また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1155813 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

憧れの阿弥陀岳南稜へ

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
もうスタッドレスはいりません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
25分
合計
9時間55分
S舟山十字路05:1507:45立場岳08:25青ナギ12:05無名峰12:30阿弥陀岳12:5513:45不動清水15:10舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
P3が核心部。左へトラバースしてルンゼを上るのが一番イージーです。ただルンゼを登攀中は50mだと支点がとれない可能性が高いので、そこは注意が必要。もっともフリーで行ける程度ですが……。
その他周辺情報今回は富士見高原の方で温泉に浸かりました
(理由は特にないです)
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

大分雪が融けていますが、天気も良く綺麗です。
2017年04月16日 07:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分雪が融けていますが、天気も良く綺麗です。
目指す阿弥陀岳と登る南稜
2017年04月16日 08:14撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す阿弥陀岳と登る南稜
雪の腐りもそこまでではないので、比較的歩きやすいです。
2017年04月16日 08:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の腐りもそこまでではないので、比較的歩きやすいです。
ここら辺から視界が開けてきます
2017年04月16日 08:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺から視界が開けてきます
P3はここからでも大変そうです
2017年04月16日 08:59撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3はここからでも大変そうです
近くに行けば行くほど登れる気が……
2017年04月16日 09:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに行けば行くほど登れる気が……
核心部を眺めます
2017年04月16日 09:55撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を眺めます
1
Lが直登しようとしますが断念。ホールドが悪いようです。仕方なくルンゼの方へとトラバース。
2017年04月16日 10:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Lが直登しようとしますが断念。ホールドが悪いようです。仕方なくルンゼの方へとトラバース。
一方SLはなんとか直登に成功。そのまま抜けちゃいます。
2017年04月16日 10:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一方SLはなんとか直登に成功。そのまま抜けちゃいます。
下手くそはルンゼが一番安心です。
2017年04月16日 11:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下手くそはルンゼが一番安心です。
さああと少し!
2017年04月16日 12:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さああと少し!
山頂は気持ちがいい!
2017年04月16日 12:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は気持ちがいい!

感想/記録
by chiten

日帰りで行ける雪山アルパインへということで決まった阿弥陀岳南稜。日曜日なのでさぞ人がいるだろうと思ったら、シーズンを外しているからか天気も悪くないのに全くいませんでした。

雪は大分融けていてアイゼンの履きどころが難しかった(家で研ぐのが面倒くさいからギリギリまでツボ足で行ったのです)ですが、登ってる最中は踏み抜きも少なく、歩きやすいです。

核心部はP3。フリーでも行けますが、チリ雪崩が絶えず起きており、気が緩む瞬間はありません。クライミング技術があるのなら直登の方が安全だと思います。特に厳冬期は。

P3を抜ければあとはただ登るだけ。山頂も近いので、ルンルン気分で登れます。

下りは踏み抜きが疲れます。御小屋尾根の下りはじめは結構急なので、ザイルはいらないけど気を付けて下さい。
訪問者数:105人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ