ヤマレコ

記録ID: 1178920 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

初めての六甲山系は、須磨アルプスから

日程 2017年06月22日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
登山口 山陽電鉄 須磨浦公園駅
下山先 山陽電鉄 板宿

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
18分
合計
4時間3分
S須磨浦公園駅09:2009:46鉢伏山09:53旗振山09:5410:08鉄拐山10:1910:32おらが茶屋10:3311:08栂尾山11:1011:27横尾山11:2811:55須磨アルプス馬の背12:02東山12:0413:14板宿八幡神社13:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
わかりやすいです。
旗振山までは舗装遊歩道
栂尾山から横尾山までは、住宅街を通ります。
馬の背は、注意して歩けば大丈夫です。
その他周辺情報板宿駅周辺には、入浴施設はありません。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

須磨浦公園駅 山陽電鉄の駅とロープウェイ乗り場が一緒です。
まずは、ここからスタート。
2017年06月22日 09:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須磨浦公園駅 山陽電鉄の駅とロープウェイ乗り場が一緒です。
まずは、ここからスタート。
1
ハイキングコースの案内。
2017年06月22日 09:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコースの案内。
1
しばらくは、整備されたハイキングコースというか遊歩道を歩きます。
2017年06月22日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは、整備されたハイキングコースというか遊歩道を歩きます。
1
といってるまに鉢伏山。
2017年06月22日 09:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
といってるまに鉢伏山。
1
やっと登山道らしくなってきます。
2017年06月22日 09:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと登山道らしくなってきます。
1
旗振山を目指します。
2017年06月22日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山を目指します。
1
そしてあっという間に旗振山。
2017年06月22日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてあっという間に旗振山。
1
旗振茶屋です。常連さんが集ってます。
2017年06月22日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振茶屋です。常連さんが集ってます。
1
須磨海浜公園の砂浜
2017年06月22日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須磨海浜公園の砂浜
コース上にはこんな表示。
2017年06月22日 10:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース上にはこんな表示。
次は、鉄拐山へgo
2017年06月22日 10:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は、鉄拐山へgo
着きました(笑)
2017年06月22日 10:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました(笑)
1
標高がないので眺望は似ています。
2017年06月22日 10:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高がないので眺望は似ています。
この日は、そんなに景色はよくないです。
2017年06月22日 10:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は、そんなに景色はよくないです。
公園の中を歩くとおらが茶屋に到着。
2017年06月22日 10:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園の中を歩くとおらが茶屋に到着。
1
山を歩いているのにすぐそばには住宅街が広がります。
2017年06月22日 10:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山を歩いているのにすぐそばには住宅街が広がります。
振り返って鉄拐山方面。
2017年06月22日 10:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って鉄拐山方面。
旗振山、鉢伏山。
2017年06月22日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山、鉢伏山。
細い階段を下ります。
2017年06月22日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い階段を下ります。
住宅街を抜けていくのがなんとも不思議。
2017年06月22日 10:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅街を抜けていくのがなんとも不思議。
栂尾山に到着。
2017年06月22日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂尾山に到着。
メインイベントの馬の背に到達。
2017年06月22日 11:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインイベントの馬の背に到達。
1
とても神戸の街中とは思えない景色が広がります。
2017年06月22日 11:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても神戸の街中とは思えない景色が広がります。
1
ちょっと離れた場祖から。
2017年06月22日 11:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと離れた場祖から。
1
階段を下りてきました。
2017年06月22日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を下りてきました。
2
馬の背を後にして振り返ります。
2017年06月22日 12:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背を後にして振り返ります。
1
撮影機材:

感想/記録
by Crow1

カミさんの帰省に合わせて神戸の山に挑戦。神戸といえばやっぱり六甲。
須磨に夕方用事があるので須磨アルプス。
翌日に六甲横断を予定してるので足慣らしも兼ねての登山。

高低差があまりなく登山というよりトレラン向き。
ただ、名勝馬の背はとても都会にある景色と思えないものただ、ちょっと風化が進んでるようなのでこの景色は守っていかないといけないのかも。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/4/22
投稿数: 614
2017/6/27 8:25
 良かったでしょう(^^)
右手に海を眺めながら歩かれたのですね。
馬の背に着いた時はトキメキませんでしたか?
楽しい山行でしたね👏
登録日: 2015/9/4
投稿数: 139
2017/6/27 22:32
 Re: 良かったでしょう(^^)
海あり街あり荒れ地ありと変化にとんだコースでした。
ハイキングよりもトレランのほうが向いてるかも。
地元出身の義兄に聞くと中学校の野外活動でよく登るコースだそうです(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

馬の背 ロープウェイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ