また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1195541 全員に公開 ハイキング 近畿

古道芋峠道 吉野〜大和八木

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候はれ 時々 くもり

最寄のアメダス観測点当日の気温
■スタート地点『五條』
朝の最低気温  21.8℃ (06:04)
日中最高気温  33.5℃ (14:09)
■ゴール地点『奈良』
朝の最低気温  24.8℃ (05:44)
日中最高気温  34.6℃ (14:02)
アクセス
利用交通機関
電車
近鉄吉野駅スタート、近鉄大和八木駅ゴール。

■近鉄吉野線『吉野』駅
http://www.kintetsu.co.jp/station/station_info/station08020.html
※駅改札外にトイレ有。
※駅前に土産物屋、自動販売機等有。
■近鉄橿原線・大阪線『大和八木』駅
http://www.kintetsu.co.jp/station/station_info/station02030.html
※駅前に商店多数有。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:21
距離
22.9 km
登り
563 m
下り
691 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
0分
合計
5時間18分
S近鉄吉野駅09:0110:13観音堂10:53芋峠11:21行者・芋峠古道14:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
以下のHP、コース情報、マップを参考に歩きました。
「歩く・なら」http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/
◆持統天皇行幸の道
http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/dd.aspx?menuid=1223

芋峠へと続く山中には道標が整備されていました。飛鳥村の村落内は道標や案内図、自動販売機も見掛ける散策に適したエリアです。峠道以外は全て舗装路(一部サイクリング道)を歩いています。

■吉野駅〜芋峠道
なるべく古そうな道筋を選びましたが、特に指定されたコースでもなく道標等は見掛けませんでした。全て舗装路の街中歩きですが、所々古い街並みが残っています。
吉野川沿いでコンビニを見掛けましたが、他は自動販売機が散見された程度でした。

■古道芋峠道エリア 観音堂〜栢森地区
芋峠へは奈良県道15号線として舗装整備された峠道がありますが、古道を案内する道標に従って歩きました。吉野側は古道区間もしばらく舗装路が続く旧道のイメージですが、実態は林道。峠に近付く舗装が途切れ完全な山道となります。
飛鳥側は大半が山道ですが、踏み跡も明瞭です。要所に道標が設置されており特に危険な区間もなく歩き易い山道です。

■栢森地区〜大和八木駅
栢森地区よりしばらくは交通量の少ない車道。石舞台エリア以降は遊歩道や自転車道に沿って歩いています。駅付近はに交通量の多い幹線道路となりますが、その他は特に危険と感じる所はありませんでした。
全て舗装路ですが、遊歩道やサイクリング道も含まれます。歩くには支障はありませんが、サイクリング道としては路面状態がイマイチな区間も散見されました。
大半が街路ですが、駅付近までコンビニ等の商店はほとんど見掛けませんでした。


主な過去の記録】
■ダイヤモンドトレイル〜二上山 2016年12月29日(木)https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1034340.html
■飛鳥周遊 高松塚〜石舞台 2016年07月05日(火)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-911058.html
■橿原神宮〜大和三山 2015年12月19日(土)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-780910.html
■大峯奥駈道 吉野〜弥山 2015年09月18日(金) 〜 2015年09月19日(土)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-718976.html
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図

写真

2度目の吉野駅。
終着駅っぽい雰囲気がgood!
2017年07月15日 08:53撮影 by iPhone 6Apple
2度目の吉野駅。
終着駅っぽい雰囲気がgood!
6
既に開店している土産物店に立ち寄らず、
吉野山と逆方向目指して出発☆
2017年07月15日 08:59撮影 by iPhone 6Apple
既に開店している土産物店に立ち寄らず、
吉野山と逆方向目指して出発☆
4
旧道っぽい雰囲気?
2017年07月15日 09:16撮影 by iPhone 6Apple
旧道っぽい雰囲気?
3
吉野小学校の芝生のグランド!
2017年07月15日 09:26撮影 by iPhone 6Apple
吉野小学校の芝生のグランド!
2
吉野川下流を望む。
2017年07月15日 09:27撮影 by iPhone 6Apple
吉野川下流を望む。
4
吉野川上流を望む。
2017年07月15日 09:27撮影 by iPhone 6Apple
吉野川上流を望む。
4
旧道っぽい雰囲気
2017年07月15日 09:36撮影 by iPhone 6Apple
旧道っぽい雰囲気
4
この先、芋峠方面。
2017年07月15日 09:42撮影 by iPhone 6Apple
この先、芋峠方面。
2
古い看板。
2017年07月15日 09:45撮影 by iPhone 6Apple
古い看板。
4
明日香方面へ。
2017年07月15日 09:57撮影 by iPhone 6Apple
明日香方面へ。
2
距離感は…こんな感じ。
2017年07月15日 10:06撮影 by iPhone 6Apple
距離感は…こんな感じ。
3
遠くに吉野の山を望む。
2017年07月15日 10:09撮影 by iPhone 6Apple
遠くに吉野の山を望む。
5
古道芋峠入口。
左方向へ。
2017年07月15日 10:15撮影 by iPhone 6Apple
古道芋峠入口。
左方向へ。
2
序盤は旧道の雰囲気。
看板に平成12年、結構新しい?
2017年07月15日 10:18撮影 by iPhone 6Apple
序盤は旧道の雰囲気。
看板に平成12年、結構新しい?
3
舗装路が続く。
2017年07月15日 10:31撮影 by iPhone 6Apple
舗装路が続く。
2
作業道の入口に地蔵。
2017年07月15日 10:32撮影 by iPhone 6Apple
作業道の入口に地蔵。
5
舗装されているものの、滅多に車は通ってない様子。
2017年07月15日 10:35撮影 by iPhone 6Apple
舗装されているものの、滅多に車は通ってない様子。
4
やがて山道へ。
2017年07月15日 10:38撮影 by iPhone 6Apple
やがて山道へ。
2
一部階段区間有。
2017年07月15日 10:47撮影 by iPhone 6Apple
一部階段区間有。
3
舗装路に合流。
2017年07月15日 10:48撮影 by iPhone 6Apple
舗装路に合流。
3
ほどなく芋峠。
2017年07月15日 10:52撮影 by iPhone 6Apple
ほどなく芋峠。
3
説明文。
2017年07月15日 10:54撮影 by iPhone 6Apple
説明文。
3
再び山道へ。
頂上に釣られて登るが…
2017年07月15日 10:56撮影 by iPhone 6Apple
再び山道へ。
頂上に釣られて登るが…
4
眺望ナシ。
2017年07月15日 11:00撮影 by iPhone 6Apple
眺望ナシ。
3
引き返して明日香を目指す。
2017年07月15日 11:12撮影 by iPhone 6Apple
引き返して明日香を目指す。
2
奥駈道を思い出すような雰囲気。
2017年07月15日 11:15撮影 by iPhone 6Apple
奥駈道を思い出すような雰囲気。
3
茶屋の跡。
2017年07月15日 11:16撮影 by iPhone 6Apple
茶屋の跡。
3
一旦舗装路へ。
2017年07月15日 11:21撮影 by iPhone 6Apple
一旦舗装路へ。
2
行者像。
2017年07月15日 11:22撮影 by iPhone 6Apple
行者像。
6
説明文。
2017年07月15日 11:23撮影 by iPhone 6Apple
説明文。
3
明日香小峠?
2017年07月15日 11:30撮影 by iPhone 6Apple
明日香小峠?
2
歩きやすい山道が続く。
2017年07月15日 11:40撮影 by iPhone 6Apple
歩きやすい山道が続く。
2
古道の出口、歓迎の横断幕( ゜Д゜)
2017年07月15日 11:44撮影 by iPhone 6Apple
古道の出口、歓迎の横断幕( ゜Д゜)
3
古道は昭和20年頃まで、生活道だったそうです。
2017年07月15日 11:44撮影 by iPhone 6Apple
古道は昭和20年頃まで、生活道だったそうです。
3
随分前から保護されてます^^
2017年07月15日 11:52撮影 by iPhone 6Apple
随分前から保護されてます^^
3
梅雨と夏の境目の山里。
2017年07月15日 11:56撮影 by iPhone 6Apple
梅雨と夏の境目の山里。
7
古い看板
2017年07月15日 11:59撮影 by iPhone 6Apple
古い看板
5
黄金バット・バージョン!
2017年07月15日 11:59撮影 by iPhone 6Apple
黄金バット・バージョン!
7
旧家?
2017年07月15日 12:01撮影 by iPhone 6Apple
旧家?
4
このあたりの案内図。
2017年07月15日 12:05撮影 by iPhone 6Apple
このあたりの案内図。
2
栢森地区の綱掛神事だそうです。
2017年07月15日 12:10撮影 by iPhone 6Apple
栢森地区の綱掛神事だそうです。
4
飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社の見上げるような石段。
2017年07月15日 12:20撮影 by iPhone 6Apple
飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社の見上げるような石段。
3
明日香村マンホール。
2017年07月15日 12:35撮影 by iPhone 6Apple
明日香村マンホール。
5
栢森地区の綱掛神事供
2017年07月15日 12:37撮影 by iPhone 6Apple
栢森地区の綱掛神事供
4
ともかく…
日影がないと暑い。。
2017年07月15日 12:40撮影 by iPhone 6Apple
ともかく…
日影がないと暑い。。
5
周辺案内図。
2017年07月15日 12:49撮影 by iPhone 6Apple
周辺案内図。
2
昨年歩いた木陰へ。
2017年07月15日 12:56撮影 by iPhone 6Apple
昨年歩いた木陰へ。
2
吉野川分水。
2017年07月15日 13:08撮影 by iPhone 6Apple
吉野川分水。
3
サイクリング道の道標。
2017年07月15日 13:16撮影 by iPhone 6Apple
サイクリング道の道標。
2
聖徳太子云々…
2017年07月15日 13:22撮影 by iPhone 6Apple
聖徳太子云々…
3
サイクリング道を歩き続けます。
2017年07月15日 13:25撮影 by iPhone 6Apple
サイクリング道を歩き続けます。
2
所々に歌碑。
…今日はジョギングシューズにて。
山道で汚れました。。
2017年07月15日 13:26撮影 by iPhone 6Apple
所々に歌碑。
…今日はジョギングシューズにて。
山道で汚れました。。
2
平城宮は遠い。。
2017年07月15日 13:46撮影 by iPhone 6Apple
平城宮は遠い。。
2
左が畝傍山、薄らと奥中央に葛城山、そして左が金剛山。
2017年07月15日 13:51撮影 by iPhone 6Apple
左が畝傍山、薄らと奥中央に葛城山、そして左が金剛山。
3
街中。。渋滞気味。。。
2017年07月15日 14:14撮影 by iPhone 6Apple
街中。。渋滞気味。。。
2
八木駅到着〜
2017年07月15日 14:21撮影 by iPhone 6Apple
八木駅到着〜
3
2度目のうどん屋へ。。
2017年07月15日 14:45撮影 by iPhone 6Apple
2度目のうどん屋へ。。
2
とり天うどん大…『大』が余計でした><
2017年07月15日 14:34撮影 by iPhone 6Apple
とり天うどん大…『大』が余計でした><
6
撮影機材:

感想/記録

午前中は日陰を選んで歩いたものの、それ程暑さも感じませんでしたが、午後からは炎天下の飛鳥路歩きとなりました。選択した飛鳥川沿いのサイクリング道は、歩き易いものの日陰も少なく、誰一人散策している方とは出会いませんでした。

対照的に古道芋峠道区間は大半が針葉樹の森の中となっており、急登区間以外は汗もかかずに涼しさを感じる程快適な山歩きが楽しめました。こちらも車道横断ヵ所にて車を見掛けた程度、山中では誰一人にも出会う事がありませんでした。

人とは出会いませんでしたが、山中では幾つかの解説看板が目に留まりました。持統天皇がこの古道を度々吉野に行幸した云々、1000年以上前の出来事も興味深いものですが、気になったのは近世の出来事。大峯奥駈道やダイトレなど、奈良の山道は針葉樹の森とのイメージがありますが、昭和、主に戦後に積極的に行われた行われ植林によるもの、それまでは北摂で馴染み深い里山の風景が広がっていたそうです。
確かに、春日大社の森のような大木を見掛けない、同じようなサイズの気が揃ったある意味単調な世界な訳ですが、年期は違えど、いずれも人の手によって作られた森に違いはありません。里山もまた、人が利用する為に手を加え続けた森の形態。
大峯奥駈道の深部には人の手が加わらない原生林が広がるものの、それとて人の手により保護されたものと考えれば、人と森がともに歩んだ年月の長さ、感慨深いものです。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2055人

コメント

こら!
遠出しすぎ!!
2017/7/18 18:20
あと
樫原線×
太和八木×
どうやって間違えられたのだ??
2017/7/18 18:20
Re: あと
取り急ぎ、修正しました
ご指摘ありがとうございます
2017/7/19 3:28
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 地蔵 ハイキング 三山
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ