ヤマレコ

記録ID: 1179401 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

高妻山、山頂目前でまさかの携帯バッテリー切れ!

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候日差しもある薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸隠キャンプ場入り口手前に登山者用大駐車場有り。寝坊して駐車場に着いたのが7時40分になってしまいましたが、問題無く停められました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間41分
休憩
16分
合計
3時間57分
S戸隠キャンプ場バス停07:4907:57戸隠牧場入口07:5808:08弥勒尾根コース分岐08:0908:17ゲート08:1709:09帯岩09:1809:35一不動(避難小屋)09:4110:43五地蔵山10:4311:23八観音11:2311:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
①聞きしに勝るロングコース!6時過ぎには歩き始めたいと思っていたのに、よりによって寝坊!8時前には歩き始められたものの、遅れを取り戻そうと無意識のうちにオーバーペース気味に。
②登りのコースは、牧場ののどかな風景から始まり、沢あり滝ありトラバースあり、さらには三点支持でのプチ岩登りまでありと、壮大なロングコースに飽きさせない魅力が満載。(一方、下りに使った弥勒尾根の新道は、ただただきつく長かった。)
③最大限このコースを楽しみたいのなら、やはりペースのコントロールが欠かせない。くどいようだがコースが、登りも下りもとにかく長いので、バテないペースを維持することが決めてになる。とわかっていながら、オーバーペースで完全にバテてしまった自分はまだまだ未熟者。
その他周辺情報戸隠神社中社から少し入ったところにある神告げ温泉で、あせを流し疲れを癒す。大人600円
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

寝坊するも、広い駐車場に救われ、余裕で停められた。
2017年06月24日 07:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寝坊するも、広い駐車場に救われ、余裕で停められた。
2
キャンプ場入口からが実質的な歩き始め。
2017年06月24日 07:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場入口からが実質的な歩き始め。
戸隠牧場入口。
2017年06月24日 07:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠牧場入口。
1
広い牧場ですが、看板が出ているので迷う心配無し!
2017年06月24日 08:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い牧場ですが、看板が出ているので迷う心配無し!
しかし綺麗な牧場だなあ!
2017年06月24日 08:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし綺麗な牧場だなあ!
牛がこっちに来る!
2017年06月24日 08:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛がこっちに来る!
4
顔デカッ!でもなんか可愛らしい。
2017年06月24日 08:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顔デカッ!でもなんか可愛らしい。
4
一瞬どっちに行けばいいのか迷う!親切すぎて逆にわかりにくい?
2017年06月24日 08:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬どっちに行けばいいのか迷う!親切すぎて逆にわかりにくい?
一面黄色。綺麗。
2017年06月24日 08:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面黄色。綺麗。
キンポウゲ?
2017年06月24日 08:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンポウゲ?
1
ここで牧場ののどかな風景とは、一旦お別れ。本格的な登山道に入る。
2017年06月24日 08:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで牧場ののどかな風景とは、一旦お別れ。本格的な登山道に入る。
1
沢沿いのとても気持ちの良い登山道。
2017年06月24日 08:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いのとても気持ちの良い登山道。
1
途中何箇所か沢を渡る。
2017年06月24日 08:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中何箇所か沢を渡る。
1
これは沢では無く登山道。綺麗な水が流れてる。
2017年06月24日 08:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは沢では無く登山道。綺麗な水が流れてる。
このコース一の巨木。
2017年06月24日 08:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース一の巨木。
滑滝を鎖を使って上ります。
2017年06月24日 09:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑滝を鎖を使って上ります。
3
鎖場。一見手強そうにも見えるが、足場があるので心配無し。
2017年06月24日 09:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。一見手強そうにも見えるが、足場があるので心配無し。
鎖を頼りにトラバース。
2017年06月24日 09:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖を頼りにトラバース。
1
とても綺麗な滝。
2017年06月24日 09:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても綺麗な滝。
1
三点支持で滝の横を登る。なんだかとても楽しい。
2017年06月24日 09:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三点支持で滝の横を登る。なんだかとても楽しい。
1
沢を直登!
2017年06月24日 09:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を直登!
避難小屋。緊急時以外使用不可だそうです。
2017年06月24日 09:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋。緊急時以外使用不可だそうです。
一不動。
2017年06月24日 09:41撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一不動。
先週、今日のための予行練習として飯綱山と瑪瑙山頂をつなぐコースを歩いた。
が、やはり今日のコースとはスケールが違いすぎる!練習になどなっていなかったことを思い知らされた。
2017年06月24日 09:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週、今日のための予行練習として飯綱山と瑪瑙山頂をつなぐコースを歩いた。
が、やはり今日のコースとはスケールが違いすぎる!練習になどなっていなかったことを思い知らされた。
2
イワカガミ。
2017年06月24日 09:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
1
二釈迦。
2017年06月24日 09:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二釈迦。
スタート地点の牧場。ずいぶん登ってきた。
2017年06月24日 09:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点の牧場。ずいぶん登ってきた。
尾根の片側は、常に絶壁。
2017年06月24日 09:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の片側は、常に絶壁。
三文殊。
2017年06月24日 10:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三文殊。
五地蔵山ピーク。
2017年06月24日 10:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵山ピーク。
四普賢。
2017年06月24日 10:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四普賢。
五地蔵。五地蔵山山頂は、視界無し。少し先に好展望の平らなところあり。
2017年06月24日 10:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵。五地蔵山山頂は、視界無し。少し先に好展望の平らなところあり。
六弥勒。下りに使う弥勒尾根新道との分岐はここ。
2017年06月24日 10:43撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六弥勒。下りに使う弥勒尾根新道との分岐はここ。
高妻山山頂をようやくとらえた!
2017年06月24日 10:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山山頂をようやくとらえた!
ホントちっちゃな雪渓。当然アイゼン不要。
2017年06月24日 10:46撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホントちっちゃな雪渓。当然アイゼン不要。
七薬師。スタミナ切れ寸前。ここでポール投入。
2017年06月24日 10:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七薬師。スタミナ切れ寸前。ここでポール投入。
八観音。
2017年06月24日 11:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八観音。
山頂は、まだ遠く!
2017年06月24日 11:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は、まだ遠く!
1
九勢至。眺望抜群。休憩適地。でも先を急ぐことに。
2017年06月24日 11:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九勢至。眺望抜群。休憩適地。でも先を急ぐことに。
残すは、山頂直下の急登のみ。しかしきつい。ここまで、寝坊を挽回しようとオーバーペース気味でスタミナ切れ寸前。ここで気付いた!携帯もバッテリー切れ寸前ということに。
2017年06月24日 11:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残すは、山頂直下の急登のみ。しかしきつい。ここまで、寝坊を挽回しようとオーバーペース気味でスタミナ切れ寸前。ここで気付いた!携帯もバッテリー切れ寸前ということに。
携帯のスタミナの方がもうダメらしい。頑張れ!の声援虚しく、山頂を目前にしながら電源ダウン!
2017年06月24日 11:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
携帯のスタミナの方がもうダメらしい。頑張れ!の声援虚しく、山頂を目前にしながら電源ダウン!
2
撮影機材:

感想/記録
by nakomi

寝坊し、中止しようかとも考えた今回の山行。
花が綺麗な上、沢、滝、鎖場、岩とバリエーション豊富で本当に飽きさせないコースを満喫することができました(中止しなくて本当に良かった)。
山頂への道のりの長さも全てひっくるめて、さすがは百名山!貫禄のある山でした。
※虫もすごかったので、山行される際は、虫対策をお忘れなく。
※あと、(当たり前ですが)寝坊せず、早めに歩き始められることをお勧めします。
訪問者数:194人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ