ヤマレコ

記録ID: 1167791 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

レンゲツツジの甘利山で実践レスキュー

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー21人
天候晴れ時々薄曇り
アクセス
利用交通機関
バス
マイクロバスで移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
1時間47分
合計
6時間3分
S甘利山グリーンロッジ駐車場09:1709:20つつじ苑09:33鍋頭09:3409:36甘利山09:4410:12奥甘利山10:1411:05御所山・青木鉱泉分岐11:07大西峰11:28千頭星山11:35鳳凰山展望箇所11:44千頭星山12:1712:41大西峰13:3413:36御所山・青木鉱泉分岐14:16奥甘利山14:2114:49甘利山14:5314:55鍋頭15:08つつじ苑15:0915:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

レンゲツツジのシーズンなのでたくさんの車が止まっていて、交通整理のおじさんがいらっしゃいました。バスも数台。
2017年06月11日 08:47撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲツツジのシーズンなのでたくさんの車が止まっていて、交通整理のおじさんがいらっしゃいました。バスも数台。
網の中にレンゲツツジ
2017年06月11日 09:00撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
網の中にレンゲツツジ
咲いています。
2017年06月11日 09:01撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲いています。
マイヅルソウ
2017年06月11日 09:02撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウ
ツマトリソウ
2017年06月11日 09:07撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
スミレ
2017年06月11日 09:10撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレ
リンドウ
2017年06月11日 09:10撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ
レンゲツツジがブーケのように咲いていました。
2017年06月11日 09:14撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲツツジがブーケのように咲いていました。
たくさん。
2017年06月11日 09:15撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさん。
木道を通って山頂へ
2017年06月11日 09:17撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道を通って山頂へ
1
レンゲツツジのアップ
2017年06月11日 09:21撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲツツジのアップ
3
黄色や朱色に黄色が混じったの株が数株ありました。
2017年06月11日 09:22撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色や朱色に黄色が混じったの株が数株ありました。
ということであっという間に山頂に到着
2017年06月11日 09:26撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということであっという間に山頂に到着
2
続いて正面に見える千頭星山に向かいます。
2017年06月11日 09:58撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて正面に見える千頭星山に向かいます。
登り切って分岐を左折すると気持ちいい笹原。
2017年06月11日 10:57撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切って分岐を左折すると気持ちいい笹原。
1
千頭星山に到着。鳳凰三山が見える展望地まで行ってみるが、途中で面倒になって戻ってくる。展望台まで行った人の話によるとガスで見えなかったそう。
2017年06月11日 11:11撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千頭星山に到着。鳳凰三山が見える展望地まで行ってみるが、途中で面倒になって戻ってくる。展望台まで行った人の話によるとガスで見えなかったそう。
レスキューのため、千頭星山直下まで戻ります。
2017年06月11日 12:08撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レスキューのため、千頭星山直下まで戻ります。
メンバーさんの両足が攣って68番でも回復しないため、ハーネスでおんぶして下山開始。
2017年06月11日 13:16撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メンバーさんの両足が攣って68番でも回復しないため、ハーネスでおんぶして下山開始。
5
メンバーさんの足も回復し、奥甘利山山頂へ。
2017年06月11日 13:59撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メンバーさんの足も回復し、奥甘利山山頂へ。
帰りに見たレンゲツツジは、朝より花開いていました。
2017年06月11日 14:29撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに見たレンゲツツジは、朝より花開いていました。
2
黄色が混じったレンゲツツジ
2017年06月11日 14:35撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色が混じったレンゲツツジ
2
三角点
2017年06月11日 14:46撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
マイヅルソウの群生地
2017年06月11日 14:52撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウの群生地
撮影機材:

感想/記録
by naoruu

山岳会の例会山行でマイクロバスを利用した楽々登山でした。甘利山はレンゲツツジが有名で、ちょうど満開直前のいいタイミングでした。
レンゲツツジの花を見ながら甘利山から千頭星山に縦走しました。

千頭星山で昼食を食べて下山開始。途中で先頭チームと後続チームの間があいてしまい、どうやら後続チームの一人が足が攣ったとのことで、後続チームが追いつくまで、休憩がてら長野の山岳ガイドで救助隊にも所属しているMさんにレスキュー方法の講義をうけました。Mさん曰くおぶって下山する時は100m歩いたら休憩すること、ヘリでレスキューするにしてもヘリがピックアップできるところまでは負傷者を運ばないといけないので、結局は人力が不可欠等、色々と教えていただきました。
歩けない負傷者をハーネスと120cmスリングとカラビナ2つで負傷者をレスキューする方法を教えていただいていたところ、後続チームから両足が攣ってしまい回復しないので、おぶっていこうか迷っているとの電話が入りました。

ちょうど講義を受けていたケースなので、早速、ytomeiさんとガイドのMさん、私がハーネスセットを持って後続チームのいる場所まで戻りました。ytomeiさんがハーネスでメンバーさんをおんぶして下山開始。ytomeiさんはこの冬の数々の奴隷ボッカが功を奏しメンバーさんを悠々とおぶって進みました。足が攣ったメンバーさんも漢方が効いたのか途中から自力で下山し、再び花を見ながらみんなでまったり下山となりました。

訪問者数:333人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/11
投稿数: 173
2017/6/12 21:23
 成長しました
奴隷歩荷、人間ラッセル車、人間藪刈機を経て、最強のレスキューマシンに成長しました。なんか、他のメンバーからサイボーグとか呼ばれていたけど。
帰りのバスでビールをいっぱいもらったので、嬉しかったなぁ。やっぱ男はバス旅行だよね。
登録日: 2013/9/10
投稿数: 486
2017/6/12 21:38
 Re: 成長しました
帰りのバスでは、あんな嬉しそうな顔初めて見た❗レベルの嬉しそうな顔してたよ(笑)
私もお疲れさまの気持ちを込めてパンあげたでしょ 。
いい実践経験ができたし、みんなご機嫌で楽しかったね。
登録日: 2011/7/11
投稿数: 173
2017/6/12 21:53
 Re[2]: 成長しました
だってビールくれたもん。しかもバスだから帰り飲みながら帰れるんだよ!最高だよ。

そして、おつまみに甘〜いパンとかかりんとうとかいっぱいもらったし。ご褒美に弱いなぁ。また誰か背負わないと!
登録日: 2015/1/22
投稿数: 1082
2017/6/14 18:58
 奴隷ボッカって(笑)
なおさん、こんばんは。

講義後にいきなり実践とは!すごいタイムリーな救助活動だったんですね
レスキューの甲斐あって、足攣りが回復されて何よりでした。
68番は「芍薬甘草湯」でしたっけ?
あれって攣り予防は勿論、攣ってから飲んでも即効性あって重宝しますよね!

なおさんの真似っこして白山にワカさんと行ってまいりました
登録日: 2013/9/10
投稿数: 486
2017/6/14 19:45
 Re: 奴隷ボッカって(笑)
chataさん、こんばんは
奴隷ボッカは『鳳凰二山』の流行語大賞にノミネートされたワードです(笑)
白山行ってきたんですね❗後で見に行きます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ