるアセビを眺めながら下降を続けます。
3
最後はミヤマキケマンに出迎えられて、車道に降り立つと、
2017年04月23日 10:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はミヤマキケマンに出迎えられて、車道に降り立つと、
2
桜を仰ぎ見ながら、あいの森登山口に戻り着きます。
2017年04月23日 10:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜を仰ぎ見ながら、あいの森登山口に戻り着きます。
5
撮影機材:

感想/記録

 本日のお花見山行の前半戦は舟伏山へ。昨日の鎌ヶ岳長石谷に引き続き、イワザクラがお目当てです。
 東ルート上の群生地はお楽しみにとっておくこととして、まず、西ルートから登り始めます。阿弥陀仏から先ではお花が現れますが、カタクリはまだ咲き始めたばかりの模様。思いがけず岩場にイワザクラを見つけ、幸先の良い展開です。貸切の頂上を経て東ルートに進むと、いよいよイワザクラ群生地へ。まさに見頃で、岩場のそこかしこを赤紫色の可憐な花が飾る様子に魅了されます。その先、みのわ平付近にかけてはカタクリもあり、お花見を堪能できました。
訪問者数:323人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ