ヤマレコ

記録ID: 1191238 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

梅雨晴れの日光連山(女峰山〜小真名子〜大真名子〜男体山)

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴、男体山だけ曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
西参道入り口付近の駐車場に停めて、下山後バスで回収。バスの時間が合わないときは中善寺温泉まで1kmほど歩けば始発があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間9分
休憩
1時間19分
合計
9時間28分
S西参道第1駐車場03:5504:11行者堂05:08水場分岐05:1906:08遥拝石06:16標高1980m付近06:2507:01唐沢避難小屋07:24女峰山07:4107:51専女山07:59帝釈山08:25富士見峠08:38標高2170m付近08:4909:03小真名子山09:16鷹の巣09:45大真名子山09:49標高2340m付近09:5610:27志津乗越10:31志津避難小屋10:524合目10:5911:48男体山12:0513:18二荒山神社中宮祠13:23二荒山神社前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎水
水分2.9L(水2L、ソルティライチ500mL、ゼリー飲料200mL×2)持っていき、下山時の残りは水0.5L。

◎メモ
最高気温:今市31.8℃、奥日光25.1℃
登山口 10:29
一合目 10:35
二合目 10:41
三合目 10:46
四合目 10:52-10:59
五合目 11:09
六合目 11:14
七合目 11:21
八合目 11:30
九合目 11:40
男体山 11:48-12:05
九合目 12:13
八合目 12:19
七合目 12:31
六合目 12:41
五合目 12:47
四合目 12:53
三合目 13:04
二合目 13:10
一合目 13:15
登山口 13:18
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

西参道を進んでいくと誰もいない二荒山神社。ここは左奥へ。防犯ライトが光ってビックリした。
2017年07月09日 04:01撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西参道を進んでいくと誰もいない二荒山神社。ここは左奥へ。防犯ライトが光ってビックリした。
石畳から始まり、やがて笹道になります。気持ちよさそうな道?
2017年07月09日 05:03撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石畳から始まり、やがて笹道になります。気持ちよさそうな道?
まあ、実際は朝露で靴の中までビショビショに。雨具を着ようか迷ったけど結局着なかった。
2017年07月09日 05:06撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ、実際は朝露で靴の中までビショビショに。雨具を着ようか迷ったけど結局着なかった。
どこまでも続きそうな緩い斜面を登っていくと水場に到着。流れは細かく、水溜りに近い。
2017年07月09日 05:10撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまでも続きそうな緩い斜面を登っていくと水場に到着。流れは細かく、水溜りに近い。
八風。気持ちいい風が吹きそうなネーミング。今日は無風でした。
2017年07月09日 05:59撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風。気持ちいい風が吹きそうなネーミング。今日は無風でした。
1
遙拝石から雲竜渓谷。気温と湿気で景色は白かった。
2017年07月09日 06:08撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遙拝石から雲竜渓谷。気温と湿気で景色は白かった。
女峰山見えた!すぐそこだ。
2017年07月09日 06:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女峰山見えた!すぐそこだ。
男体山見えた!遥か彼方だ。
2017年07月09日 06:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山見えた!遥か彼方だ。
1
唐沢避難小屋。中はきれいでした。水場は未確認。
2017年07月09日 07:01撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢避難小屋。中はきれいでした。水場は未確認。
女峰山山頂を通り過ぎて東の三角点へ。以前、女峰山に登ったときは気づかずに通り過ぎていたので。山頂とはこんな位置関係。
2017年07月09日 07:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女峰山山頂を通り過ぎて東の三角点へ。以前、女峰山に登ったときは気づかずに通り過ぎていたので。山頂とはこんな位置関係。
山頂へ。誰もいませんがアブ類がたくさん飛んでいます。
2017年07月09日 07:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ。誰もいませんがアブ類がたくさん飛んでいます。
3
鬼のアップダウン。最悪、富士見峠、志津峠から林道経由でエスケープできるのでちょっと気が楽だ。
2017年07月09日 07:41撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼のアップダウン。最悪、富士見峠、志津峠から林道経由でエスケープできるのでちょっと気が楽だ。
1
イワカガミが各々の山頂付近で咲いていました。
2017年07月09日 07:43撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミが各々の山頂付近で咲いていました。
1
ダイコンソウ?
2017年07月09日 07:43撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイコンソウ?
1
地図には載っていない専女山。帝釈山との間の肩でした。奥は女峰山。
2017年07月09日 07:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図には載っていない専女山。帝釈山との間の肩でした。奥は女峰山。
あれま。1ヶ所だけ見かけた石楠花さん。
2017年07月09日 07:53撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれま。1ヶ所だけ見かけた石楠花さん。
1
小ピークの帝釈山。ここから道がやや荒れ出す。ピンクテープ類も少なく。
2017年07月09日 07:59撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークの帝釈山。ここから道がやや荒れ出す。ピンクテープ類も少なく。
2
富士見峠。テントが張れそうな広場で十字路となっていた。北に向かう道はどうなっているんだろう。
2017年07月09日 08:25撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠。テントが張れそうな広場で十字路となっていた。北に向かう道はどうなっているんだろう。
小真名子山への登り返し。なかなかの急登。一歩一歩進んでいきます。
2017年07月09日 08:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小真名子山への登り返し。なかなかの急登。一歩一歩進んでいきます。
1
上部は砂も出てきて滑る。
2017年07月09日 08:50撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は砂も出てきて滑る。
小真名子の山頂と名物の反射板。
2017年07月09日 09:03撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小真名子の山頂と名物の反射板。
1
「K」ではなく「C」になっている。なんでそうしたんだろう。
2017年07月09日 09:03撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「K」ではなく「C」になっている。なんでそうしたんだろう。
3
鷹の巣。こちらは「K」だ。富士見峠ほど広くはないがテント張れそう。
2017年07月09日 09:16撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹の巣。こちらは「K」だ。富士見峠ほど広くはないがテント張れそう。
道がもう一段階荒れて不安になる。とはいえ、迷うようなところもなかった。
2017年07月09日 09:20撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道がもう一段階荒れて不安になる。とはいえ、迷うようなところもなかった。
大真名子山。三角点は道から外れたところにありそうなのでパス。
2017年07月09日 09:45撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大真名子山。三角点は道から外れたところにありそうなのでパス。
2
男体山がどーんと。何これ、下って登り返すの?600ダウン&700アップ。
2017年07月09日 09:48撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山がどーんと。何これ、下って登り返すの?600ダウン&700アップ。
1
志津峠。昔みたいに車で入れるようにはならないのかな。
2017年07月09日 10:27撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志津峠。昔みたいに車で入れるようにはならないのかな。
男体山登山口。右の標には「二荒山神社志津宮」と書かれている。
2017年07月09日 10:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山登山口。右の標には「二荒山神社志津宮」と書かれている。
立派は志津避難小屋。こちらもきれい。水場は要煮沸とあったがそれでも飲む気にならないような見栄えだった。
2017年07月09日 10:31撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派は志津避難小屋。こちらもきれい。水場は要煮沸とあったがそれでも飲む気にならないような見栄えだった。
今年初めてのギンリョウソウ。不気味な白さが樹林の中で際立っていた。
2017年07月09日 10:36撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初めてのギンリョウソウ。不気味な白さが樹林の中で際立っていた。
2
大きくて鮮やかなキノコ。
2017年07月09日 10:38撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きくて鮮やかなキノコ。
二合目付近。堰堤際を歩くこんな場所もありました。
2017年07月09日 10:41撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二合目付近。堰堤際を歩くこんな場所もありました。
七合目付近。進む方角が南に変わった辺り。
2017年07月09日 11:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目付近。進む方角が南に変わった辺り。
少しずついろいろな場所で咲いています。
2017年07月09日 11:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずついろいろな場所で咲いています。
八合目付近。山頂の社が見えた。
2017年07月09日 11:33撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目付近。山頂の社が見えた。
あれ、九合目でもこんなに樹林あるの?
2017年07月09日 11:40撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、九合目でもこんなに樹林あるの?
上部はずっとこんな景色が続くと思っていた。
2017年07月09日 11:45撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部はずっとこんな景色が続くと思っていた。
道の真ん中に三角点。
2017年07月09日 11:48撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の真ん中に三角点。
曇ってきたので反射光は写せませんが、それでもきれいに輝いていました。
2017年07月09日 11:49撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇ってきたので反射光は写せませんが、それでもきれいに輝いていました。
1
さあ、あとは左手の湖の標高まで一気に下山。スタート〜男体山までと違ってこっちの道は人がとても多かった。
2017年07月09日 12:05撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、あとは左手の湖の標高まで一気に下山。スタート〜男体山までと違ってこっちの道は人がとても多かった。
下山完了。お疲れ様でした。
2017年07月09日 13:18撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山完了。お疲れ様でした。

感想/記録

ようやく行くことができた日光連山の縦走。

今回は歴代最高となる累計標高(登り)3000m。
とても暑く、お腹いっぱいのルートでした。

訪問者数:373人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ