また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1198750 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

棒杭周回/倉沢〜長尾谷〜棒杭尾根

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー
天候晴れ・曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間20分
休憩
12分
合計
3時間32分
S倉沢BS11:1811:45倉沢のひのき11:5012:08倉沢BS12:1013:00魚留橋13:0514:50ゴール地点
2日目
山行
4時間0分
休憩
35分
合計
4時間35分
ゴール地点08:1008:35左又窪出合08:4510:30棒杭の頭10:5011:55棒杭尾根下山口12:0012:45倉沢BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・倉沢林道は魚留橋以降、土砂崩れ・崩落個所散在
・「奥多摩分区11/10」まで踏み跡明瞭
・「11/10」からゴルジュ状の遡行
・左又窪右岸尾根は踏み跡なく、急登
・棒杭尾根は破線ルートだが歩きやすい
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 お助けスリング3本(長さ3種)

写真

奥多摩駅でバス待ちの間に景気づけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅でバス待ちの間に景気づけ
倉沢バス停、夏空ですねぇ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉沢バス停、夏空ですねぇ〜
1
土砂崩れ帯の無名滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂崩れ帯の無名滝
2
地蔵橋の先は両岸に豪壮な岩が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵橋の先は両岸に豪壮な岩が続く
右へ(左は棒杭尾根入口)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ(左は棒杭尾根入口)
1
青看板を目印に草をかき分ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青看板を目印に草をかき分ける
1
土砂崩れ帯を直進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂崩れ帯を直進
1
うっかり木段を下りシオジ窪へ向かってしまう(シオジ窪から鳥屋戸尾根へ向かうルート)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっかり木段を下りシオジ窪へ向かってしまう(シオジ窪から鳥屋戸尾根へ向かうルート)
1
木段に戻って、ルートをとり直し、左岸へ渡り支沢へ進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段に戻って、ルートをとり直し、左岸へ渡り支沢へ進む
1
支沢を数十m進んで左に取りつく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支沢を数十m進んで左に取りつく
1
この木橋は渡れない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木橋は渡れない
1
木橋を渡らず直進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋を渡らず直進
1
木橋すぐ先のザラ瀬を渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋すぐ先のザラ瀬を渡る
1
岩を高巻いて沢身に降りる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を高巻いて沢身に降りる
1
インテグラルデザイン シルタープ1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インテグラルデザイン シルタープ1
1
夕食後のスイーツ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食後のスイーツ
1
ゴルジュ状の沢身を進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ状の沢身を進む
1
秘滝(右岸を高巻く)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秘滝(右岸を高巻く)
2
左又窪尾根に取りつく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左又窪尾根に取りつく
1
棒杭の頭はこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒杭の頭はこんな感じ
1
縦走路を背にして棒杭尾根を下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を背にして棒杭尾根を下る
歩きやすい快適な道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい快適な道
手前は横篶尾根、奥は鷹の巣山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は横篶尾根、奥は鷹の巣山
1
算を乱して集まっている倒木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
算を乱して集まっている倒木
あー、楽しそう(奥多摩Grandexのキャニオニング)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー、楽しそう(奥多摩Grandexのキャニオニング)
1
日原街道は大渋滞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原街道は大渋滞
んんんっ、はぁ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んんんっ、はぁ〜
1

感想/記録

【7/15】
 この3連休は当然どこも混雑するはずなので、各種条件を勘案し、本ルートに決めた。東日原行きのバスには30分以上時間があったので、奥多摩駅2Fで景気づけをする。増便があったが、この時間ではハイカーは少なく、観光客の方が多い。倉沢BSから都内最大のヒノキに会いに行く。齢を重ねた樹体に手や耳をあて霊気をいただく。倉沢BSに戻って倉沢沿いの涼やかな林道を進む。魚留橋以降、土砂崩れや崩落で林道は寸断されている。林道終点先で木段を下りて、踏み跡をたどると、ジグザグに作業道が続いている。ん、なんか変だ、左岸からどんどん離れて尾根に向かっている。どうもシオジ窪に入ってしまったようだ。さっきの木段で間違えたらしい。戻って、左上に続く作業道を進み、苔むした木橋に出る。橋桁は鉄骨のようだが、橋板が朽ちているので渡れない。橋の先を見るとザラ瀬があるのでそこを渡る。この先作業道を辿り、高巻いて沢身に降りるとタイムアウトとなった。
【7/16】
 適当に起きたら5:30、20℃、上空に青空は見えない。朝食を摂っていると朝日が当たってきた。この先はゴルジュ帯なのでスリングを2本出しておく。左右にへつったり高巻いたりしながら進む。左又窪に取りつくとなかなかの急登で大汗をかかされる。棒杭の頭まで意外に時間を喰ってしまったが、下りはしっかりした登山道である。快調に棒杭尾根を下り、倉沢BSに近づくと、奥多摩Grandexのキャニオニングの歓声が聞こえてくる。楽しそうなので機会を見て参加しよう。バス停に着くとまだ30分以上時間があるので、残ったボウモアを飲みながら「murren」を読む。バスの時刻が近づくと乗客が三々五々現れるが、定刻を過ぎても一向にバスは来ない。30分近くも遅れてきたバスは満員なので後の増便に乗れと言う。さらに15分位後に来た増便も満車であったが何とかねじ込んでもらえた。登山者は少なく観光客がほとんどであった(乗客の会話では日原がTVで紹介されたためらしい)。この後も渋滞続きで、なんと倉沢から奥多摩まで定刻より1時間半近く遅れて奥多摩駅に到着した。これほどの混雑は今までなかったが、いつものように奥多摩駅近くの温泉で汗を流し、喉を潤してから帰路に着いた。
訪問者数:113人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ