ヤマレコ

記録ID: 1169789 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

瑞牆山(瑞牆山荘ピストン)

日程 2017年06月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴⇒晴れ

最高気温:15℃
最低気温:7℃
風速(山頂付近):10〜15m/s
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道須玉ICから瑞牆山荘上部の無料駐車場へ。(ICから30分程度)
朝5時時点でほぼ満車。下山時には路肩もいっぱい、近辺の駐車スペースも満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
54分
合計
4時間42分
S瑞牆山荘05:0605:50富士見平小屋06:07瑞牆山・八丁平分岐06:0806:14桃太郎岩06:1606:59大ヤスリ岩07:0007:12瑞牆山07:5708:12大ヤスリ岩08:1408:46桃太郎岩08:4708:52瑞牆山・八丁平分岐08:5309:09富士見平小屋09:1009:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<瑞牆山荘〜富士見平小屋>
よく踏まれた登山道です。危険個所はありません。
ギンリョウソウが数株咲いていました。
途中林道と交差したのち、多少傾斜がきつくなります。

<富士見平小屋〜桃太郎岩>
富士見平小屋を正面から見て左側に瑞牆山へ向かう登山道が伸びています。(金峰山は右側、トイレの方ですね)
桃太郎岩まではアップダウン(標高差50mほど)が続きます。足元は石が重なっていて少し注意が必要です。時折木々の間から目指す瑞牆山と大ヤスリ岩が前方左側に見えてきます。
途中小川山(八丁平経由)への分岐がありますがほとんど踏まれておらずあまり利用されていないようでした。
天鳥川は枯れていましたが、雨天時は渡渉が必要となるため注意が必要です。

<桃太郎岩〜瑞牆山>
登山道を歩くと言うよりは岩を登っていくと言った方が感覚的には近いかもしれません。ストックは邪魔に感じる方が多いのかほとんど使われていませんでした。グローブがあると岩や木の枝を掴めるので安心でしょう。鎖場もありますが、岩の表面が乾いていれば靴のグリップとホールドで十分問題ありません。帰りは場所によって腰上ほどの段差を下りることもあるため足首や膝を痛めないような下り方を推奨します。
その他周辺情報増富の湯(10〜19時)を利用しました。820円。(瑞牆山荘に割引券あり)
開館直後に訪れましたがかなり人が多くて驚きました。源泉は冷たい(25℃〜35℃)ので所謂温泉だと思って訪れると少し期待外れとなるかもしれません。
https://www.masutominoyu.com/
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ
共同装備 行動食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具

写真

富士見平まではノンストップ。瑞牆山から下りてきたときにはガスの中でした。
2017年06月10日 05:49撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平まではノンストップ。瑞牆山から下りてきたときにはガスの中でした。
1
富士見平小屋を過ぎると少し足場が悪くなります。
2017年06月10日 05:52撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋を過ぎると少し足場が悪くなります。
枯れた天鳥川を越えればすぐに桃太郎岩。見事な割れ目です。
2017年06月10日 06:12撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れた天鳥川を越えればすぐに桃太郎岩。見事な割れ目です。
花崗岩の上にびっしりとシャクナゲ。
2017年06月10日 06:30撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩の上にびっしりとシャクナゲ。
振り返れば富士山が見えますね。
2017年06月10日 06:51撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば富士山が見えますね。
1
鎖場は両手を使って慎重に。
2017年06月10日 06:59撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場は両手を使って慎重に。
1
力強く根を張る木々。
2017年06月10日 07:08撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
力強く根を張る木々。
ここまでくれば山頂はすぐそこです。
2017年06月10日 07:14撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでくれば山頂はすぐそこです。
最後の岩場。少し湿っていて嫌な箇所でした。
2017年06月10日 07:15撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の岩場。少し湿っていて嫌な箇所でした。
山頂は広々!
2017年06月10日 07:20撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は広々!
4
金峰山がすぐそこに見えます。
2017年06月10日 07:21撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山がすぐそこに見えます。
2
ズームしてみると五丈岩もバッチリですね。
2017年06月10日 07:21撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームしてみると五丈岩もバッチリですね。
1
正面には鳳凰三山が。残念ながら北岳はガスの中。
2017年06月10日 07:27撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には鳳凰三山が。残念ながら北岳はガスの中。
3
西には八ヶ岳。こちらも赤岳山頂付近はガスの中。
2017年06月10日 07:28撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西には八ヶ岳。こちらも赤岳山頂付近はガスの中。
1
古い方は木の枝で隠れてましたね。
2017年06月10日 07:52撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い方は木の枝で隠れてましたね。
1
標識。
2017年06月10日 07:54撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識。
山座同定の助けとなります。
2017年06月10日 07:55撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山座同定の助けとなります。
帰りに大ヤスリ岩前のイワカガミを収めました。もう少し陽が当たるとよかったんですが。
2017年06月10日 08:13撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに大ヤスリ岩前のイワカガミを収めました。もう少し陽が当たるとよかったんですが。
1
薄桃色のシャクナゲきれいですねー。
2017年06月10日 08:34撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄桃色のシャクナゲきれいですねー。
2
花崗岩と新緑の対比が映えます。
2017年06月10日 08:43撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩と新緑の対比が映えます。
アカヤシオでしょうか。天鳥川脇に咲いていました。
2017年06月10日 08:45撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオでしょうか。天鳥川脇に咲いていました。
1
富士見平小屋までの帰り道を振り返って。
2017年06月10日 09:05撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋までの帰り道を振り返って。
富士見平小屋まで戻って来ました。瑞牆山バッチを購入。金峰山は売り切れてました。
2017年06月10日 09:16撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋まで戻って来ました。瑞牆山バッチを購入。金峰山は売り切れてました。
1
朝よりは少し減ったような気がしますが、結構賑わっています。
2017年06月10日 09:18撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝よりは少し減ったような気がしますが、結構賑わっています。
林道との交差地点まで戻って来ました。まだまだたくさんの人が登ってきます。
2017年06月10日 09:37撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道との交差地点まで戻って来ました。まだまだたくさんの人が登ってきます。
1
新緑のトンネルの中気持ちのいい山行となりました。
2017年06月10日 09:44撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑のトンネルの中気持ちのいい山行となりました。
1
撮影機材:

感想/記録

<経緯>
前回の金峰山(富士見平小屋テント泊ピストン)で計画していたものの、天候不良のために見送っていた瑞牆山へのリベンジです。
残雪山行も行きたいところでしたが、梅雨前の晴れ間を狙って直前まで悩んだ結果ここに落ち着きました。2017夏山シーズン開始です。
前回⇒https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-832642.html

<感想>
思っていた通り岩場の登り下りは全身運動でかなり楽しめました。
心配していた天気もなんとか晴れてくれたおかげで眺望もよく、青空と新緑と白い花崗岩を楽しむことができました。あまり人も多くなく静かな山行を満喫できたのでよかったです。
訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ