また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1165929 全員に公開 ハイキング近畿

新龍アルプス縦走(播磨新宮〜本竜野)

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り(いつ雨が降ってきてもおかしくない空模様)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
播磨新宮駅西側にある「道の駅」に車を駐車させて頂きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
43分
合計
5時間58分
Sスタート地点05:3106:13水布弥登山口06:1506:54祇園嶽07:0808:06亀山08:0909:34的場山09:5110:29鶏籠山10:3611:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から祇園嶽までがシダ藪になってます。
それ以外は快適です。
その他周辺情報下山口が龍野城西門ですので、帰路はそのまま龍野城経由となります。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

道の駅から街並みを見ながら登山口をめざします。
途中とある民家の飼い犬3匹にやたら吠えられる・・・
2017年06月11日 05:38撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅から街並みを見ながら登山口をめざします。
途中とある民家の飼い犬3匹にやたら吠えられる・・・
これから縦走する新龍アルプスの山並み。
左の方に送電線の鉄塔が見えますが、鉄塔までがコースの約5分の3です。
2017年06月11日 05:49撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから縦走する新龍アルプスの山並み。
左の方に送電線の鉄塔が見えますが、鉄塔までがコースの約5分の3です。
2
三角形に尖がっているのが祇園嶽です。
ん~結構急だなぁ~!
2017年06月11日 05:52撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角形に尖がっているのが祇園嶽です。
ん~結構急だなぁ~!
登山口へのルートはわかりにくいです。この橋を渡るのが1つのポイントですが、この橋へ通ずる細道もわかりにくい。
2017年06月11日 06:02撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へのルートはわかりにくいです。この橋を渡るのが1つのポイントですが、この橋へ通ずる細道もわかりにくい。
橋を渡って右折するが、ご覧の通り草ボーボーです。
2017年06月11日 06:06撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って右折するが、ご覧の通り草ボーボーです。
草の背丈はストックと同じくらいです。
2017年06月11日 06:07撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草の背丈はストックと同じくらいです。
川沿いから離れ山に入ると、草ボーボーがピタッとなくなりました。恐るべし日陰!
2017年06月11日 06:10撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いから離れ山に入ると、草ボーボーがピタッとなくなりました。恐るべし日陰!
見落としそうな道標。
ここが水布弥登山口と呼ばれる取付きとなります。
2017年06月11日 06:11撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見落としそうな道標。
ここが水布弥登山口と呼ばれる取付きとなります。
登りはじめは踏み跡が薄く、コースアウトしそうになります。
数は少ないですが、ブルーテープがあります。
2017年06月11日 06:19撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはじめは踏み跡が薄く、コースアウトしそうになります。
数は少ないですが、ブルーテープがあります。
シダ地帯現れる。
このくらいはへっちゃらですが・・・
2017年06月11日 06:20撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダ地帯現れる。
このくらいはへっちゃらですが・・・
ところどころ、巨大なシダ群が現れます。
2017年06月11日 06:23撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ、巨大なシダ群が現れます。
1
背丈も越え、もうシダ薮状態です。
湿度が高く、かいた汗が乾きません。速乾Tシャツでもグッショリ!
2017年06月11日 06:25撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈も越え、もうシダ薮状態です。
湿度が高く、かいた汗が乾きません。速乾Tシャツでもグッショリ!
開けたところがあり、だいぶ祇園嶽に近づいてきました。
2017年06月11日 06:32撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたところがあり、だいぶ祇園嶽に近づいてきました。
少し崩れている山腹箇所もあります。
シダに気を取られすぎず、足元にも注意が必要です。
2017年06月11日 06:35撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し崩れている山腹箇所もあります。
シダに気を取られすぎず、足元にも注意が必要です。
やっと近畿自然遊歩道の鞍部に到着です。
右折して祇園嶽に寄り道します。
2017年06月11日 06:47撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと近畿自然遊歩道の鞍部に到着です。
右折して祇園嶽に寄り道します。
祇園嶽到着!
湿度の高いシダ薮から一変して、涼しいです。
2017年06月11日 06:55撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祇園嶽到着!
湿度の高いシダ薮から一変して、涼しいです。
先端の展望所です。通ってきた集落が直下に見えます。
2017年06月11日 06:57撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先端の展望所です。通ってきた集落が直下に見えます。
1
休憩がてら衣服をチェックすると、案の定1cm近いマダニがズボンにがっちりしがみ付いていました。虫よけスプレーを振りかけてひるんだところで小枝で払い落しました。長袖長ズボン必須です。
2017年06月11日 06:59撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩がてら衣服をチェックすると、案の定1cm近いマダニがズボンにがっちりしがみ付いていました。虫よけスプレーを振りかけてひるんだところで小枝で払い落しました。長袖長ズボン必須です。
2
祇園嶽を後にし、亀の池を目指します。
近畿自然歩道は快適です。
2017年06月11日 07:29撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祇園嶽を後にし、亀の池を目指します。
近畿自然歩道は快適です。
突然、登山道に鎮座している石碑に出合います。
あまりにもデンと鎮座しているのでびっくりしました。供養碑のとのこと。
2017年06月11日 07:34撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然、登山道に鎮座している石碑に出合います。
あまりにもデンと鎮座しているのでびっくりしました。供養碑のとのこと。
すぐに蛙岩があります。
パッと見た瞬間、「あっ、蛙だ」と思いました。
2017年06月11日 07:35撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに蛙岩があります。
パッと見た瞬間、「あっ、蛙だ」と思いました。
1
蛙岩の道挟んだ反対側にトイレがあります。
怖くて戸は開けられませんでした。
2017年06月11日 07:35撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛙岩の道挟んだ反対側にトイレがあります。
怖くて戸は開けられませんでした。
基幹道から亀の池の分岐道に入ったところすぐに亀岩があります。自分は亀を飼っているので、亀岩がほんとかわいい姿だと思いました。
2017年06月11日 07:36撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基幹道から亀の池の分岐道に入ったところすぐに亀岩があります。自分は亀を飼っているので、亀岩がほんとかわいい姿だと思いました。
1
亀池です。イモリがたくさん居ましたので、水がきれいなんでしょう。 雨が降りそうな空で、しかもだんだん寒くなってきたので、先を急ぎます。
2017年06月11日 07:40撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀池です。イモリがたくさん居ましたので、水がきれいなんでしょう。 雨が降りそうな空で、しかもだんだん寒くなってきたので、先を急ぎます。
1
登山コースを網羅した看板がありました。
2017年06月11日 07:53撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山コースを網羅した看板がありました。
その看板があるところが展望所になっています。天気が良かったら海も見えていたことでしょう。
2017年06月11日 07:54撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その看板があるところが展望所になっています。天気が良かったら海も見えていたことでしょう。
亀山到着!
特になんてことなかった。
2017年06月11日 08:06撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀山到着!
特になんてことなかった。
写真では明るく見えますが、日光が届かない箇所は夕方並みに薄暗いです。
2017年06月11日 08:13撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では明るく見えますが、日光が届かない箇所は夕方並みに薄暗いです。
細尾根箇所では東西の両方の景色が一望できます。
2017年06月11日 08:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根箇所では東西の両方の景色が一望できます。
縦走の中間点389mです。
2017年06月11日 08:25撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走の中間点389mです。
新宮町が一望です。
2017年06月11日 08:26撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新宮町が一望です。
送電線の鉄塔が見えます。
一旦下って、鉄塔から右へ続く稜線に進みます。
2017年06月11日 08:30撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔が見えます。
一旦下って、鉄塔から右へ続く稜線に進みます。
襲い掛かる(ように見える)シダ達。 トラウマ
2017年06月11日 08:51撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
襲い掛かる(ように見える)シダ達。 トラウマ
枯れながらも雄姿を見せる木。躍動を感じたので写真を撮りました。 しかし、雨降りそうな空。
2017年06月11日 08:55撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れながらも雄姿を見せる木。躍動を感じたので写真を撮りました。 しかし、雨降りそうな空。
鉄塔まで来ました。
2017年06月11日 09:06撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔まで来ました。
電波塔が的場山です。
また登り返しが必要です。
2017年06月11日 09:16撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔が的場山です。
また登り返しが必要です。
電波塔の保全道路に合流し、ここから木製階段にて一気に的場山山頂へ上がります。
2017年06月11日 09:29撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔の保全道路に合流し、ここから木製階段にて一気に的場山山頂へ上がります。
的場山到着!
2017年06月11日 09:33撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
的場山到着!
気温は16.5度。 涼しいです。
2017年06月11日 09:34撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は16.5度。 涼しいです。
向こうにうっすら海が見えますが、晴れていたら絶景なんでしょうね。
2017年06月11日 09:35撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうにうっすら海が見えますが、晴れていたら絶景なんでしょうね。
芝生っぽくなっているところで昼食です。
2017年06月11日 09:36撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝生っぽくなっているところで昼食です。
的場山から鶏籠山に向かいます。
まずは250m近く下っていきます。
2017年06月11日 10:13撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
的場山から鶏籠山に向かいます。
まずは250m近く下っていきます。
鞍部まで下りてきました。
巨大な石灯籠です。ここから鶏籠山に向けて登り返します。
2017年06月11日 10:17撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下りてきました。
巨大な石灯籠です。ここから鶏籠山に向けて登り返します。
鶏籠山到着!
2017年06月11日 10:30撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏籠山到着!
本丸跡
2017年06月11日 10:30撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本丸跡
鶏籠山の下山途中です。
こんなところまで鹿が下りてきてます。
2017年06月11日 10:37撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏籠山の下山途中です。
こんなところまで鹿が下りてきてます。
1
最後の激下りです。落ち葉でスリップ注意です。
2017年06月11日 10:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の激下りです。落ち葉でスリップ注意です。
ゲートに来ました。この公園らしき場所はどこ?
2017年06月11日 10:55撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートに来ました。この公園らしき場所はどこ?
龍野城西門でした。
2017年06月11日 10:57撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍野城西門でした。
そのまま龍野城の前を通って帰路につきます。
2017年06月11日 11:03撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま龍野城の前を通って帰路につきます。
正門?
2017年06月11日 11:08撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正門?
龍野の街並みを見ながら本竜野駅まで来ました。
ちょうどここで雨がパラパラと・・・ぎりぎりセーフでした。
2017年06月11日 11:28撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍野の街並みを見ながら本竜野駅まで来ました。
ちょうどここで雨がパラパラと・・・ぎりぎりセーフでした。
JRに乗って播磨新宮駅に戻ります。
電車の中から縦走してきた山並みを撮りました。
揖保川を渡る時がシャッターチャンスと事前の下調べ通り、涅槃像を撮ることができました。
2017年06月11日 11:49撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JRに乗って播磨新宮駅に戻ります。
電車の中から縦走してきた山並みを撮りました。
揖保川を渡る時がシャッターチャンスと事前の下調べ通り、涅槃像を撮ることができました。
1

感想/記録

雨に降られはしませんでしたが、どんより天気のためあまり気持ちが乗らない登山になってしまいました。
亀岩と亀の池が気に入りましたが、あとは少し退屈な歩きでした。
一番面白かったのは、なんだかんだ言って、やはり登山口から祇園嶽までのシダ地獄でした。(達成感です)
まぁしかし、龍野は自分の母親の生まれ育った地で、この登山の機会に何十年ぶりに訪れることができたので、それはそれでよかったと思う。
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 鞍部 出合 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ