ヤマレコ

記録ID: 1195871 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根)

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅から3時間半
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・危険そうなところには、鎖や梯子があり慎重に進めば問題なし。
・垂直に見える梯子や一枚岩を登り降りするのは、最初ビビリますが、何箇所もあるので慣れてきます。また岩場には明確な足置き場があり焦らなければ危険ないです。
・七丈小屋のテント場は行きはまだテント張ってませんでしたが、帰りにはほとんどテントで埋まってました。小屋の方の話では三連休だからか、いつもより多いと話してました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

神社で安全登山祈ってスタート
2017年07月15日 06:02撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社で安全登山祈ってスタート
1
最初は緩やかな斜面をくねくね歩きます。
帰りは、疲れ果てていて、この長いくねくね緩斜面が苦痛で仕方ありませんでした。
2017年07月15日 06:21撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は緩やかな斜面をくねくね歩きます。
帰りは、疲れ果てていて、この長いくねくね緩斜面が苦痛で仕方ありませんでした。
涼しく気持ちいい
2017年07月15日 07:24撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼しく気持ちいい
1
雲が多く展望がありません。
2017年07月15日 08:30撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が多く展望がありません。
階段状の梯子が出てきました。この後も何カ所もあり、ほぼ垂直な壁に立てかけられているような箇所もありました。
2017年07月15日 09:18撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段状の梯子が出てきました。この後も何カ所もあり、ほぼ垂直な壁に立てかけられているような箇所もありました。
七丈小屋のテント場付近のハクサンシャクナゲ
2017年07月15日 10:30撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋のテント場付近のハクサンシャクナゲ
八合目の石碑の向こうに甲斐駒ケ岳が。近くに見えるけど山頂まで40〜50分くらいかかります。
2017年07月15日 11:10撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目の石碑の向こうに甲斐駒ケ岳が。近くに見えるけど山頂まで40〜50分くらいかかります。
1
日に当たって元気に咲いてます。
2017年07月15日 11:28撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日に当たって元気に咲いてます。
1
ここまでの疲れなのか、標高高いからなのか、軽い岩場登るのも息切れします。
2017年07月15日 11:50撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでの疲れなのか、標高高いからなのか、軽い岩場登るのも息切れします。
1
山頂に人が見える、早く着きたい〜
2017年07月15日 11:55撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に人が見える、早く着きたい〜
1
山頂到着。長かったぁ〜。北岳が見えるけど富士山は雲に隠れて見えません。
2017年07月15日 12:02撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。長かったぁ〜。北岳が見えるけど富士山は雲に隠れて見えません。
2
山頂標撮影しました。多くの登山客で賑わってます。
2017年07月15日 12:08撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標撮影しました。多くの登山客で賑わってます。
2
鋸岳方面のコースに少し行ってみると、ハクサンイチゲ咲いてました。
2017年07月15日 12:42撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳方面のコースに少し行ってみると、ハクサンイチゲ咲いてました。
下山します。
2017年07月15日 12:49撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山します。
1
山頂を振り返ります。
2017年07月15日 12:52撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を振り返ります。
1

感想/記録

前々日までは黒戸尾根ー八丁尾根の周回をテントでのんびり2泊登山しようと思っていたけれど、天気があまり良くなさそうなので、前日に軽い気持ちで黒戸尾根日帰りに変更です。

始まりは緩やかな登山道を登ります。刀利天狗を過ぎて少しすると、梯子や鎖のある岩登りの連続でアスレチック要素満載です。かなり楽しめますが七丈小屋に着く頃には少しバテてきます。七丈小屋で小休止してると、隣でガリガリ君を美味しそうに食べてる方がいました。300円もするしまだ食べたいとは思わず先に進みます。まだまだ本格的なアスレチックが続き、標高が高いからなのか、少し進むと息切れするので休み休み進みます。山頂が見えてあと少しかと思うけれど中々到着しない。。。この尾根長いな〜軽い気持ちで日帰りに選ぶ尾根ではなかったと思いました。

山頂到着すると北岳方面は見晴らし良く少しの時間堪能して下山です。かなり疲労溜まってきたところで七丈小屋に到着。気付いたらガリガリ君を購入してました(^ ^)ガリガリ君のおかげで疲れがかなり癒され、下山する気力が湧いてきます。アスレチック地帯を難なく終えて緩い登山道に。このダラダラと長い登山道が本当にかなり苦痛でした。あと3kmくらいの地点で3ℓ持ってきた飲み物は飲み干してしまい、非常食の尾西のご飯を作るための魔法瓶のお湯が残ってるだけです。途中そのお湯も飲みながら漸く駐車場に着きました。

日本三大急登の黒戸尾根は日帰りするには大変長くてキツイ尾根でした。登山道ですれ違った登山者はトレランの方か泊まり装備の方が殆どだった様な気がします。普通の体力の方は一泊した方がいいですね。
訪問者数:221人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ