ヤマレコ

記録ID: 1185093 全員に公開 沢登り丹沢

社宮司沢~袖平山

日程 2017年07月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り~晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
エビラ沢橋に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
2分
合計
6時間34分
S社宮司沢06:2911:13袖平山11:1411:41標高1139m地点11:53標高944m地点11:5412:52社宮司沢13:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン グローブ ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング 渓流シューズ トポ ルート図

写真

エビラ沢橋から出発
2017年07月02日 06:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビラ沢橋から出発
社宮司沢入り口のダンプやユンボの脇を通り奥へ
2017年07月02日 06:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社宮司沢入り口のダンプやユンボの脇を通り奥へ
進むとすぐに堰堤。取水しているようで配管があり、流れはほとんど無い
2017年07月02日 06:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進むとすぐに堰堤。取水しているようで配管があり、流れはほとんど無い
手すり階段を上がると堰堤下に出る。右手前から巻くと、横からの経路がある
2017年07月02日 06:33撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手すり階段を上がると堰堤下に出る。右手前から巻くと、横からの経路がある
でかい堰堤
2017年07月02日 07:07撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でかい堰堤
堰堤を左の植林から急斜面を這い上がり巻く(上から)
2017年07月02日 07:12撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を左の植林から急斜面を這い上がり巻く(上から)
落ち口を横から。この場所にロープあるが、その先は細紐に結んであり。
2017年07月02日 07:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口を横から。この場所にロープあるが、その先は細紐に結んであり。
砂の堆積しているようなところはなく滑床が多い沢である
2017年07月02日 07:26撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂の堆積しているようなところはなく滑床が多い沢である
1
ナメが連続する
2017年07月02日 07:34撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが連続する
分岐
2017年07月02日 08:00撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐
ナメである
2017年07月02日 09:00撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメである
右の水流がある方から登ったが、上に乗っている大石がオーバーハングしていて登れず、左の溝部を登った
2017年07月02日 09:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の水流がある方から登ったが、上に乗っている大石がオーバーハングしていて登れず、左の溝部を登った
ここいら辺が最後の核心部である
2017年07月02日 09:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここいら辺が最後の核心部である
2
チョックストーン。越えられず右から巻き、落ち口の上に出るがストンと落ちていて沢床に降りるのに苦労した
2017年07月02日 09:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョックストーン。越えられず右から巻き、落ち口の上に出るがストンと落ちていて沢床に降りるのに苦労した
大きな石積みの堰堤、左奥にも堰堤が見えている
2017年07月02日 09:46撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな石積みの堰堤、左奥にも堰堤が見えている
2つ目の石積み堰堤
2017年07月02日 09:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の石積み堰堤
つめまでかなり手前だが、登りづらくなったので左の斜面に逃げることにして沢装備を解く。スパッツ下からヒルが3匹。ハッカ油スプレーにて退治。
2017年07月02日 10:03撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つめまでかなり手前だが、登りづらくなったので左の斜面に逃げることにして沢装備を解く。スパッツ下からヒルが3匹。ハッカ油スプレーにて退治。
つめは長い急登を4つ足で這い上がる
2017年07月02日 10:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つめは長い急登を4つ足で這い上がる
ようやく稜線の小径に出た
2017年07月02日 10:57撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線の小径に出た
袖平山山頂
2017年07月02日 11:13撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山山頂
いつもの看板。北尾根を東野方面へ下る
2017年07月02日 11:15撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの看板。北尾根を東野方面へ下る
東野方面から外れ北尾根の急傾斜を下る
2017年07月02日 11:54撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東野方面から外れ北尾根の急傾斜を下る
振り返っても、すごい斜度。このあと何度かヒルに襲われる。ハッカ油スプレーを何処かで落としてしまい、予備に持っていた塩スプレーにて退治する。
2017年07月02日 12:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返っても、すごい斜度。このあと何度かヒルに襲われる。ハッカ油スプレーを何処かで落としてしまい、予備に持っていた塩スプレーにて退治する。
予定通り、ジジイ宮に下りてきた。無事に降りてきたことを参って本日の山歩きは終了。
2017年07月02日 12:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通り、ジジイ宮に下りてきた。無事に降りてきたことを参って本日の山歩きは終了。

感想/記録

大きな滝は無く、明るい滑床が続く沢。途中、袖平山直下に続く沢筋を計画していたが、気づくのが遅く通り過ぎてしまった。つめは長く急斜面を木から木へ伝いながら、4つ足で上り詰めた。下りは944mピークからが急過ぎてサクサクと降りてこられなかった。
訪問者数:112人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ