ヤマレコ

記録ID: 1191891 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

那須岳 7歳長男と(朝日岳〜三本槍岳〜茶臼岳)

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深夜に峠の茶屋下の県営駐車場に到着。日曜日だからか数十台がすでに駐車されていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
1時間35分
合計
8時間10分
S登山指導所・登山ポスト06:0006:50峰の茶屋跡避難小屋06:5507:30朝日の肩07:3507:50朝日岳07:5508:00朝日の肩08:1008:40清水平08:5009:40三本槍岳09:5010:30清水平10:3511:15朝日の肩11:2011:50峰の茶屋跡避難小屋12:2013:00那須岳13:0513:35峰の茶屋跡避難小屋13:4014:05登山指導所・登山ポスト14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは県営駐車場からあがった指導所にある。
その他周辺情報子供が鹿の湯に行ってみたいと言うので入浴のみ。体洗いたかったが。。。
峠の茶屋でカキ氷。真夏日には最高。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コッヘル 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

写真では元気そうだが、撮影後はグッタリ顔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では元気そうだが、撮影後はグッタリ顔
6
登り始めますぞ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めますぞ
1
いつものママ手作りおにぎりで元気注入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものママ手作りおにぎりで元気注入
4
朝日の肩から朝日を浴びた朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の肩から朝日を浴びた朝日岳
3
まず第一峰目の朝日岳登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず第一峰目の朝日岳登頂
6
三本槍岳ゲット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本槍岳ゲット
3
木道が大好きな長男。歩きやすいからだそうだが。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が大好きな長男。歩きやすいからだそうだが。。。
1
むっちゃ疲れた顔。いつもの顔ですけどね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むっちゃ疲れた顔。いつもの顔ですけどね。
4
写真用の顔で茶臼岳ゲット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真用の顔で茶臼岳ゲット
3
噴火口をバックに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火口をバックに
2
峰の茶屋跡の直下で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡の直下で
2
下山後のカキ氷。これも写真用の顔ですね(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後のカキ氷。これも写真用の顔ですね(笑)
8
鹿の湯に寄りましたが、思っていたのと違うのでこの後ブルーに。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の湯に寄りましたが、思っていたのと違うのでこの後ブルーに。。。
3

感想/記録

長男との百名山19座目。

梅雨真っ最中にもかかわらず晴天が続いていて予定外の山行となった今回の那須岳。天候も平穏で予報は晴れ時々曇りで風も穏やか。
那須岳は強風のイメージがあるのでこの天候はチャンスと思い決行。ただ、前日は炎天下の中で少年野球の試合と練習で夕方は会社関係のイベントでクタクタ。

深夜に峠の茶屋下にある県営駐車場に到着するとすぐに眠ることができたが、あまりの疲れで朝日が昇るまで寝続けるという失態。
ボンヤリとした状態で自分の準備を整え、長男を起こすも全然起きてくれない。眠い眠いと言いながら気付いたら眠りの世界へ。。。
それでもなんとか5時半に出発できた。

駐車場でトイレを済ませ、準備運動をして出発。
登山届けを提出し、山の神の鳥居をくぐったところで長男が、ウ○チ出そう、と。。。
駐車場まで引き返し30分のロス。予定より1時間半遅れになった。

峰の茶屋跡まではゆっくりのんびり歩いていく。紅葉の時期はヒトヒトヒトの登山道もこの時期はガチな登山者ばかりで歩きやすい。
ただ、風がなく日差しが強く暑い!
汗が容赦なく噴き出しペットボトルの水分もどんどん消費されていく。いつもより1L多く持ってきたが足りるか少し不安。最悪ロープウェイでの下山もできるのが救い。

今日は、朝日岳、三本槍岳、茶臼岳の三峰を踏む計画で、まずは朝日岳に向かう。峰の茶屋跡からはペースアップ。鎖場が多く足元が狭くなっているところもあったが、長男はこういう道にもだいぶ慣れたようで平然と通過。
朝日の肩に登りきると日差しがきつそうだったので直前の日陰で休憩。

まぶしい朝日の中、朝日岳に登頂。
長男がママに会いたい病を発症し、電波が入る山頂で電話。電波状態が悪く途中で切れてしまったが元気は出てきたようだ。

次は三本槍岳へ向かう。ここからはアップダウンを繰り返していくのでだれないようにしないと。
30分に一回休憩する約束と景色がよければそこで小休憩を挟む約束をする。
10分おきくらいに、ここすごくいい景色だよ、と立ち止まる長男。。。悪知恵だけは成長を感じる(白目)。

清水平で長めの休憩を取っておにぎりで空腹を満たす。
三本槍岳は目の前にあるが、長男は槍って名前なのになだらかな山頂に納得いかない様子。何が三本なのかも納得いかない様子。名前の由来はなんだろう。

ここまで来ると登山者の数も少ないのか登山道が狭くなりすれ違いに気を使う。
程なく三本槍岳山頂へ。ニョキッと置かれている三角点にタッチ。
10時ともなると雲がどんどん上がってきて晴れたり曇ったり。山頂からの景色も楽しめたので行動食のみとって来た道を戻る。

登山者の数も増えてきて長男に声をかけてくれる。それだけで元気になる長男。あいさつの不思議も教えてやるとゴニョゴニョのあいさつもしっかり言えるようになってきた。
アップダウンが続き疲労が増してくるが順調に進んで峰の茶屋跡まで戻ってきた。ここで昼食。

あとひとつ。ガレた登山道ではあるが、そこは茶臼岳。登山者が多い山なので歩きにくいということはなく気付いたら山頂に到着。三角点と山頂の祠が少し離れているのが忘れずに記念撮影。
下から仰ぎ見たときは雲がかかっていたが、山頂に着くと晴れ渡ってきて景色を堪能。
長男は硫黄の臭いに、臭いくさい、とブツブツ。でも硫黄の温泉のは入ってみたいとのこと。

お鉢をぐるっと回って下山。
出発時点で疲労が残っていてなかなか厳しい山行ではあったが、数日間の縦走登山の予行練習にはなったかな。

山中ではソフトクリームを食べようと話していたが、峠の茶屋でカキ氷の看板で心変わり。ひとつずつカキ氷をいただきました。

帰りの温泉は長男のご所望どおり硫黄の温泉、鹿の湯へ。だが、洗い場もなく歴史のある浴槽にドン引きの長男。旅館やホテル等の温泉が良かったと。。。いい体験にはなったと思う。


長男の登山靴が12座目でつま先がほつれてしまった。今のモデルがいいと言うことなので同じものを購入することにしたが、月末のアルプス行きの前にどこかで慣らしておきたい。
どこに行こう。
訪問者数:352人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/18
投稿数: 64
2017/7/13 21:46
 はじめまして!
息子さん、頑張りましたね〜!
凄いなぁ。
ところで、あいさつの不思議って何ですか? 私も聞きたいです。
教えて下さーい(^-^)/
登録日: 2016/1/8
投稿数: 8
2017/8/9 9:37
 Re: はじめまして!
こんにちは、nyanko1201さん。
コメントありがとうございます。バタバタして失念していました。
ニコニコ大きい声であいさつされると、されたほうもするほうも気持ちよくなりますよね。
あまりあいさつしないヒトでもちょっと返してくれるようになったり。
逆にうつむいてたり小さい声のあいさつをすると自分も相手も気分がダウン。
あいさつひとつで自分も相手も気持ちを変えることができるのがあいさつの不思議と私は思っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ