ヤマレコ

記録ID: 1179569 全員に公開 ハイキング近畿

音羽山 【JR大津駅〜音羽山〜醍醐山〜上醍醐】

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
電車
逢坂の関登山口付近には駐車場がありません。
JR大津駅付近には有料Pが多数あります。

下山口に選んだ醍醐寺には有料Pがあります。
5時間以内 700円 以降30分100円とのこと。高いですね。

【トイレ設置個所】
JR大津駅→逢坂の関→音羽山手前にある(未確認)→牛尾観音(not水洗)→醍醐寺上醍醐境内→醍醐寺(めちゃきれい)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
【逢坂の関〜音羽山】 整備万全  道標十分

【音羽山〜牛尾観音】 道は良い  道標はやや弱い

【牛尾観音〜高塚山】 道は崩落個所点々と(安全に通行可)  道標は弱い

【高塚山〜醍醐山】  道は良い  道標は弱い

【醍醐山〜醍醐寺】  整備万全  道標十分

その他周辺情報JR大津駅から始めるなら、逢坂の関まで、コンビニは一切ありません。
国道1号線を逆方向に少し行けばファミマ(音羽台交差点)ありますが。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

備考 凍らせたお茶を持っていきました。

写真

先週も見た景色
JR大津駅から始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週も見た景色
JR大津駅から始めます
天下の大動脈
国道1号線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天下の大動脈
国道1号線
東海自然歩道
逢坂山歩道橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道
逢坂山歩道橋
この階段から上がれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段から上がれます
クサリをくぐって上がれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリをくぐって上がれます
1
京阪電鉄 大谷駅から来たら
この景色
左側の階段から登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京阪電鉄 大谷駅から来たら
この景色
左側の階段から登ります
音羽山 頂上からの眺め
手前山科、奥にJR京都駅周辺
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音羽山 頂上からの眺め
手前山科、奥にJR京都駅周辺
音羽山からすこし行ったところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音羽山からすこし行ったところ
石山方面
この眺めが私的にベスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石山方面
この眺めが私的にベスト
分岐
右に切って牛尾観音を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐
右に切って牛尾観音を目指す
その標識がコレ
増強してください
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その標識がコレ
増強してください
パノラマ台別れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ台別れ
牛尾観音への道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛尾観音への道標
牛尾観音に降り立ちました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛尾観音に降り立ちました
霊水 金生水
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊水 金生水
なんと、
かの清水寺の奥之院とか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと、
かの清水寺の奥之院とか
牛尾観音から車道を
下ります。
これでもかと下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛尾観音から車道を
下ります。
これでもかと下ります。
車道参道を下りきり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道参道を下りきり
高塚山・上醍醐への道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高塚山・上醍醐への道標
左手に高塚山への登山道
見落とさないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に高塚山への登山道
見落とさないように
こけこっこー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こけこっこー
虎ロープが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎ロープが・・・
登山道が崩落してますが、
しっかり右に迂回路アリ
進めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が崩落してますが、
しっかり右に迂回路アリ
進めます
この橋は朽ちてますので
左下を渡渉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋は朽ちてますので
左下を渡渉
なかなかに複雑な
ジャンクション
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかに複雑な
ジャンクション
崩落した道が続くが
危険個所は無い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落した道が続くが
危険個所は無い
高塚山への分岐
増強してください・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高塚山への分岐
増強してください・・・
ここが高塚山の
山頂でしょうか??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが高塚山の
山頂でしょうか??
高塚山?からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高塚山?からの眺め
アスファルトに出た
この写真の右(死角)に道標がある
しかし見落とし、しばし彷徨
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスファルトに出た
この写真の右(死角)に道標がある
しかし見落とし、しばし彷徨
横嶺峠へ向かう
正面に醍醐山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横嶺峠へ向かう
正面に醍醐山
醍醐の街並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐の街並み
アスファルトを1劼らい
歩かされます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスファルトを1劼らい
歩かされます
横嶺峠に着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横嶺峠に着きました
1
上醍醐・岩間へと進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上醍醐・岩間へと進む
整備された登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された登山道
火気厳禁
厳守でお願いします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火気厳禁
厳守でお願いします
上醍醐の境内に
飛び出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上醍醐の境内に
飛び出ました
ひっそりと醍醐山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひっそりと醍醐山頂
1
山頂一帯は
国宝、重文の宝庫
火気厳禁です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂一帯は
国宝、重文の宝庫
火気厳禁です
醍醐山頂からの眺めは
イマイチです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐山頂からの眺めは
イマイチです
整備された道を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された道を下る
上醍醐の登山口に来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上醍醐の登山口に来ました
振り返る
左が料金所
右が下山時に通過する口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る
左が料金所
右が下山時に通過する口
醍醐寺国宝五重塔
木で覆い見えない・・・
ぬぅ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐寺国宝五重塔
木で覆い見えない・・・
ぬぅ・・
これも国宝
三宝院唐門
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも国宝
三宝院唐門
醍醐寺参道から振り返る
正面に醍醐山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐寺参道から振り返る
正面に醍醐山
旧奈良街道を行き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧奈良街道を行き
勝手知ったる京都外環状線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝手知ったる京都外環状線
地下鉄小野駅を
華麗にスルーして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地下鉄小野駅を
華麗にスルーして
ゴール
JR山科駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール
JR山科駅
1

感想/記録

今週も土曜日までは天気が持つとのことで。
先週痛い目にあった音羽山を、今日は上醍醐へ。

ーーーーーー
先週勉強した逢坂の関の登山口の取りつき。
制止のクサリをくぐって難なく取りつく。

音羽山からの眺めは、今日は暑く、締まりが無い。

牛尾観音は、無人の祠くらいに思ってましたが、
立派な有人施設でした。
なんと、かの有名な京都は清水寺の奥之院とか。
トイレ、水場もアリ、長い行程の中重宝です。
牛尾観音に集う紳士らに、高塚山・上醍醐への道を確認しました。
感謝です。

牛尾観音から高塚山へは、渡渉を繰り返し、
また登山道崩落個所も点々と。
幸いにして迂回路など整備されており問題ないですが、
雨天時は行かないほうが良いと思います。

高塚山からアスファルト道に降りたら『右折です』
右手の死角に道標がありますが、降りてきたとこでは見えません。
当初見落として右往左往しました。
アスファルト道を1劼曚氷圓と横嶺峠から最後の登り、醍醐山へと続きます。

上醍醐は国宝・重文の宝庫です。
整備された参道を降ります。

アスファルト道を歩く平易さに感心し、
JR山科駅まで歩いてみました。
ーーーーーーーー


高塚山への道中、親切な夫妻に醍醐寺へ下る件について指導乞いました。
問題なく行けました。感謝です。
また、途上に虎ロープ張っている旨、いただきましたが、
そこは登山道崩落地でしたが、右に迂回路ありまして、
高塚山〜醍醐山〜醍醐寺と無事に通過できました。

牛尾観音でも走路を教えてもらったりと。

今日はいろいろ親切な方に助けられました。
訪問者数:186人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ