また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1185796 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

初めて大山へ

日程 2017年07月03日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
1時間32分
合計
5時間33分
S夏山道登山口(大山寺橋側)08:5509:32三合目09:3809:52五合目09:5509:57行者谷分かれ09:5910:06六合目避難小屋10:1810:38八合目10:4310:50石室方面との分岐10:5411:04大山頂上避難小屋11:0911:09大山頂上碑11:1511:14大山11:15大山頂上避難小屋11:1911:20大山頂上碑11:2311:38大山頂上避難小屋11:5112:05石室12:0712:12石室方面との分岐12:18八合目12:2012:45六合目避難小屋12:4712:52行者谷分かれ13:0013:22元谷小屋13:3413:47元谷堰堤右岸分岐13:58元谷・下宝珠越分岐14:05大神山神社14:0614:13大山寺14:1414:21大山火の神岳温泉「豪円湯院」14:2214:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

早朝に蒜山SA から見える大山
この時は天気良さそう。
2017年07月03日 06:34撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝に蒜山SA から見える大山
この時は天気良さそう。
1
南光河原駐車場
2017年07月03日 08:55撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南光河原駐車場
夏山道登山口
2017年07月03日 08:55撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山道登山口
丸太の階段が続きます
2017年07月03日 09:38撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太の階段が続きます
まだまだ丸太の階段が・・・
2017年07月03日 09:49撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ丸太の階段が・・・
六合目の避難小屋で小休止
真庭から来られた写真左の男性と歩くペースが同じぐらいなので、話しながら登ります。
2017年07月03日 10:12撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目の避難小屋で小休止
真庭から来られた写真左の男性と歩くペースが同じぐらいなので、話しながら登ります。
aoitoriさんのレコでよく登場する、ユートピア避難小屋が見えます。
2017年07月03日 10:15撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
aoitoriさんのレコでよく登場する、ユートピア避難小屋が見えます。
1
どれが剣ヶ峰❓
2017年07月03日 10:23撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれが剣ヶ峰❓
四国の山とは風景が違います。
2017年07月03日 10:35撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四国の山とは風景が違います。
1
石室分岐
帰りは周回
2017年07月03日 10:55撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室分岐
帰りは周回
大山、あの木道です。
2017年07月03日 10:56撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山、あの木道です。
3
天空へ続く木道
ガスがかかって来て、風が強いです。
2017年07月03日 11:01撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空へ続く木道
ガスがかかって来て、風が強いです。
1
山頂の避難小屋が見えときました。
2017年07月03日 11:06撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の避難小屋が見えときました。
aoitoriさんのレコでよく見る、三角点と剣ヶ峰方面は全然見えません。
2017年07月03日 11:37撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
aoitoriさんのレコでよく見る、三角点と剣ヶ峰方面は全然見えません。
2
山頂は風が強く寒いので、避難小屋で食事されている人が多いです。
2017年07月03日 11:48撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は風が強く寒いので、避難小屋で食事されている人が多いです。
4
下山
振り返り見る山頂方面
2017年07月03日 11:53撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山
振り返り見る山頂方面
1
帰りは石室周回コースで
ガスが晴れて、美保関・美保湾が一望できます。
絶景です。
2017年07月03日 12:02撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは石室周回コースで
ガスが晴れて、美保関・美保湾が一望できます。
絶景です。
2
向う側に登山者が見えます。
2017年07月03日 12:03撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向う側に登山者が見えます。
気持ちの良い広大な景色です。
2017年07月03日 12:03撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い広大な景色です。
3
合流点まで登り返します。
2017年07月03日 12:10撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流点まで登り返します。
1
帰りは行者登山道を下ります。
2017年07月03日 13:08撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは行者登山道を下ります。
1
途中、木々の間から見える北壁です。
2017年07月03日 13:11撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、木々の間から見える北壁です。
1
元谷避難小屋が見える砂防堰堤の河原
ここで迷い子になります。(^_^;)
2017年07月03日 13:21撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元谷避難小屋が見える砂防堰堤の河原
ここで迷い子になります。(^_^;)
対岸の砂防堰堤の上に赤テープを見つけ進と行き止まり。
引き返すとテープのすぐ左に下る道がありました。
2017年07月03日 13:44撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の砂防堰堤の上に赤テープを見つけ進と行き止まり。
引き返すとテープのすぐ左に下る道がありました。
1
元谷下宝珠分岐を大神山神社に向かいます。
2017年07月03日 13:59撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元谷下宝珠分岐を大神山神社に向かいます。
大神山神社境内にある行者登山口です。
2017年07月03日 14:02撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社境内にある行者登山口です。
大神山神社でお参りを済ませ参道を下ります。
2017年07月03日 14:11撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社でお参りを済ませ参道を下ります。
1
大山寺門前町
2017年07月03日 14:22撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山寺門前町
1
駐車場手前の橋の上から撮影
aoitoriさん山の名前を教えて下さい。
2017年07月03日 14:26撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場手前の橋の上から撮影
aoitoriさん山の名前を教えて下さい。
帰りには「ひるぜん焼きそば」
2017年07月03日 17:17撮影 by FTJ152B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りには「ひるぜん焼きそば」
4
虫だらけのフロント
2017年07月04日 09:26撮影 by COOLPIX L340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虫だらけのフロント
2

感想/記録

四国に住んでいて、石鎚山・大山・剣山・三嶺には最低行きたいと思っています。
山友Iさんが長期遠征前にaoitoriさんに案内をお願いして、大山の別の山へ行くのを機会に、私も現地で落ち合い夏山道で弥山に登ることにしました。
前夜に出発して、蒜山SAで初めての車中泊、眠れたのか眠れなかったのか?良く分かりません。(笑)
早朝、顔を洗って車に戻ろうとするとバッタリとaoitoriさんに出会います。
7時過ぎに蒜山ICのすぐそばにある、道の駅「風の家」でIさん、aoitoriさん、aoitoriさんの山友Fさんと落ち合います。
3人とは、途中の駐車場で分かれて私は夏山登山道へ。
八合目辺りまでは階段状の丸太の登山道の連続でしんどかったです。
五合目を過ぎたあたりで、歩く速度が同じぐらいの真庭から来られた男性と話をしながら上りました。大山の話も色々と聞けて良かったです。
視界が一度に広がる木道あたりに来ると風が強くて、ガスがかかって来ました。頂上からの展望は無しです。
寒いので夏用のウインドブレーカを羽織って頂上で昼食です。
頂上で食事をしながら、ガスが飛んでいくのを一時間ほど待ちましたが、この間に一瞬三角点が見えただけです。
この前後1週間、天気予報で傘マークが無いのはこの日だけだったので、平日ですが思ったよりたくさんの登山客です。
でも寒いしガスガスなので皆さん頂上での滞在時間は短いです。
帰りは行者登山道を下ります。
途中、元谷避難小屋の砂防堰堤付近での迷い子になりかけました。(?_?)
まだまだ修行が足りません。
でも自分のペースで楽しい山登りでした。

道の駅「蒜山高原」で風呂に入り、その後は念願の『ひるぜん焼そば』。
美味しかったです。

これで石鎚山と大山は制覇。
次は剣山か三嶺です。
訪問者数:546人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/30
投稿数: 601
2017/7/4 19:36
 お疲れさまでした(^^)/
山頂でガスで残念でしたが、ユートピアや三鈷峰はよく見えてますね。
Iさんと言ってたのですが、やっぱり速いです!!階段地獄でも速い!!
もうちょっと待てばガスがなくなっていましたね(暑いからと集合を早くしたのが裏目に出ましたすみません)
こちらも強風とガスガスで、目的地までは行きませんでしたが、何度か弥山まで見えましたよ(^^♪
ひるぜん焼そばまで食べていただき、うれしいです(^_^)v
今度はぜひ天気のいい日にいらしてくださいね(*^^*)
登録日: 2015/12/21
投稿数: 182
2017/7/5 1:03
 Re: お疲れさまでした(^^)/
まさに階段地獄
今日はふくらはぎが筋肉痛です。
削られた山肌また8合目から上の木道がある景色は、今迄に行った愛媛の山には無い景色なので感動しました。
できれば弥山から剣ヶ峰に向かう景色が見たかったのですが、次の機会の楽しみにとっておきます。
でもあの階段地獄は・・・。
元谷の河原の岩にかかれた赤い矢印は、元谷小屋の方向を向いていました。
元谷小屋下の樹木に赤いテープ、元谷小屋を一周しても道らしきものは無し。
その時丁度Iさんから電話があり、対岸に渡ると聞きました。
元谷小屋すぐ下の砂防堰堤を渡っていくと対岸に赤いテープがありました。
テープのすぐ左下に細い道があったのですが見落として、堤防の上をまっすぐ行くと行き止まりだったので引き返しました。
本来は河原に出ると左側に行ってもっと下を渡るのですよね❓

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ