また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1189218 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

平標山

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平標山第3駐車場に停めました。
7:40頃着でしたが、ほぼ埋まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間11分
休憩
1時間29分
合計
6時間40分
S平標登山口駐車場07:5808:04平標登山口09:02松手山コース送電鉄塔09:1109:46松手山09:5510:55一ノ肩11:21平標山12:0212:33平標山の家12:5813:38平元新道登山口13:4314:33平標登山口14:38平標登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な個所はありませんでした。
その他周辺情報下山後の入浴は、猿ケ京温泉「まんてん星の湯」へ伺いました。
やや熱めながら無色透明の湯が疲れをほぐしてくれました。
施設も清潔でとても落ち着けました。
今なら17:00までマッサージが半額でした。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 足をつってしまった。状況に応じた水と塩分の補給が必要

写真

登山路は階段ぢごく
2017年07月08日 08:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山路は階段ぢごく
しばらく景観はおあずけ
2017年07月08日 08:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく景観はおあずけ
第一のポイント、鉄塔を目指します。
2017年07月08日 08:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一のポイント、鉄塔を目指します。
いくつかお花も咲いています。
2017年07月08日 08:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかお花も咲いています。
苗場スキー場が見えます。観察していきます。
2017年07月08日 09:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場スキー場が見えます。観察していきます。
鉄塔に到着。かぐらスキー場田代ベースが見えます。
2017年07月08日 09:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔に到着。かぐらスキー場田代ベースが見えます。
ちょっと高い位置からの苗場スキー場
2017年07月08日 09:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと高い位置からの苗場スキー場
お花もさいています。
2017年07月08日 09:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花もさいています。
向かい側は鉄線大動脈ですね。
2017年07月08日 09:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かい側は鉄線大動脈ですね。
分岐点です。
2017年07月08日 09:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点です。
樹林帯を抜けると奥に見える平標山まで稜線歩きです。
2017年07月08日 10:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると奥に見える平標山まで稜線歩きです。
1
奥の苗場山、まだ残雪が見えます。
2017年07月08日 10:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の苗場山、まだ残雪が見えます。
眺めの良い登山路ですがきつい
2017年07月08日 10:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めの良い登山路ですがきつい
直射日光が照りつけるので帽子や日焼け止め必須です。
2017年07月08日 10:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直射日光が照りつけるので帽子や日焼け止め必須です。
苗場スキー場、ずいぶん高い位置から見ます。
2017年07月08日 11:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場スキー場、ずいぶん高い位置から見ます。
やっと山頂、残雪が残る仙ノ倉山
2017年07月08日 11:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと山頂、残雪が残る仙ノ倉山
1
仙ノ倉山までの登山路、歩きたいけど…
2017年07月08日 11:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山までの登山路、歩きたいけど…
1
山頂のしるし
2017年07月08日 11:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のしるし
地図は持ちましょね。
2017年07月08日 12:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図は持ちましょね。
かすんでますが山頂のしるし
2017年07月08日 12:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすんでますが山頂のしるし
これから下山です。
2017年07月08日 12:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下山です。
残雪たっぷり
2017年07月08日 12:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪たっぷり
こちらも階段ぢごく
2017年07月08日 12:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも階段ぢごく
見ているだけで涼しげな残雪
2017年07月08日 12:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ているだけで涼しげな残雪
わたすげさん
2017年07月08日 12:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わたすげさん
風でゆらぐわたすげさん
2017年07月08日 12:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風でゆらぐわたすげさん
山の家到着!
2017年07月08日 12:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の家到着!
山の家。湧き水豊富で冷たく美味い!
生き返りました。ありがとう。
2017年07月08日 12:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の家。湧き水豊富で冷たく美味い!
生き返りました。ありがとう。
1
あとはずっとだらだら下山路
最後は林道をながーくあるきます。
2017年07月08日 13:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはずっとだらだら下山路
最後は林道をながーくあるきます。
撮影機材:

感想/記録

梅雨の晴れ間に平標山へ
序盤は長い階段歩き、森林限界を超えると素晴らしい眺望の稜線歩き
途中の休憩ポイントが少ないので休憩は計画的に
山頂から仙ノ倉山までの道は素晴らしい眺め、ぜひ歩いてみたいです。

登山で出会った方が強く勧めていた山、それが平標山でした。
お花と稜線歩きが魅力的との事前情報だけでしたが登ってみました。

駐車場到着は7:40頃、すでに満車に近い状況でした。
そそくさと用意を整え、松手山経由のコースへ
最初から樹林帯の階段がずっと続きます。

あまり眺望もなく我慢の登りの後、鉄塔へ。
ここは鉄塔基礎に腰掛けられる数少ない休憩ポイントでした。
さらに歩を進めても、まだまだ続く階段
樹林帯で日光が遮られるのがまだ救いでしょうか。

やっと森林限界。平標山までが一望できる稜線歩きの始まり。
しかしその手前にそびえる急斜面、容赦なく照りつける太陽
ラスボスまでの果てしなき戦いは続く

ようやくたどり着いた一ノ肩
ここからは平行移動に近い形で山頂までたどり着けます。
意外とするっと山頂に到着。それなりの広さで休憩容易です。

圧巻なのは仙ノ倉山のながめ
どこまでも続くかのような天空を貫く仙ノ倉山の道。
こんな道をずっとあるきたいと思います。
だがしかし、我々に残された体力はごく僅か、
下山へ歩を進めます。

下りは楽な階段歩き
途中の木道部分ではわたすげの花が心を癒してくれます。

あっという間に山の家へ
ここでは冷たい湧き水が提供されており、
飲まない理由がありません。
ビールなども冷やされてます。美味まちがいないでしょう。

ここからは樹林帯の階段が延々と。
そしてその後の林道。これも消化試合のごとく延々歩きます。
川沿いの登山路に再合流して、やっと駐車場到着。
冷涼な山頂を忘れさせるような、夏の激しい日差しが強烈です。
また涼しい風を受けたいなぁ


訪問者数:371人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

森林限界 林道 木道 梅雨
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ