また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1168184 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山(子供たちと富士見平小屋テント泊)

日程 2017年06月10日(土) 〜 2017年06月11日(日)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー5人
天候曇りときどき晴れ、山頂は強風、時折雨もパラつきました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みずがき山荘から100mのところに無料駐車場がありますが
休日は混雑必至。当日7時半過ぎの到着時点で満車、ずらり路駐でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間53分
休憩
2時間53分
合計
7時間46分
S県営無料駐車場07:5408:58富士見平小屋10:1410:31瑞牆山・八丁平分岐10:3810:45桃太郎岩10:5111:55大ヤスリ岩基部12:0012:40瑞牆山13:4914:18大ヤスリ岩基部14:2315:12桃太郎岩15:1715:26瑞牆山・八丁平分岐15:40富士見平小屋
2日目
山行
1時間14分
休憩
2分
合計
1時間16分
富士見平小屋09:0810:18瑞牆山荘10:2010:24無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖、ロープが設置されているところが数か所ありますが、前日までに降った
雨に濡れて乾ききっておらず下山者が数名尻もちをついていました。

大ヤスリ岩基部から上はどこを登っても登れてしまえそうなので、安全に登れる
道を見極めましょう。

瑞牆登山での最大の危険はやはり山頂です。私たちが登った日は強風に煽られ
怖くてヘリの部分には立てませんでした。構えたスマホも飛ばされそうでした。
始終小競り合いをしているチビ3人を連れていましたので山頂滞在中は神経を
遣いました。
その他周辺情報温泉は定番の増富の湯に寄りました。施設内の『花豆食堂』で食事もできます。
ほうとう、さくらもつ煮、生ビールをいただきましたが美味かったですよ。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

重いのは富士見平小屋
までなのでがんばって。
2017年06月10日 08:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重いのは富士見平小屋
までなのでがんばって。
1
1時間で到着。上々でしょう。
2017年06月10日 10:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間で到着。上々でしょう。
1
ファミリー用サイトに設営。
手前が我が家(ステラ4)
奥が義姉さんち(エアライズ3)
2017年06月10日 09:44撮影 by HTV32, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ファミリー用サイトに設営。
手前が我が家(ステラ4)
奥が義姉さんち(エアライズ3)
3
冷たくて美味しい登山者
のオアシス。
2017年06月10日 10:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たくて美味しい登山者
のオアシス。
2
パッカーン桃太郎岩。
2017年06月10日 10:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パッカーン桃太郎岩。
鎖、ロープが設置されて
いますが上りより下山時
に滑ります。
2017年06月10日 10:57撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖、ロープが設置されて
いますが上りより下山時
に滑ります。
子供たちは今回日本代表
で揃えました。
2017年06月10日 11:30撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子供たちは今回日本代表
で揃えました。
大ヤスリ岩の基部
まで辿り着きました。
2017年06月10日 11:57撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩の基部
まで辿り着きました。
1
ここも鎖に頼らずとも
大丈夫です。
2017年06月10日 12:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも鎖に頼らずとも
大丈夫です。
1
大ヤスリに挑むソロクライ
マーがいます。
2017年06月10日 12:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヤスリに挑むソロクライ
マーがいます。
1
山頂標識。いつも思うん
だけどここ後ろがスッパリ
落ちてるので危ない。
記念写真撮る人注意です。
2017年06月10日 12:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識。いつも思うん
だけどここ後ろがスッパリ
落ちてるので危ない。
記念写真撮る人注意です。
4
南ア、富士山は残念ながら
見えず。
2017年06月10日 12:46撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア、富士山は残念ながら
見えず。
3
クライマーさん、あそこまで
登るだけでもすごいよね。
2017年06月10日 12:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマーさん、あそこまで
登るだけでもすごいよね。
2
山頂より。向こう側の岩場
にも行けますが今回はパス。
2017年06月10日 12:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。向こう側の岩場
にも行けますが今回はパス。
ラーメンすすります。
もうちょっとくつろいだ
姿勢でもいいのに・・
2017年06月10日 13:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラーメンすすります。
もうちょっとくつろいだ
姿勢でもいいのに・・
3
いい笑顔です(ボカシ
入れてるけど)。
2017年06月10日 13:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい笑顔です(ボカシ
入れてるけど)。
1
金峰山はまたの機会に。
2017年06月10日 13:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山はまたの機会に。
1
大ヤスリの基部に咲く
コイワカガミ。
2017年06月10日 14:18撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヤスリの基部に咲く
コイワカガミ。
1
上りでは見落としがちな
トンネル。子供は楽々
だけど大人にはちと狭い。
2017年06月10日 14:26撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りでは見落としがちな
トンネル。子供は楽々
だけど大人にはちと狭い。
2
シャクナゲはそろそろ
終わりです。
2017年06月10日 14:32撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲはそろそろ
終わりです。
1
俺たちも支えるぜっ!
な絵。
2017年06月10日 15:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俺たちも支えるぜっ!
な絵。
1
桃太郎岩に潜入を
試みる3人
2017年06月10日 15:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃太郎岩に潜入を
試みる3人
鹿3種ソーセージ盛り合わせ
水場を往復している間に
子供達にほとんど食べられて
しまいました(T_T)
2017年06月10日 16:22撮影 by HTV32, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿3種ソーセージ盛り合わせ
水場を往復している間に
子供達にほとんど食べられて
しまいました(T_T)
3
乾杯っ!子供達はどんどん
強くなってきました。
2017年06月10日 16:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾杯っ!子供達はどんどん
強くなってきました。
2
ホットチョコ?
2017年06月10日 16:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホットチョコ?
1
明けて日曜日。朝食は
白石温麺をお好みの
スープに入れて。
2017年06月11日 06:44撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けて日曜日。朝食は
白石温麺をお好みの
スープに入れて。
やっぱ自分で淹れるより
淹れてもらった方が
美味いや。
薔薇のジャムが女性陣
に好評でした。
2017年06月11日 08:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱ自分で淹れるより
淹れてもらった方が
美味いや。
薔薇のジャムが女性陣
に好評でした。
3
いつの間にか食事メニュー
が充実してました。
ビールはまだキリンのみ
だったのが残念。
2017年06月11日 08:59撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか食事メニュー
が充実してました。
ビールはまだキリンのみ
だったのが残念。
2
林道の瑞牆山ビュー
ポイントより。
2017年06月11日 09:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の瑞牆山ビュー
ポイントより。
2

感想/記録

私の家族4人と義姉さんとその息子、計6人で瑞牆山に登ってきました。

姉さんたちは山岳テントデビュー戦となりました。
子供たちが小5(娘)、小4(甥っ子)、小2(息子)とばらばらで、
土日はそれぞれに習い事があったり無かったりと、なかなか皆で登山する
計画を立てられなくなっていましたが、今回奇跡的に実現。
じゃあってことで瑞牆山に挑戦しよう!となりました。私以外は皆
初めての瑞牆登山です。
私といえば4月に左脛骨を疲労骨折してしまいましたが2ヶ月が過ぎ、
痛みの自覚症状も無くなりました。2ヶ月の間ひたすらストレッチだけ
して過ごしてきましたがもう登ってもいい?と、ドキドキしながらの登山
です。

梅雨入り直後の週末、天気予報が良かったので混むだろうなあとは覚悟
していたけれどさすが人気の山、7時30分過ぎにみずがき山荘に到着した
ときには無料駐車場への100mの道にぎっしり路駐、でもラッキーな
ことに1台入れ違いに出て行った車があり、駐車場内に停めることが
できました。

富士見平小屋までは各々重いザックを背負ってもらいます。
私の家族は・・息子3.8kg 娘4.8kg 私19kg(T_T) カミさん未計量
(10kg強でしょうか)
1時間で小屋についたので順調だったと思います。テント泊の受付時に
ファミリー優先サイトを案内してもらいました。
丸太で区分けされておりゆったりと張ることができました。
子供たちは空身で瑞牆山を目指します。
小屋から山頂まで2時間ほどのコースタイムです。順調にいけばちょうど
昼に山頂到着、そう順調にいけば
・・・しかし、まさかのママ2人大ブレーキ(T_T)(T_T)

私と子供たちとで山頂に到着したとき天気は曇り、そしてすごい風。
風除けのため林の中に逃げ込んでお湯を沸かし始めたところでスマホが
鳴りました。
あぁ圏外じゃないんだなと思いながら出てみると「私達無理みたい。
引き返そうかと思う・・」とカミさんが弱音を吐いてきます。
大ヤスリ岩が自分たちより上に見えるのか、もう見下ろせるところまで
来ているのか確認したら大分上まで登ってきているようでした。
そこであと一息だからと鼓舞して、子供たちとカップ麺を食べながら
待っていると、ようやくボロ雑巾な姉妹が山頂に到着しました。

「私たち瑞牆にはもう二度と登らないから景色を堪能するわ」と、食事
そっちのけで山頂からの景色を堪能(南ア、富士山等見えなかったけど)
する2人。時折雨もパラついてきたので食事をしたらすぐに下山開始。
明日の金峰山は無し。ママたちの体力つけてから再挑戦します。

帰りは桃太郎岩までは6人揃って下ってこれたけれど、そこからの登り返し
で再び2人の姿が見えなくなり・・それでもテント場へ無事帰ってくること
ができ瑞牆山登山がひとまず終了となりました。

富士見平小屋で鹿肉3種ソーセージ盛り合わせ、キリン一番しぼり、
子供たちにジュース、これらで乾杯し夕食。
食後は義姉さんちテントでUNO大会をしばらくやりお開き。消灯。
夜雨がしばらくテントを叩いていましたが程なくして上がったようです。

登らないとなると朝は急ぐ必要が無いのでゆっくり寝ていられました。
撤収作業の後、小屋でコーヒーをいただき下山。
帰りはみずがき山自然公園方面への林道から帰ります。この林道、瑞牆山を
一望できるビューポイントがあるのです。
以前富士見平小屋のご主人相川さんに教えてもらいました。今は息子さんが
中心となって管理されているようでした。
しばらく来ないうちに、トイレが洋式になっていたり(ペーパーも備え付け
られていました)、靴を脱いで小屋に上がるようになっていたり、食事
メニューが増えたりと随分快適な小屋に変貌を遂げていました。

当初ほったらかし温泉にいくつもりだったけれど、移動に時間がかかりそう
だったので定番の増富の湯に変更。
施設内の食事処で昼食としました。風呂上がりのさっぱりした体でキューッ
と生一杯(まぁ二杯でしたが・・)、最高。
ほうとうを私はいただきましたが美味しかったですよ。

さぁ次はもう夏休み、今年のファミリー登山はどこ行こう。



訪問者数:457人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/11
投稿数: 1268
2017/6/23 17:56
 ほったらかし
sun_clearさん こんにちは^^

お子さん達とのテント泊山行、羨ましいですね。
もう小学校も後半ともなると大人顔負けの体力になっていたりするんでしょうね。
我が家のチビは上の子もまだ幼稚園児ではありますが、あっという間に追い越されてしまいそうな予感をひしひしと感じてます

次回はぜひともほったらかし温泉に寄ってみてくださいね。
以前大菩薩嶺の下山後、かなり時間はかかりましたがその移動時間を費やしてもお釣りがくるほどの名湯でしたよ

お疲れさまでした!
登録日: 2011/7/26
投稿数: 10
2017/6/25 11:35
 ハプニングが多い山でしたが楽しかったです
shoytomoさん こんにちは

ほったらかし温泉に行けなかったのは心残りでした。今度きっと行きます!

登山でのテント泊は子どもたちは昨年の立山に次いで2度目でしたが課題は
テント内の整理整頓でしょうか。もうひっちゃかめっちゃかです(T_T)

それにしても子どもたちは日に日に体力アップしていて、もうお母さんたちは
完全に追い抜かれたことが今回の登山で証明されてしまいました。
これでは夏休みの山を選び直さなければならないかも・・・
これからはママの体力と高山病がネックとなりそうです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ