また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1177017 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

筑波山【稲荷信者登拝記2】

日程 2017年06月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
つくばエクスプレス【秋葉原】→【つくば】(45分)→
シャトルバス【筑波神社前】(40分)→徒歩(10分)

【バス時刻表】http://kantetsu.co.jp/bus/mt_tsukuba.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
1時間30分
合計
4時間50分
S筑波山神社10:2012:30御幸ヶ原12:5013:00筑波男体山13:2013:40御幸ヶ原14:1014:20筑波山(女体山)14:4014:50御幸ヶ原15:10筑波山神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
筑波山神社より御幸ヶ原コースで登り、男体山、女体山を巡ってから白雲橋コースでの下山を予定していたが、時間が押してしまい、女体山から御幸ヶ原へ引き返してケーブルカーで下山。
コース状況/
危険箇所等
御幸ヶ原コースは木の根が張りだした道や岩場が大半。ビギナー向けの山という割には結構険しい印象。週末は人ごみで渋滞し、ケーブルカーも大行列とのこと。御幸ヶ原に茶屋が多数あり、飲食可能。他、茶屋数件。
その他周辺情報筑波山神社周辺に宿泊施設多数。日帰り入浴も可。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール
備考 水は1.3L。女体山から引き返したので余裕があった。半袖を着用していたので両腕が真っ赤に日焼け。夏山の紫外線を甘く見ていた。次回までには長袖のウェアを準備したい。

写真

つくば駅前のバスターミナル。筑波山へは1番乗り場から。つくばエクスプレスの改札前にコンビニあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つくば駅前のバスターミナル。筑波山へは1番乗り場から。つくばエクスプレスの改札前にコンビニあり。
筑波山神社へのシャトルバスの夏季のダイヤ。まさか平日は1時間1本とは…。ろくに調べずに着てしまったので、9:00の便まで40分待つことに。うーん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山神社へのシャトルバスの夏季のダイヤ。まさか平日は1時間1本とは…。ろくに調べずに着てしまったので、9:00の便まで40分待つことに。うーん。
筑波神社前まではバスで40分ほどの道のり。平日は席にも余裕があり、ザックを隣に置いたりできる。バスは途中で曲がるので、左右どちらの席でも筑波山が望める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波神社前まではバスで40分ほどの道のり。平日は席にも余裕があり、ザックを隣に置いたりできる。バスは途中で曲がるので、左右どちらの席でも筑波山が望める。
バス亭「筑波神社前」下車。参道の大鳥居が迎えてくれます。トイレ、売店、電話ボックスあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス亭「筑波神社前」下車。参道の大鳥居が迎えてくれます。トイレ、売店、電話ボックスあり。
神社まで10分ほど歩く。宿泊施設や自販機が点在。帰りのバスを逃したらこの辺りにお世話になることに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社まで10分ほど歩く。宿泊施設や自販機が点在。帰りのバスを逃したらこの辺りにお世話になることに。
10:00前に筑波山神社着。さすがに風格のある神門。傍らには杉の御神木が聳える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00前に筑波山神社着。さすがに風格のある神門。傍らには杉の御神木が聳える。
山に抱かれ、静かで趣のある境内。奈良時代に纏められた「常陸国風土記」には筑波山信仰がすでに見え、古くからの聖地であることが伺える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山に抱かれ、静かで趣のある境内。奈良時代に纏められた「常陸国風土記」には筑波山信仰がすでに見え、古くからの聖地であることが伺える。
拝殿。本殿は男体山・女体山それぞれの山頂にある。山を神体として遥拝するのが原始の神社の姿であり、このような立派な拝殿は仏教建築の影響を受けた後世のもの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝殿。本殿は男体山・女体山それぞれの山頂にある。山を神体として遥拝するのが原始の神社の姿であり、このような立派な拝殿は仏教建築の影響を受けた後世のもの。
摂社の朝日稲荷。ここで大神さまに御挨拶できるとはうれしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摂社の朝日稲荷。ここで大神さまに御挨拶できるとはうれしい。
拝殿向かって左手に「御幸ヶ原コース」の登山口およびケーブルカーの駅がある。かつては神域として登山が禁じられていた筑波山に入れるいい時代。では一礼して行きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝殿向かって左手に「御幸ヶ原コース」の登山口およびケーブルカーの駅がある。かつては神域として登山が禁じられていた筑波山に入れるいい時代。では一礼して行きましょう。
「御幸ヶ原コース」の登り始め。天気は薄く雲がかかっている。平日なので登山客はまばら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「御幸ヶ原コース」の登り始め。天気は薄く雲がかかっている。平日なので登山客はまばら。
しょっぱなから木の根と岩が複雑に絡み合っている道がお出迎え。「高尾山とは全然違うかも」と予感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょっぱなから木の根と岩が複雑に絡み合っている道がお出迎え。「高尾山とは全然違うかも」と予感。
登山客の多い山だけにベンチは所々にある。登山道は基本的に狭く、他の登山客の邪魔になるのでベンチ以外では休憩し辛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山客の多い山だけにベンチは所々にある。登山道は基本的に狭く、他の登山客の邪魔になるのでベンチ以外では休憩し辛い。
1
木の根がなくなったと思ったら、今度は一面の岩場が続く。整地された道はほとんどない。ビギナー向けの山の割には、結構険しいような…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根がなくなったと思ったら、今度は一面の岩場が続く。整地された道はほとんどない。ビギナー向けの山の割には、結構険しいような…。
1
また一休み。新たに導入したトレッキングポールの扱いに戸惑い、ペースを掴めない。とにかく足場が悪く、足の置き場とポールの突き場の両方を意識するのが辛い。木の根の上にポールを突いてしまい、滑ってヒヤリとする場面も。体力よりも集中力が切れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また一休み。新たに導入したトレッキングポールの扱いに戸惑い、ペースを掴めない。とにかく足場が悪く、足の置き場とポールの突き場の両方を意識するのが辛い。木の根の上にポールを突いてしまい、滑ってヒヤリとする場面も。体力よりも集中力が切れた。
コースの中間地点となる「中ノ茶屋跡」ではケーブルカーが間近に望める。ベンチもあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースの中間地点となる「中ノ茶屋跡」ではケーブルカーが間近に望める。ベンチもあり。
後半、さらに険しさを増すコース。トレッキングポールが邪魔に感じてきた…。だが、ポールのおかげで足の負担は明らかに少ない。ペースは上がらないが疲れも感じない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半、さらに険しさを増すコース。トレッキングポールが邪魔に感じてきた…。だが、ポールのおかげで足の負担は明らかに少ない。ペースは上がらないが疲れも感じない。
1
この日は地上は猛暑日だったらしいが、登山道は25℃を下回っていた。立ち止まると空気の涼しさに気付く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は地上は猛暑日だったらしいが、登山道は25℃を下回っていた。立ち止まると空気の涼しさに気付く。
筑波山という男性/女性という対概念を抽象した信仰の地にふさわしいような二又の木。中央が滑らかになっているのは、撫でられているから?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山という男性/女性という対概念を抽象した信仰の地にふさわしいような二又の木。中央が滑らかになっているのは、撫でられているから?
1
男女川源流近くの水場。この日はあまり出ていなかったが、雨の後は多いんだろう。タオルを濡らすには十分だった。飲用に適するかどうかは本によって記述が異なる。要するにお腹が丈夫な人なら飲んでよし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男女川源流近くの水場。この日はあまり出ていなかったが、雨の後は多いんだろう。タオルを濡らすには十分だった。飲用に適するかどうかは本によって記述が異なる。要するにお腹が丈夫な人なら飲んでよし。
1
環境要因か、筑波山中では木に開いた「うろ」を多く見る。これは見方によっては男性性と女性性の合一、夫婦和合・子孫繁栄の象徴とも取れる。古代の人はこういうものから2つの山を名づけたのだろうか。想像が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
環境要因か、筑波山中では木に開いた「うろ」を多く見る。これは見方によっては男性性と女性性の合一、夫婦和合・子孫繁栄の象徴とも取れる。古代の人はこういうものから2つの山を名づけたのだろうか。想像が広がる。
地上ではまだ見ない蝉が沢山いる。山は季節が早い。そんなところも魅力か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地上ではまだ見ない蝉が沢山いる。山は季節が早い。そんなところも魅力か。
御幸ヶ原直前の急登。「登山では体幹がぶれるので手を振らずに歩く」というから前回の高尾ではそれを練習したのに、ポールを持ったらまた振るはめに。難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御幸ヶ原直前の急登。「登山では体幹がぶれるので手を振らずに歩く」というから前回の高尾ではそれを練習したのに、ポールを持ったらまた振るはめに。難しい。
所要時間2時間10分で、男体山と女体山の鞍部「御幸ヶ原」着。茶屋が立ち並び、トイレもある。観光地といった趣。週末は高尾山のように人で埋まるらしい。「御幸」とはイザナギ命がここを通って女体山へ向かわれるという意味だろうか?なるほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所要時間2時間10分で、男体山と女体山の鞍部「御幸ヶ原」着。茶屋が立ち並び、トイレもある。観光地といった趣。週末は高尾山のように人で埋まるらしい。「御幸」とはイザナギ命がここを通って女体山へ向かわれるという意味だろうか?なるほど。
トイレに立ち寄り男体山へ往復。片道10分の軽い道のりだが、本日一番の急峻な岩場が待ち構える。足を滑らせたら危ない。さすがにポールをザックに掛ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレに立ち寄り男体山へ往復。片道10分の軽い道のりだが、本日一番の急峻な岩場が待ち構える。足を滑らせたら危ない。さすがにポールをザックに掛ける。
1
男体山頂上本殿着。近代ではイザナギ命をお祀りしているが、それ以前は人格のない男性性そのものを神格化していたらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山頂上本殿着。近代ではイザナギ命をお祀りしているが、それ以前は人格のない男性性そのものを神格化していたらしい。
周囲を木に囲まれているので展望は今ひとつ。まだ雲がかかっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲を木に囲まれているので展望は今ひとつ。まだ雲がかかっている。
では伏見稲荷講員としてのお勤めを。恒例の鳥居と神使さまをお祀りする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では伏見稲荷講員としてのお勤めを。恒例の鳥居と神使さまをお祀りする。
男体山頂にはこのような白い斑点のある面白い石が多く見られる。斑れい岩というやつだろうか。白い液状のものが滴ったようにも見える。もしかして、これも男性的イメージの形成に一役買っていたりするのだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山頂にはこのような白い斑点のある面白い石が多く見られる。斑れい岩というやつだろうか。白い液状のものが滴ったようにも見える。もしかして、これも男性的イメージの形成に一役買っていたりするのだろうか。
御幸ヶ原に戻りご飯。すでに14時。ここから女体山まで20分、そこから弁慶茶屋まで40分、白雲橋コースで下山し1時間10分。最終バスが17:00なので、女体山頂で展望を楽しんだり、のんびり写真を撮りながら歩いていたら間に合わないのでは?と今更に気付く。さすがビギナー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御幸ヶ原に戻りご飯。すでに14時。ここから女体山まで20分、そこから弁慶茶屋まで40分、白雲橋コースで下山し1時間10分。最終バスが17:00なので、女体山頂で展望を楽しんだり、のんびり写真を撮りながら歩いていたら間に合わないのでは?と今更に気付く。さすがビギナー。
1
「ビギナーが慣れない山道を急いで転倒」という最悪のケースだけは回避したいので、ゆっくりと女体山頂での展望を楽しんでから引き返して下山することに。ガマ石、セキレイ石などの奇岩が楽しめる軽い登りコースを女体山まで歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ビギナーが慣れない山道を急いで転倒」という最悪のケースだけは回避したいので、ゆっくりと女体山頂での展望を楽しんでから引き返して下山することに。ガマ石、セキレイ石などの奇岩が楽しめる軽い登りコースを女体山まで歩く。
セキレイ岩の前には茶屋も。女体山から東への下りにはさらに奇岩が多数あるというが、今回は断念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキレイ岩の前には茶屋も。女体山から東への下りにはさらに奇岩が多数あるというが、今回は断念。
筑波山山頂の女体山本殿着。とうとうトレッキングポールを仕舞ったのでペースが上がり、20分のコースタイムを半分でクリア。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山山頂の女体山本殿着。とうとうトレッキングポールを仕舞ったのでペースが上がり、20分のコースタイムを半分でクリア。
筑波山(女体山)877mの山頂でもお勤め。風が強かったので落下を心配し、お狐さまはなし。そうだよね、山頂というのは大抵風が強いよね。ひっつき虫とか必要だな…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山(女体山)877mの山頂でもお勤め。風が強かったので落下を心配し、お狐さまはなし。そうだよね、山頂というのは大抵風が強いよね。ひっつき虫とか必要だな…。
山頂の岩場からは関東平野を望むすばらしい展望が広がり、登山の醍醐味を味わった。これは高尾山にはなかった。高層ビルなどの展望台とは違い、柵も何もなく直に高所を感じる初めての感動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の岩場からは関東平野を望むすばらしい展望が広がり、登山の醍醐味を味わった。これは高尾山にはなかった。高層ビルなどの展望台とは違い、柵も何もなく直に高所を感じる初めての感動。
つつじが丘から山頂直下までケーブルカーが来ているので、手ブラの人も多い。山登りはちょっとな…という人もこの展望は味わえる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじが丘から山頂直下までケーブルカーが来ているので、手ブラの人も多い。山登りはちょっとな…という人もこの展望は味わえる。
山頂で20分ほど眺望を楽しみ、御幸ヶ原へ引き返しケーブルカーで下山。歩いて下山しても最終バスには十分間に合ったと思うが、混むと嫌なので一本前に乗ろうと考えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で20分ほど眺望を楽しみ、御幸ヶ原へ引き返しケーブルカーで下山。歩いて下山しても最終バスには十分間に合ったと思うが、混むと嫌なので一本前に乗ろうと考えた。
15:20、麓の筑波山神社着。拝殿にて両神にお礼とお暇を申し上げる。もう一度軽く神社を散策してバス亭へ。お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:20、麓の筑波山神社着。拝殿にて両神にお礼とお暇を申し上げる。もう一度軽く神社を散策してバス亭へ。お疲れさまでした。

感想/記録

二回目の登拝は万葉集にも語られる古来よりの信仰の山、筑波山を選択。梅雨前線が関東にかかる前日の猛暑日となった。

「つくばエクスプレス」のおかげで都内からのアクセスはいいが、つくば駅からのシャトルバスは平日は1時間1本のみ。バス待ちで時間を取られるとアクセスのよさも台無しになってしまう。

筑波山は高尾山同様にビギナー向けの筆頭に挙げられていることが多いが、整地された道が多い高尾とは異なり、木の根が蜘蛛の巣のように張りだした道や急な岩場が絶え間なく続く(御幸ヶ原コース)。行動食をパクつきながらハイキング気分で歩くという感じではなかった。慣れないトレッキングポールの扱いにも手間取ってペースを掴めない。のんびりしすぎたこともあり、帰りの最終バス(平日17:10)に間に合うか不安になったので予定を変更してケーブルカーで下山。こういう選択肢があることがビギナー向けの所以と実感。残念だったが、女体山頂上の展望はすばらしく、登山の魅力を満喫できた。

【今回の課題】交通機関のダイヤをきちんと把握すること。トレッキングポールに慣れよう。臨機応変に判断できたのはよかった。
訪問者数:230人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ